シリアを愛する縁たーていなー「へむり」の【世界を、職場と遊び場に】

旅、雑貨、アートを通じて、平和と教育を広める「シルクロード計画(仮称)」を活動中。
世界を、職場と遊び場に。シリアを愛する縁たーていなー。
青年海外協力隊、講演、イベント、ビジネスなど。

NEW !
テーマ:

「ニュースで見ていて、知ってると思っていたけど、
 こんなにも知らないことがあったなんて…」

平和な頃の中東シリアで協力隊として、現地の人たちと共に生活をしながら活動し、
2015年からシリア難民を訪ねる旅で「今のシリアの人たち」から話を聞いてきた、へむり。

ニュースでは決して報道してこなかったシリアの人たちの「幸せの形」とは?
そして、今まさに起こっている騒乱で、彼らの「幸せ」はどう変わったのか?

「もっと知りたい!」「世界の見方が変わった!」「動きたい!」
聞いた人たちの心に届くトークライブが、へむりの地元、大阪で開催されます!!!



さらに!フィジーから、スペシャルなゲストをお招きいたします!

「フィジー」って実は、”最新版 世界幸福度ランキング 第1位”なんです!
そんな楽園の島に移住して9年、 「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」の著者 永崎裕麻さんが、なんと一ヶ月の日本帰国の合間を縫ってお話をしてくださいます!

2年かけて100カ国以上を旅した経験、 フィジーの生活で気付いた「幸せになる4つの習慣」とは?
日本人とフィジーの生活で気付いた、意外な共通点とは?


ここでしか聞けない世界の話、
ここでしかつながれない人との出会いが、あなたのご参加を待っています!




【こんな方にオススメです】
・毎日がもっと幸せになるヒントを知りたい
・ニュースでは聞けない世界の話を知りたい
・旅をきっかけに、色んな人たちと知り合いたい
・旅をしたことがないけど、いつか行ってみたい




【日時】6月18日(土)18:15-20:25(交流会 ~21:30)

18:00~18:15 開場・受付
18:15~18:30 旅ガール ミニ☆トークライブ
18:30~19:20 へむり。トークライブ「中東を愛した旅人が見たシリアの幸せ」
19:20~20:10 永崎裕麻トークライブ「100カ国旅した旅人が見たフィジーの幸せ」
20:10~20:25 クロストーク、Q&A  
20:25~20:35 撮影・感想記入・セッティング
20:35~21:35 夢で繋がる交流会(シリアのハーブティー付き)

   
【場所】Blue+
 大阪府大阪市北区芝田2-9-17 マエダビル4F

   ・地下鉄御堂筋線「梅田駅」5番出口より徒歩4分
   ・阪急「梅田駅」茶屋町口より徒歩4分
   ・JR「大阪駅」御堂筋北口から徒歩5分

※会場は、靴を脱いでお入りいただきます。

【申し込み・参加費】
前売り2000縁(学生1000縁) …下記サイトでお申し込みください
当日 2500縁(学生1500縁) …当日、会場にてお支払いください


※「夢でつながる交流会」は、別途1000縁(シリアのハーブティー・軽食・ドリンク付)
※「もっと話したい!」という方は、22時より会場近くで【先着20名】で、二次会を企画しております。詳細は近日公開!

スピーカーの詳細については、 http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011dkgy7eyx0.html にて!!

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕のギャラリートーク

   17日(火)13:30-15:00
   21日(土)13:00-14:00 / 16:00-17:00
※申し込みは必要ありません。
【場所】はぐくみセンター 1階カフェテラス
    奈良市三条本町13-1

<交通アクセス> JR奈良駅西口から南へ約200m
 ●近鉄奈良駅からJR奈良駅方面行きバス「JR奈良駅」下車
 ●JR奈良駅西口から南へ約200m
 ●近鉄新大宮駅から南東へ約1400m




シリアの写真は、僕のじゃないんですけどね。 (※追記 僕の写真も展示されています)


でも、それも悔しいのでシリアにいたときの写真を、一から見直していて、持って行く予定にしています。

そしたら、僕の住んでいたマンベジという町に作っている最中のホテルの写真が。
「こんなところに、観光客ってくるのかな?」なんて笑ってました。


今、マンベジをネットで検索すると、処刑場が出てきます。
ISが占拠していて、住人は町から出ることを禁止されています。
「人間の盾」として。

僕が出逢った人たちはどんな暮らしをしてるんだろう?
想像ができなくて、「悲しい」とさえ思えなくて。

僕らはあまりにも恵まれ過ぎてる気がします。 だからこそ、 「できることはなんだろう?」

そんなことを考え続けて、もがき続けていきます。

また、シリア難民を訪ねる旅でお世話になったサダーカさんに、機会をいただき、
「戦争を止めたい」という想いを実現するために、伊勢志摩のG7サミットに合わせて行われる、「市民の伊勢志摩サミット」で、
パネリストとして登壇します。

