股関節が硬い 徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座

骨盤後傾から骨盤をおこし股関節を超なめらかに。体幹と四肢を連動させ動きの質を追及する。運動とは人の重心が移動することである。運動を成立させるべく構造動作理論(Anatomical Activity)に基づくトレーニング方法と身体観察について綴ります。

NEW !
テーマ:
私の右足は数多くの故障を乗り越えてきてきた。今の私は自分の右足を意識することができ、そうでないときは無意識でいられる。しかし、その無意識の中には意識することができない無が存在する。おそらく、無と隣り合わせに壊死というものがあるのではないかと思う。このように意識レベルで自分のパーツについて考えれるということが壊死ではない無ということなのだろう。

私の右足は日常生活やランニング動作などで全く支障はない。最近は、足の深部感覚を重ねて厚さを増してくるたびに「支障はないが何かが違う」ということに気づき始めた。おそらく、これは私の伸び代。足指トレーニングは、かなり重点をおいてやっているつもりだがまだまだやることがあるということだ。

構造動作トレーニングでは基底面積を広く、骨の強度を発揮できる骨格ポジションが重力を正しく受ける姿勢だと考えている。そのための足の接地は、趾先と地面が軽く接触し、足裏全体が地面を捉え、圧を分散して体重を支える状態を中間位(ニュートラルポジション)としている。


▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

衝撃を和らげるための足の機能を必要にして十分に発揮するには、足のアーチ構造の構築が必要だ。偏平足、凹足、外反母趾など足が変形して足の機能を十分に発揮できない。一歩一歩の衝撃はダメージとして体に蓄積される。

▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

足底の筋は、母趾球の筋、小趾球の筋、中足部の筋がある。

▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助


【母趾球の筋】
母趾外転筋
短母趾屈筋
母趾内転筋

【小趾球の筋】
小趾対立筋
短小趾屈筋
小趾外転筋

【中足部の筋】
虫様筋
足底方形筋
骨間筋
短趾屈筋

足底の筋

▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

骨間筋は3個の底側骨間筋と4個の背側骨間筋とが区別される。

足の骨間筋

▲基礎運動学(医歯薬出版株式会社)著中村隆一・斎藤宏


構造動作トレーニングでは足根骨のモビリゼーションで自らの動きで生じた内部の刺激を感知する感覚を拾う。はじめての方は外部からの刺激を主に受け取ってしまいがち。変化の違いは効果と深部感覚の蓄積に現れてくる。何をアプローチするのか、やることを理解することが大切だ。

さらに足底の筋の収縮率を上げる訓練をする。これは、関節可動域を拡げるだけでなく、固有感覚受容器の活性化を目的としている。感覚を拾うにしても鈍化した固有感覚受容器では刺激の感知が難しい。

こうして足の機能を回復した後、必ず動作に転換する基本動作を怠ってはいけない。股割り、スクワット、ロウギアランニング、様々な角度から基本動作を見直し日常動作へ転換する。股関節の回転力などは、動作に転換することで動きのキレになる。

私の右足の「支障はないが何かが違う」という気付きは、足の機能回復をする余地がまだあることだと考えている。このように足の機能が十分でなかったとしても動けてしまうのがヒトの体なのだ。不十分な状態に気付かないで無理をすれば当然問題が出る。このことにほとんどの人が気付いていないのが現状だ。深部感覚から体を見直してみることをすすめる。

NATAWARI JAPAN



AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
先日、たいさんこと空気投げ研究家の田島大義さんがBABジャパン月刊『秘伝』の取材を受けました。こちらはその時のもよう、とても動きがあるいい写真ですね~。


8/13は田島大義さんのはじめての「空気投げ」研究稽古会が名古屋で開催されます!

「空気投げ」という「技」は「漫画の世界の技、空想の世界の技だ」と思っている方も多いと思います。「技の仕組み・成り立ち」を研究するとそれは空想の世界の技などではなかった。空気投げを研究することで、その技を越えて体術という広い意味で「くずし」の重要性に気づくはず。関心のある方、また、武道や武術がはじめての方にも興味をもっていただけると思います。

*道場破りのようなお考えの方は参加をお控えください。

今回の参加費は熊本地震で被災された方々への義援金になりますので社会的にも意義のあることだと思います。 8/13 名古屋・空気投げ稽古研究会の開催にあたり何がしかご協力いただいた方を 協力の欄に順不同でお名前を記載させていただいております。

