御礼!

テーマ:
たいへんご無沙汰でございます。

諸般の事情により更新がかな~り滞っておりましたが、記事のアップをこれにて終了させて頂く事となりました。 つまり最後のご挨拶となります。

アメブロを初めて数年・・・。 
いろいろな思い出もございますが、これからも皆様にとって素敵な事がたくさんあります様にお祈りしつつ、更新を終了させて頂きます。

今まで大変ありがとうございました。
AD

Bob Bogle Tribute  - The Ventures -

テーマ:
ボブ・ボーグル(Bob Bogle)は、あのザ・ベンチャーズ結成時のオリジナルメンバーで、1934年生まれだから75歳になる。ベースマンとしてのイメージが強いが、結成当初はリードギターを担当していた。当時建設会社で働いていたドン・ウイルソンと出会い、音楽の話で意気投合したて2人はギターを演奏するようになり、1959年ベンチャーズは結成される。 以降ドラマーとベースにあの名手ノーキー・エドワーズを迎え、4人のバンドがスタートするが後にノーキー・エドワーズがリードギターに、ボブがベースに交代。その後はもっぱらベース担当で、バンドの役回りからみるとスターの座を譲った形になるが、ボブ本人はベースという楽器・プレイをとても楽しんでいたらしい。

そのボブが今年2009年6月14日、非ホジキンリンパ腫のため死去した。 病気療養のためLIVE活動から遠ざかっていたことは知っていたが、この訃報には驚いた。 実は10年余りの長きに渡って闘病していたそうでとてもショックだ。

とは言っても私はバリバリのベンチャーズの世代とは違う。 私がエレキギターにかぶれ始めた頃はレッド・ツェッペリンジミー・ペイジや、ディープ・パープルリッチー・ブラックモアジェフ・ベックあたりがギター・ヒーローの時代。テケテケなどではなく、キュイーンと弾く時代。 ベンチャーズはすでに懐メロの感があった。その当時のおじさん達がすでに青春の思い出で語っていたのがベンチャーズのギターサウンドだった。
そんな中、何故だかベンチャーズが好きでベンチャーズだけが弾けてまたそれが上手かった友人に誘われてテケテケを弾いていたのは懐かしい思い出である。 もちろん当時もちゃんとベンチャーズは夏にやって来ていた。
そんなベンチャーズのオリジナルメンバーであるボブ・ボーグルの訃報は本当に残念である。

貴重なボブ・ボーグルのリードギター。彼の特徴であるアームに常に指をかけたなんとも柔らかいエレキ・サウンドをどーぞ。
Bob Bogle Medley 1997


ザ・ベンチャーズ (The Ventures) が日本の否全世界のギタリストに与えた影響はいうまでも無いが、今も来日公演を重ね多くのファンを楽しませ続けているのがすごい事だ。 あの渡辺香津美だってチャーだって、ベンチャーズのギターは原点でありアイドルなのだ。

ザ・ベンチャーズは2008年にロックの殿堂入りを果たした。 結成50年を控えての栄冠である。エアロスミスのメンバーやあのジミー・ペイジも賛辞を贈る殿堂入り。
因みに、2008年の他の受賞者はレナード・コーエン、マドンナ、ジョン・メレンキャンプなど。 そして 2009年の受賞者はジェフ・ベック、メタリカ、Run-D.M.C.、ボビー・ウーマック らそうそうたるメンバー。

これからもますます来日を重ねて活躍してほしい、栄光のエレキ・サウンドなのだ。
そしてボブのご冥福を心からお祈りしたい。
AD
スムース・ジャズのジャンルではやはり、ギター・ピアノ、そしてメローなSAXあたりが花形楽器かもしれないがベース弾きさんにもちゃんとスターはいる。
ウェイマン・ティスデイル(Wayman Tisdale)。身長は2mを超え体重も100㎏超というビッグ・ベースマン。 それもそのはず大学時代にバスケットボールの全米代表(オールアメリカン)に選出され、1984年のロサンゼルス・オリンピックではドリームチームで金メダルを獲得という異色の経歴の持つベーシスト。

その後NBAでも86年から97年まで活躍し、95年の初アルバム『POWER FOWARD』にはマーカス・ミラーやケニー・ギャレットらが参加している。その後も数枚のアルバムをコンスタントに発表し、スムース・ジャズ・シーンを代表するベーシストとしてその地位を築いてきていた。
Wayman Tisdale "Way Up" EPK


スタイルはマーカス・ミラーのスラップとスタンリー・クラークのメロディアスなSOLOをブレンドした感じかな。
ファンキーなナンバーはもちろんベースでのメロディーライン・ソロも美しく、特にSAXとの相性が好かった。 まさにスムースの王道的な心地よいサウンド。

こちらファンキーなKOOL AND THE GANGのナンバー。
Wayman Tisdale ~ Get Down On It HQ AUDIO (R.I.P)


そんなウェイマン・ティスデイル(Wayman Tisdale)、昨2008年秋には人気ジャズSAX奏者デイヴ・コーズの来日公演への出演が決定していたがそれは叶わなかった。 否、残念ながら決して実現することは無くなった。 2007年に骨のガンと診断され、その後、なんと右脚を切断。 2年に及ぶガン闘病の末、残念ながら今年の5月15日に帰らぬ人となってしまった。 享年44歳。
3枚くらいはCDをもっていただろうか、気持ちいいベースサウンドが好きだっただけに残念だ。

バンドでのLIVE。やはりSAXとの相性が好い。 この手のサウンドがお好きな方は是非。。
Wayman Tisdale - Let's Do It Again


心よりご冥福をお祈りします。
(この記事は5月当時書きかけだったものを再構成・アップしました。)
AD