5月23日(月) 13:15~15:45 分科会


ーーーその他イベントーーーーー
6月4日(土)夜@大阪
https://www.facebook.com/events/1008403115914535/

6月18日(土)夜@大阪


7月18日(祝)夜@大阪


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



「旅」と聞いて、「現実逃避」「今しかできない」って思っていませんか? 
「世界一周」と聞いて、「自分にはできない」「叶わない夢」って思っていませんか? 
「国際協力」と聞いて、「どこか遠くの世界の出来事」「自己犠牲」って思っていませんか? 


過去2回、のべ200人が感動し、 
何人もの参加者が、世界一周の旅に出た伝説のイベントが帰って来ました!! 
「キャリ旅(キャリアにつながる旅)」第三弾! 


あなたの一歩を応援する、ハートフル、かつ情熱のトークライブ! 

旅を「思い出」だけにするんじゃなく、 
未来の「キャリア」にしたって良いんじゃない? 


今回のゲストも、三者三様の3人です! 

子供の頃からの夢を叶えるため、初の一人旅で世界一周へ。 
世界各地で活躍する日本人にインタビューをしながら、1年間8ヶ月間で50カ国148都市を訪問。 
旅中はトラブルの連続、旅で出会った仲間たちと愛と勇気と冒険の日々を過ごす。 
世界の素晴らしさを伝えたい、旅するナース27歳、みか。 

             × 

理学療法士として働く中で、コミュニケーションの大切さを感じ、平日休みの人たちを繋げる平日会を主催。 
"新しい視野の共有と出会いの場を"をテーマに、アクティビティを企画し、1年足らずで100人以上の輪を生み出す。 
アジア中心の一人旅、今春はNZへの語学留学、シェアハウス在住など、自分も周りも価値観を広げ続ける旅ガール。 
今秋から協力隊として、ベトナムに派遣予定の26歳、ゆりか。 

             × 

商社を辞めて、フィリピンの貧困地区を支援するNGOのボランティアへ。 
その後、平和だった頃のシリアで協力隊として、地域を巻き込んだ母子保健活動に従事。 
ガーナで協力隊に派遣される彼女のために、70人超の誕生日会&送別会を企画。 
愛する彼女に会いにガーナに行き、その後はシリア難民を周って中東・欧州に旅をしてきた34歳、へむり。




…って経験を聞くと、「すごい人」「自分とは違う」って思ってしまうかもしれません。 
ですが、ゆりかちゃんも美香ちゃんも、第一回の「お客さん」、第二回の「スタッフ」です。 

以前のイベントを機に、一歩を踏み出した二人は、今、どんな旅をしてきたのでしょう? 
イベントに参加したあなたが、踏み出した一歩が、誰かの希望に変わるかもしれません。 
そして、あなたが、次回のスピーカーになるかもしれません?! 



人生を変えるために旅に出たわけじゃない。 
楽しいから、やってみたいから出た、私たちの旅。 

それが、「未来の自分」を変え始めていきました。 

「キャリア」は「仕事」だけを意味するわけじゃなくって、 
ライフワーク、家族、コミュニティや友人との関係、色んなことをひっくるめた「人生」そのもの。 

旅だけじゃない。 
今の「人生」がちょっとワクワクしちゃう秘密が学べる、仲間と出会える2時間です! 





【こんなあなたにオススメ!】 
・いつか世界一周に行きたい方 
・一緒に世界に行く仲間を求めている方 
・トキメキに満ちた人生を送ると決めている方 
・新しい一歩を踏み出すか悩んでいる方 
・最近、モヤモヤしている方 
・やりたいことを周りに反対される方 
・やりたいことを探している方 
・国際協力に関わりたい方 
・ラブラブな遠距離恋愛の秘訣を知りたい方 
・・・そして、旅を愛する全てのみんなへ 




【日時】5月29日(日)18:55~21:15 (18:30 開場) 


