ラスベガス旅行ブログ「ラスベガスな毎日」

毎日ラスベガスのことを考えています。
ラスベガスの旅行記や雑記などを綴ります。


テーマ:

アメリカ・ラスベガス旅行記
2016年12月23日(金)

(霧の中のドライブふたたび、バーストゥのアウトレット「Outlets at Barstow」、
 ペギースー・ダイナー(Pegey Sue's Diner)で昼食)

ヴィクタービルのカリフォルニア・ルート66ミュージアムでの約1時間、
グッズ類の買い物と展示物の見学を楽しみ、出発します。
建物を出ると、それはもう気持ちの良い快晴です。
「この勢いで次はバーストゥに向かおう!」
と車に乗り、15号線に戻って進みはじめますが、
ほんの2~3分ほど走ったところで、またどんどん深い霧に包まれていきます。
空模様の極端な変わりっぷりに、なんだか笑えてきます。

ふたたび霧の中での運転になりましたが、
息子は「すごい、すごい真っ白だ!」と言って喜んでいます。
運転手(僕)はけっこう必死ですが、息子はこの状況を楽しんでいるようです。
昨年夏(2015年7月)のドライブで、
「やっと大雨から抜け出した・・・」と一息ついた思い出のアウトレットに近づいてきたところで、
ようやく霧が解消されました。
今回も休憩を兼ねて、このアウトレットに寄ります。

前回来た時には「TANGER OUTLET」という名称でしたが、
おそらく経営主体が変わったのでしょう、
今回は「OUTLETS AT BARSTOW」という名前になっています。

妻は息子を連れて買い物へ、僕は、このアウトレットの一角にある
「カリフォルニア・ウェルカムセンター」で各地の観光資料を物色します。
それほど広くない観光案内所ですが扱っている資料類は豊富で、
印刷物マニアの僕にとっては時間が経つのも忘れるほど楽しい空間です。
そんな時に、携帯電話の着信音。妻からです。
「このお店!全品75%オフになってるよ!」と興奮状態です。
それはすごいね~と答えつつも、僕は資料収集をゆっくり楽しみたい気分です。
しかし、「絶対に早く見に来て色々買った方がいい!!」と強く勧めるので、
早めに切り上げて僕もそのお店に合流することに。
店内はたしかにすごい状態になっていて、棚の上はごちゃごちゃ、衣類は床にも散乱して、
マネキンは裸になっているし、お店の中にハリケーンが来たんじゃないかと思うほどです。
そのような中ですが、いくつか長袖シャツやTシャツなどを選びます。
レジには10人弱ぐらいが並んでいますが、順番は意外に早く回ってきました。
たしかに全て75%オフで、つまり値札の4分の1になるため、
びっくりするほど安い金額で大きな袋が一杯になるほどの買い物ができました。

おとなしく買い物に付き合ってくれていた息子が珍しく
「すこしおなかすいたな~」と言うので、
「何が食べたい?」と聞くと、「スープ」と答えます。
アウトレットの周辺にはファストフード店が点在していて、
スープ類はどこにあるだろうと考えますが、なかなか思い当たらず、
ひとまず、近くのパンダエクスプレスに入ります。
ところが、時刻は12時過ぎ。
ドアを開けた途端すごい圧迫感で、なんとドアの寸前まで注文待ちの列がざっと50人ほど。
店内は息苦しくなるほどのものすごい混雑で、早々に諦め、
息子に「もう少しだけ我慢できる?」と聞くと、「じゃあ、お菓子食べる」と言って、
車に戻り、飛行機でもらったスナック菓子などを食べます。

お菓子で空腹を少しまぎらせてくれたので、予定通り、
バーストゥの「マザーロード・ミュージアム」へと向かいます。
高速に乗って少しだけ進んですぐに一般道に降り、
橋を渡り、バーストゥ駅の前にあるミュージアムへ。
3年前に訪問して「また行きたいな」と思っての再訪ですが、
なんと残念なことに、ドアに張り紙がしてあって「今日はお休み」とのこと。
(事前にホームページで確認して、金・土・日は営業となっていたため行きましたが、
運悪くこの日は臨時でお休みだったようです)

「よし、気を取り直して、ご飯を食べに行こう!」と、
15号線を少しラスベガス方面に進み、「イエルモ(Yermo)」で降ります。
ここも3年前に訪れて「また行きたいな」と思っていた、
「ペギースー・ダイナー(Peggey Sue's 50's Diner)」です。
LAからラスベガス方面に15号線を走っていると、
右側にぽつんと立っている黒い看板が目印です。
建物の外観も良い感じですが、店内は往年のハリウッドスターのポスターや衣装などが
所々に展示されている楽しげな雰囲気が気に入り、ぜひ再訪したいと思っていました。
ここはサイドメニューでスープを選ぶことができたなと思いつつ、
お店に入ると、さすがにお昼の時間帯、ものすごく混んでいて、
「こんな奥にも席があったんだ!」という所まで案内されます。

なかなか注文を聞きに来てくれないので忘れられているのではと心配になりますが、
テーブルに置かれている木製のおもちゃで遊んで待ちます。
席についてから10分後ぐらいにようやく店員さんが注文を聞きに来てくれて、
妻はフィリーチーズステーキサンドを、僕は50'sバーガーを注文して、
息子にはそれらをシェアすることにします。
それぞれサイドメニューの中から2つずつ選ぶことができます。
「今日のスープはなに?」と聞いてみたら、「クラムチャウダー」とのこと。
息子はクラムチャウダーが大好きなのでちょうど良かったです。
サイドメニューはクラムチャウダー×2と、サラダとフレンチフライにします。
注文してからは驚異的に早くて、スープ2つとサラダは注文後すぐに、
料理も5分ほどで運ばれてきました。混雑しているのにすごいなと感心します。
それぞれ分け合いながら食べますがどれも美味しいです。
息子はクラムチャウダーを1カップ食べて、ポテトを少し、
サンドイッチとハンバーガーもそれぞれ一口ぐらいずつ食べますが、
「もうおなかいっぱい」と言って早々にごちそうさま。
食欲が落ちていることが少し心配です。
僕と妻はしっかりと食べることができました。

「ペギースー・ダイナー」は、グッズショップが併設されていて、
ルート66関連のグッズや、ラスベガスのお土産類、キャラクターグッズ、
Tシャツや帽子、キッチン用品なども所狭しと並べられています。
建物の裏側はちょっとした池や彫刻がある庭園になっていて、
妻と息子がグッズショップと庭園を見ている間、僕は近くのガソリンスタンドに行くことにします。
1ガロン2.75ドルで5ガロン弱、約13ドル分入りました。
戻って庭園を見学中の妻と息子に合流すると、
カモのような鳥が池の上を滑らかに佇んでいるのを眺めています。
ポカポカとした陽気の中、束の間、のどかに過ごしてから出発します。

(次につづく)
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。