DOCS日記

DOCSの活動を報告するブログです


テーマ:
本日はDOCSの主催する『第4回DOCSプロフェッショナル』が行われました
(≧▽≦)

DOCS日記


講師を務めてくださったのは名古屋第二赤十字病院 救急・総合内科部長であられる野口善令先生ですキラキラ

DOCS日記


この会は、野口先生と先日の亀井道場で初めてお会いした際にお願いしたことで実現しましたクラッカー

野口先生といえば、昨年出版された『誰も教えてくれなかった診断学』の著者であられるということで、今回も本にそった内容でレクチャーしていただきましたわんわん

誰も教えてくれなかった診断学―患者の言葉から診断仮説をどう作るか/野口 善令

¥3,150
Amazon.co.jp

まず、最初に鑑別診断の「カードの作り方」、そして続いて「検査の性能」なども絡めてカードから診断へ導く方法を教えていただきました目

学生から指導医クラスまで様々なレベルの参加者が混在する中で、診断の過程を一緒に考えさせていただけたことは大変勉強になりました音譜

DOCS日記


また、後半は「もう一つの診断法」として『snap diagnosis』についてもお話いただきましたメモ

参加者からは「医師何年目になったらsnap diagnosisで診断してよいのか」といった実践的な質問も出るなど、生のレクチャーならではの醍醐味も随所にみられましたひらめき電球

DOCS日記


今回のレクチャーに参加して、多くの学生がその診断の過程を「自然に」感じているように思えたのですが、それは従来より多くの著名な先生方が同様の過程で診断され、またそれを「言語化」された野口先生の著書が各地で引用されているからでしょうヒヨコ

卒前教育からこの本の考え方が浸透していけば、臨床の現場で「とりあえずの検査」が減っていく日も近いかもしれません虹

今回のレクチャーでは野口先生の診断に対する真摯な姿勢も然ることながら、参加者への丁寧な受け答えから先生の教育に対する熱い思いがとても伝わってきましたドキドキ

DOCS日記


野口先生、本日は楽しいレクチャーをありがとうございましたm(_ _ )m

DOCS日記


[場所] 東京医科大学西新宿キャンパス 第1研究教育棟4階 第2講堂
[参加メンバー] 加納、加藤、菊野、児玉、中野、藤巻、松本、大谷、山口

こだま
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。