  大阪市北区中之島1丁目1番27号 
    ●地下鉄御堂筋線/京阪電鉄 「淀屋橋」駅下車
         1番出口から徒歩約5分
    ●地下鉄堺筋線/京阪電鉄 「北浜」駅下車
         22号出口から徒歩約6分
    ●京阪電鉄中之島線 「なにわ橋」駅下車
         1番出口から徒歩約1分


【定員】100名 

【申し込み】  下記ページよりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/392509/ 
(Facebookページはこちら)


【参加費】2000縁 
・イベントをシェアしてくださったら…【500縁引き!受付でお申し付けください】 
・学生の方は…【500縁引き!】(シェアもして下さったら、【1000縁】となります) 

 ※イベント後、30名限定で懇親会を行ないます。 
   参加希望の方は、登録時に参加にチェックをお願い致します。 



【スピーカー】 
●大西 美香 


1988年生まれ。子供時代は旅行好きな両親に連れられ、20回以上の海外旅行で10カ国を訪問する。物心つく頃には、世界中の国へ行きたいと夢見る。 

 高校生1年生の時、将来海外に行くために、人にも自分にも役立つ仕事は何かと考えた結果、看護師になることを決意。翌年から看護コースへ進学する。 

 総合病院に就職し、循環器内科病棟で4年間激務に従事する。生と死が隣合っている医療の現場で、明日はどうなるかわからない、今一生懸命やりたい事をやらなければ!と考えるようになる。幼少からの夢を叶えるために、世界一周の旅へ行くことを決意。 

 2014年3月、25歳で退職。出発までの準備期間中、友人から「第一回 履歴書に書ける旅」に誘われ参加。大きな感銘を受け、今後の人生とキャリアに繋がる旅をしようと決める。 

 同年7月、世界一周1人旅へ出発。1年8ヶ月で、50カ国、146都市を巡る。アジア、ヨーロッパ、中米、カリブ海、中東に加え、半年かけて南米大陸を一周、1ヶ月かけてレンタカーで北米大陸を横断、4ヶ月半に渡って陸路でアフリカを大陸を縦断するという、世界一周バックパッカーの中でもコアな旅をする。 
 一方で、世界各地で活躍する、様々な職種の日本人にインタビューを行い、今後の人生の示唆を得る。 

 途中、ヨーロッパでは全ての荷物を盗られ手ブラになり、南米では2回強盗に遭い、中東では民間デモに巻き込まれるなど幾多のトラブルに見舞われるが、周りの人からの助けと、持ち前の気合いと根性で乗り越える。 

 2016年3月、帰国。帰国後10日で看護師に復職。今後は本職と並行し、世界一周で得た経験をイベントや写真展を通じて伝えていく。 


●柳瀬 友梨香 


幼い頃は、三つ編みをし、ファミリアの服をきていた、なんちゃって泣き虫お嬢様。"親にとっていかにいい子ちゃんでいられるか"いつも周りを気にして育ち、親の敷くレールに向かって進んでいた。 

高校時代、鬼コーチの下でバレーボールを3年間続け、並大抵ならぬの体力と精神力を培った。 
大学時代、医療系大学であったにも関わらず、"華の大学生活を送りたい"という一心で、勉強以外の空き時間はバイトとサークル活動に明け暮れる。その時に、"時間はみんな平等で有限。動けるうちにうごかんと"と、予定を詰めまくるようになる。 

たまたま、その当時キャッチーだった、海外旅行にいくことで、自分の思い描いてる大人像と全く他違う人たちを見てしまい、今までいい子ちゃんをしていた私とはさよなら。 
本やネットの情報だけではリアルは伝わらない、ちゃんと体感しなければ!と思ってから、 
自分の知らない文化や景色を自分の目で見てみようと、さらにフットワークが軽くなる。 

そして、リハビリを受ければみんながみんな良くなって家に帰れると夢を抱き、理学療法士として病院で勤務開始。しかし、半年後には"人の身体は完璧に治らない"ことにやっと気づき、じゃあせめて"ここでリハビリして良かった!て思えるリハビリを提供したいと思い、その人に寄り添うためのコミュニケーション能力向上を図る。 

どんな人の価値観も受け入れて親身に寄り添う、そのために自分の価値観を広げるため、2年間ほぼ毎日誰かと会って話をする生活を送るようになる。 

いろんな刺激を受ける中で、自分も周りの人に何か出来ないかと考え、2014年5月に"平日会"を設立。価値観の多様性に触れることを目的にアクティビティを通して、人と人を繋げる活動を行う。1年未満で100人を超えるグループとなり、運動会やBBQ、スノーボードなど企画。 

