反芻(はんすう)

テーマ:
牛・羊・山羊などが食べた草を一旦別の胃袋に仕舞っておいて、後で口に戻して来てもう一度噛むやつね、それが反芻なのよね。

昔、家にも農耕用の牛がいたんですよ、ちゃんと牛小屋もあって、水田や畑を耕す時に親父が連れて行って牛耕用犂を引張らせて耕していたんだよ。 その牛が満足げな顔をして反芻するのを見るのが好きだった、美味そうに食べるのよね。 そうねぇあれは昭和30年頃だったかな、ワタシが小学校に行き出す時分までは反芻を飽きもせず見ていたんだよ。


小学生、中学生から高校のはじめ頃まで色んな生きものを飼っていました。 ワタシが世話をしていたのは伝書鳩、メジロ(今は飼ってはいけないのかな)、母親が鶏に猫に犬、父親は農耕用の牛、牛が食べる草を刈ってきて世話するのだから重労働だったと思う。

年に数回父親が絞めてくれた鶏を母親が料理してくれて食べるんですが、これがまた何とも美味しいのです、どのように調理してくれたのかはまったく覚えていないし分からない。 そういう時は盆と正月がいっぺんに来たような感じで嬉しかったですねぇ。
AD