■名古屋「空気投げ」研究稽古会の開催にご協力いただいている皆さま(順不同)
甲野善紀(古武術研究家)、内村直也(大阪産業大学柔道部監督)、河原龍秀(高畑駅前接骨院)、尾崎浩一(ジャーナリスト)、WEBマガジンコ2【kotsu】日貿出版社、BABジャパン月刊『秘伝』


お申込み・詳細「8/13 名古屋・空気投げ稽古研究会」≫≫


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
運動解剖学を学ぶさいは自らが求める運動モデルを明確することが大切。そして、発想力を敏感に研ぎ澄ませて学ぶ姿勢が望ましい。体の構造や仕組みというのはすでに決まっているが実感がともなわないから学ぶのだと思う。教科書に書いてあることを覚える勉強というのは、これから学んでいくための決まりごとを備えておくことだと恩師から教えてもらった。

20代は給料のほとんどを勉強につぎこんで、30代は許す限りの時間を実感を得るための学びにそそいだ。40代はようやく自分が求める運動モデルが明確になり発想力を磨いている。4月から始まった名古屋・構造動作研究会は私にとって最良の学びの場になっている。前回の復習もまだ途中だったので手内筋のつづき。

手の平は前腕骨がもっとも強度を発揮するポジションをたもつのに重要なセンサーだといえる。手の平の接触面積、圧、力など必要にして十分な接触がしたい。しかし、手が立体的な構造にも関わらず平面的に慣れてしまっている場合が多い。そのために自重を支えることもままならず、あるいは不十分な接触で動きに力みをつくってしまう。その代償は、物と人との関わりに支障をきたし上肢全般の痛みや症状の発症、スポーツや技術職などにおいてパフォーマンスが低下を招いている。手の構造と仕組みを知って必要にして十分なリハビリとトレーニングが大切だ。

手のアーチ構造は、
縦方向のアーチ
横方向のアーチ(手根骨)
横方向のアーチ(中手骨)
斜方向のアーチ
から成る。

手のアーチ

▲基礎運動学(医歯薬出版株式会社)著中村隆一・斎藤宏

手根中手関節は5つの中手骨が4つの手根骨と連絡する。第2中手骨は小菱形骨に深く入り込み、大菱形骨と有頭骨に挟まれることで第2、第3中手骨は固定をおこなっている。第1、第4、第5中手骨は可動性を持つ。

中手手根関節

▲手と痛みの機能障害(医歯薬出版株式会社) 訳=荻島秀雄


手の短い筋は、
中手の筋
母指球の筋
小指球の筋
がある。

母指球の筋と小指球の筋の手内筋について。

【母指球筋】
短母指外転筋
短母指屈筋
母指対立筋
母指内転筋

【小指球筋】
小指外転筋
短小指屈筋
小指対立筋
短手掌筋

母指球の筋と小趾球の筋

▲手と痛みの機能障害(医歯薬出版株式会社) 訳=荻島秀雄

母指と小指は多くの方向へ動く。
母指の動きは大菱形骨の鞍関節(鞍馬状)での中手骨の動き。

母指球の筋と小指球の筋

▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助

母指球の筋の機能。
母指の内転は短母指屈筋、母指対立筋の協力のもとに母指内転筋により行われる。
母指の外転は短母指外転筋、短母指屈筋により行われる。
母指の対立位は母指対立筋、短母指屈筋、母指内転筋により行われる。
母指の対立位からの復位は、背側の長い筋(短母指伸筋、長母指伸筋、長母指外転筋)により行われる。

▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助

母指の背側の長い筋。
短母指伸筋、長母指伸筋、長母指外転筋。

母指球の筋の機能。

▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助


小指球の筋の機能。
小指の外転は小指外転筋により行われる。
小指の屈曲は短小指屈筋により行われる。
小指の対立位は小指対立筋により行われる。
短手掌筋は手掌腱膜と屈筋支帯を手の尺側縁の皮膚と結びつける。

母指球の筋と小指球の筋の手内筋

▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助

構造動作トレーニングでは、深部感覚での前腕骨ポジション入力や動きのキレトレーニングなどで接触部になる手を慎重に観察し訓練することを心がけている。

理想の手は痛みや症状がなく、やわらかで血色の良い、きれいな手。変形、ゴツゴツした手は、必要以上の力や圧をかけすぎているか、手の機能状況が不十分であることが考えられる。力を効率よくつたえて動作をするためにも理想の手に近づきたいものだ。

MATAWARI JAPAN

AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。