2014~15年にかけて、本職をこなしながらもアルバイト掛け持ちし、初のアジア1人旅開始。さらに、TABIPPO2015 at Osakaの渉外部所属、週間マガリでの上にある"メゾン一服"でのシェアハウス生活もスタート。 

へむりとのつながりきっかけで、2015年春募集で協力隊へ応募するも、TOEICはずたぼろ、2次試験は遅延による遅刻、面接ではアジアしか行きません!とへりくつを通すも、奇跡的に合格。2016年2月に退職し、NZへの短期留学、タイのソンクラン参加、シンガポール一人旅、マレーシア10時間弾丸トリップを決行。合間合間に掛け持ちしているアルバイトを4つやりくりしながら、ベトナム語を勉強中。 

2016年秋より、理学療法士としてベトナムの市民病院へ派遣予定。 


●へむり。(中野 貴行) 


小学生時代、アフリカの飢餓の子どもの写真を見たことをきっかけに、 
「世界を幸せにするために働きたい」という夢を持つ。 

しかし、どうやって実現すれば良いか分からず、悩みに悩む学生生活を送る。 
商社に就職後、自分の人生の時間の価値に気付き、ボーナスの査定のときに退職願いを提出。 

退職の3日後にはフィリピンに飛び、NGOボランティアに従事。スモーキーマウンテンの調査などを行ない、 
帰国後は同NGOのインターンとして活動後、協力隊として中東シリアに。 
「危険」とマスコミで言われる地で、平穏と愛に囲まれ、母子保健活動を軸に様々な人たちを結びつけていく。 

2010年に帰国後、講演、通訳、イベント企画、代理店業などを営む。 
Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、 
新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。 

2013年から大阪でシェアハウスをはじめ、シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで 
「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。 

2015年7月から期限を決めずに世界半周の旅へ。 
母とのヨーロッパ旅行、協力隊で活動する彼女の住むガーナ滞在、シリア難民の住む 
ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、2016年3月帰国。 

NGOや友人の人脈に助けてもらいながら、シリア難民の生の声を聞いた旅の経験を全国で広めながら、 
平和なシリアの記録と記憶を残す【Piece of Syria】、シリアで出会った少女の夢のバトンを受け継いで、夢を叶える学び舎を創る【Peace of Syria】という構想を現実にするために行動している。 


★Web: www.idea-journey.com 
★Twitter:https://twitter.com/takayuki18aug 
★Movie:http://www.youtube.com/watch?v=GvfQnn__YZo 



and more...!



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
友達から「レーシックってどう?」と聞かれたので、改めて書いてみようと思います。
僕がレーシックの手術を受けたのは、アフリカ・中東の旅に出る少し前。



日本に帰る日を決めずに旅に出るにあたって、
「コンタクト用品をどれくらいの量、持って行けば良いんだろう?」と
悩んでました。



そんな折、「どんな旅にしよう?」と読んでいた本「ソーシャルトラベル」に、
「レーシックを受けて、旅に…」ということが書いてあり、
「やっぱり旅するなら、コンタクトよりレーシックかも!?」と…。


協力隊として2年間、海外で暮らしていた時も、
コンタクトや保存液の重さや、思わぬ外泊(現地の人に「泊まって行け」と誘われたり)があり、
苦労していたのもあって、レーシックに興味が湧いてきました。
砂が多く、乾燥しやすかったので、よく外れたりもしましたし…。



レーシックのメリットはわかっていましたが、
「なんか怖い」という気持ちが拭い去れず、二の足を踏んでいたのですが、
とりあえず説明を聞いてみよう!と、インターネットで検索してみました。

で、「安心できそうなところ」を求めて、
神戸神奈川クリニックで説明会の予約をしてみました。


そして、納得!安心!ということが分かり
(とはいえ、手術するまでは2週間くらい悩んだのですが…)、
旅の前に「アイデザイン」のレーシック手術を受けました。

手術美はドキドキしまくりでしたが、ほんと一瞬で手術が終わり、
景色が変わりました!
ですが、一番「レーシックを受けてて良かった!」と思ったのは、旅先です。


今まで朝晩に使っていたコンタクトの脱着時間がなくなり、
「急なお泊りに対応できるように」と持っていた荷物も減り、
お風呂の後でもキレイな星空を眺めることができます。
(現在、視力はバッチリ回復!夜間でもよく見えています⭐︎)






僕は7年くらい、レーシックを受けるか悩みましたが、
今回の旅の前に受けてて、本当に良かったと思います⭐︎


旅という「きっかけ」がなかったら、踏み出せてなかったと思うので、
ぜひ、まず旅への一歩を踏み出して、
航空券を取ってみたらいかがでしょう?

