股関節が硬い 徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座

骨盤後傾から骨盤をおこし股関節を超なめらかに。体幹と四肢を連動させ動きの質を追及する。運動とは人の重心が移動することである。運動を成立させるべく構造動作理論(Anatomical Activity)に基づくトレーニング方法と身体観察について綴ります。


テーマ:
NHK西宮からのつづき。



大阪産業大学柔道部へ到着。
道場と高校の後輩、内村直也監督率いる柔道部。
私は20年ぶりの柔道現場。



大産大柔道部



『技』の技術については世界チャンピオンや上手な人におまかせして、
私の提案は、『動きのキレ』について考え根本的なフィジカルつくり。


・帯の締め方と腹圧
・腹圧と股関節



大産大柔道部



腹圧の鍛錬方法を紹介する。


大産大柔道部



・寝技:横四方固めで抑え込まれた状態から逃れる


腹圧がかかった場合と腹圧がかかってない場合を検証する。



大産大柔道部



・ストレッチと股割りの違い。



フィジカルトレーニングといっても指導者や選手の目的により様々な方法がある。
しかし、『動き』を見据えてトレーニングする場合は、当然ながら『動き』を鍛えなければならない。



私が、フィジカルトレーニングで腹圧を強調する理由は『動き』を高めたいからである。
いわゆる、腹直筋を収縮させる腹筋運動では『動き』を殺してしまう。
最近の流行でドローイングをしている選手たちも多いが、それは肉体のかっこよさを目的としているのならばよいけれど、競技での『動きのキレ』を目的としてやっているのなら大間違いだ。



『動き』は「腹圧 アブダーミナル・プレッシャー」、すなわち、それが「体幹」。



柔道着の帯は飾りではなく、しっかり腹圧をかけておくためのもの。



喜納治五郎氏は、「スポーツや武道の練習をしているにもかかわらず、欧米人との間には大きな筋力差があって日本人が弱いのが嘆かわしい」ということで近代 ウエイトトレーニングの創始者だとみられているユージン・サンドウのトレーニングバイブルを「サンダウ体力養生法」として出版し、我が国にウエイトトレー ニングを紹介した。



果たして、喜納氏が感じた「日本人が弱い」というのは「筋力差」のことだったのか?
内村監督は、小さい選手で筋力が強いという感じではありませんでしたが、小さな身体全体を使ってよく動いてました。







『動きのキレ』について考え直す時期なのかもしれません。




アシスタントにゴルフレッスンプロ 橋本さん、 ボディガードに新極真空手元世界チャンピオン 石原 延さん 大産大柔道部監督 内村 直也さん 、選手の皆さま、内村奥様、ありがとうございました!




-----------------

【新刊】たちまち重版!
 “動き"のフィジカルトレーニング
$「股関節が硬い」徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座-動きのフィジカルトレーニング


≪フィジカルトレーニング指導のお問い合わせ≫
パーソナルレッスン

≪セミナー&トレーニング会≫
日程

≪リンク≫
・Facebook:“動き”のフィジカルトレーニング
・Facebook:構造動作トレーニング
Ashiyubi
MATAWARI JAPAN



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村考宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。