股関節が硬い 徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座

骨盤後傾から骨盤をおこし股関節を超なめらかに。体幹と四肢を連動させ動きの質を追及する。運動とは人の重心が移動することである。運動を成立させるべく構造動作理論(Anatomical Activity)に基づくトレーニング方法と身体観察について綴ります。


テーマ:
Takahiroラボから始まった東京の旅も終焉。
締めは表参道・趾(あしゆび)メソッド。

≫≫≫股割り入門
≫≫≫股割りmoreチャレンジ
≫≫≫“動き”のフィジカルトレーニング



Takahiroラボは内容が細かすぎてレポート省略...。



表参道の素敵なスタジオにてWS。
よし子のレポート。
≫≫≫女性のための趾(あしゆび)メソッド in表参道


いつもの雰囲気と違って、やさしい光に包まれる。
静かな時間がゆっくりと流れる中、大地に垂直に立つためのレッスン。
足のコンディショニングを確認、調整。
私たちは良いことも、悪いことも受け入れている。
そして、不適切な情報が勝ったときカラダは痛みの信号を送る。
違和感や疲労感などもそう。
完璧に情報を選択できている人などいないのではないかと思う。
だから、自分を否定する必要はない。
これから学び、1歩でも前進するために考えればいいのだから。



酷使してきた足を理解すること。
決して、故意に行ってきたことではない。
まず、知るということからはじめよう!


カラダはそんなにやわな作りではない。
足の指先から温もりがめぐりはじめたとき
それは回復の合図なのだ。






最近は、『牧神の蹄(ぼくしんのひづめ)』を携帯しています。
「ひづめの会」の人たちが、あまりにも私をおいてけぼりにするものだから...。
ちょっと悔しい(笑



牧神の蹄は、足の巧緻性を養う。
つまりは、股関節の精度にも影響する。
股割りで脚を固定するために握り込んでいる足に遊びをもたせ、
さらに股関節の回転力アップへとつながっていく。
これは、先日の股割りmoreチャレンジで実感したこと。
私はもう一段、腰を入れることができるようになった。
さらなる一歩のためにマイ牧神は欠かせません。

≫≫≫牧神の蹄


参加者、スタッフの皆さま、ありがとうございました!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村考宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。