(手術だけでなく、経過を見る検査もありますし、余裕を持った日程で!)

ちなみに、Skyscannerというサイトかアプリで航空券を探せば、
時期次第では、ヨーロッパも往復4万円代(燃油代込み)で見つかることもありますよー。


旅とレーシックへの一歩を是非っ!








AD
いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なっちゃんから、夕方に
「今ヒマですか?」
とのお誘いを受け、

プロダンサーの岡さんと。


呑んでる中、
はたぼーやら、
太悟くんやら、
隼人くんやら、

約束なく友人に出逢える奇跡の場所だわー。

{68D945A8-552E-4DEE-8CCC-6642805BE1E5:01}




んで、さっき、
帰り道、路上詩人をしてる、よっちゃんに会う。

世界の狭さがヤバい。


たぶん、偶然じゃなくて、
自分の生きたい世界が、
今いる世界なんだろうな
と思う。


愚痴ってる人も。
幸せな人も。


日本以外の世界じゃ、
選べないことのほうが多いけど、
Facebookやれてるうちは、自由だなーって思う。


行きたい場所へ。
生きたい場所へ。
何回でもトライしてく。

たどり着くまで、
トライするかどうかだけが、
生きる場所を決めるんだろうなー。



そんなことを考えた素敵な夜。

急な、本当に急な
お誘いをしてくれた、
なっちゃんに感謝!


急なお誘いも大歓迎よー!
いいね!(19)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、アンティーク主催のミッションセミナーに参加!


{7D6C6A36-29B2-468C-8CA7-042E19094B18:01}

「好きなこと」
「得意なこと」
「人の役に立つこと」が
重なる場所が、ミッションになりうる、
というのが、元スターバックスCEOの岩田さんの言葉なんだけど。


振り返ってみたら、
全部が重なってたことに気付きました。

人と人をつなげる。
笑わせる。
企画する。
褒める。
認める。
アイデアのチカラ。


んで、共通の自分のミッションを集約したら、出てきたのが、

「ノセる」。


{F19F3FDF-5A2A-4BC1-82DC-A137A49D3952:01}





3文字?フザケてる?

と、最初、由貴ちゃんに思われたんだけど(そりゃそうだ)、
内容説明したら、納得だと言ってもらえて良かった(笑)。




僕は能力が高くもなければ、
何かに突出した能力があるわけじゃない。
(自分ではそう思ってる)


だけど、
「無い」から、「有る」がわかる。
出来ないから、出来ない人の気持ちが分かる。


無いことも、
出来ないことも、
実は長所。


{7ABB94AC-D0A8-480B-8254-BA1BD345A570:01}




出来ない。けど、やりたい。

そういう想いを実現する
きっかけを、
後押しを、
出逢いを、
無いからこそできることを。



自分が出来ないから、
お世辞なく、
すごいと思えたり、
出来てることが見えたりする。



全部、オモテとウラがある。

有ると思えば有るし、
無いと思えば無い。

有ると感じるか、
無いと感じるか、の差でしかない。



「何もできないんです」と言う人は、
一生懸命、日本語を勉強してる赤ちゃんや外国人の夢を、たやすく叶えてるわけだしね。


「お金ないんです」と言う人が、
今日、自分のお金で自販機で、1ドル近いジュースを買ってたりするわけで。
12億人くらいが、1日1ドル以下で生活してるのに。
(あんまり意味のない比較なんだけど)




有るのか、無いのか。
決めてるのは自分だったりする。



大切なのは、
「無い」と自分が思い込んで、
出来ることが出来なくなるって気付くこと。

あなたが勝手に、
無いと思い込んでるけど、
出来るから。持ってるから。

見方次第。

自分で見つけれないなら、
他の人に見つけてもらう。


リトルミイの名言に然り。
自分を知るのに、
自分と対話するんじゃなくて、
自分の知らない人に出逢いに行くこと。

{5BFFEE73-655C-49F0-A385-9596E621C7EF:01}



ちなみに今、僕の場合は、
ちょっと背伸びして、動いてて。
それによって、ご縁が色々できてきてる。


そんなわけで、
今から急遽、東京へ!

年内には、
アフリカか中東に飛びま~す!


{4D68FFF7-70B5-41FB-AEA8-A2507C56A8C7:01}





いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、旅する経営者の2人が語るトークライブ。

年齢は、同い年と、一つ上しか変わらないからこそ、
余計に刺激的やった!!

{C95D6B40-47F4-4D93-96E6-11610A7601AD:01}




内容は、本当にシンプルで明確。


時間を売るより、自分を売る。

お金とは何かを知る。

自分に価値を置きたいものを知る。

仕事を探すのではなく、
自分のやりたいことを志事にする。

価値を生み出す。

今を生きる。精一杯。



あと、知識として、

TPPで家庭菜園さえ規制される可能性があること。

公務員と大企業は、リスキーな就職先であること。
(ダメとかじゃなくて、不安定になるってことね)

テレビは嘘。

それを知らない、というか調べないほど、自分の生活に興味がない日本人の危機感の無さ。


「いくらあれば、大丈夫ですか?」と不安を感じる人は、
いくらあっても不安。

心配が前提だから。



とか、知る人からすれば、
当たり前のことなんだけど、

学校とか、就活の現場で伝えておきたいなーと思うことがいっぱい。


5月か6月から海外に行く可能性が高いもんで、
学校での講演の志事を受けるに受けれてないのだけれど、
タイミングさえ合えば!




忘れてたこともいっぱいあったので、意識より行動の中に、落とし込んでいきます!







いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
滋賀で一泊二日のBASIC。

300人もの人が、
自分の人生と本気で向き合い、
仲間と共に本気で夢を叶えたいと集まり、
学び、語る。

伝える側も、
受け取る側も、本気。

5年前に初めてBASICに参加した時に、
衝撃を受けたのを思い出した。


大人なんだから。
社会人なんだから。
良い年なんだから。


たくさんの「なりたい自分になる」ことへの「諦め」をもらった。


常識だから。
ここは日本だ。
お前には無理だ。



たくさんの「理想を求めること」への「嘲笑」をもらった。


楽しいことだけ、してたらあかん。
夢なんて叶わない。現実を見ろ。
などなど。



そして、それが当然だと思ってた。


僕は、頭がおかしいのかもしれない。
「きちんとした大人」にならないといけない。
この「社会」に適応しないと。

って。




でも、協力隊から帰ってきて、
出逢った人たちは、皆、口を揃えて逆のことを言う。


夢は叶うで!
人生は楽しい!
年を取るのが楽しみや!
なりたい自分になれるで!
自分の心に正直に生きや!
人生は一回。


って。


そんな衝撃の出逢いをくれたのが、
BASICというイベントでした。



あの日から5年。

夢は叶うと思うし、
自分の人生を生きてるし、
年を取るのが楽しみだし、
毎日が幸せ。
感謝に溢れてる。


そして、
僕と出逢って良かったって、
言ってもらえたりする。



出逢いひとつ。
選択ひとつ。


5年前、
予定をキャンセルして、
BASICに行ってなかったら、
今の僕は確実にいない。

ひょっとしたら、
自分の人生を諦めてたかもしれない。
変な集まりに誘われて、変な方向に進んで行ったかもしれない。



幸運だったのは、
素敵な人たちに出逢えたこと。
彼らのそばに居続けたこと。


いやー、
5年前の自分を褒めてあげたい!



そして、
日本の中にこんなに熱い人たちがいるんやでーって、思うと、
日本もまだまだ捨てたもんじゃない!



大人になるって、
なりたい自分になっていくこと。
理想の自分になっていくこと。

なんちゃうかな?って思う。
それでええんちゃうって思う。

そうじゃないと思う人は、
そうじゃない世界で生きるのも、
全然ええと思う。

ただ、
そんな世界で生きてる人もいることは知っておいてもええやろなーって思うけど。

いいね!(14)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「旅のトラブルをポジティブに捉え直す」
みたいなサイトを立ち上げられへんかな?と、思い付いた。

で、試しに書いてみました。
あれやね。「夢を叶えるゾウ」とか「神様はバリにいる」みたいなノリになってる。



Q.お金を盗られました。悔しいです。

A. なんで?よかったやん!!
お金は天下の回りもの。
自然に返したんやん。飼ってた動物を自然に返したみたいやん。
ヤバ!すご!エコ!


Q. いや、あの、悔しくないんですか?

A. あほか!めっちゃ悔しいわ!
めっちゃ悔しいし、口惜しいし、腹立つわ!

やけど、悔しんだら、お金は返ってくるんか?
腹立って、お金が返ってくるなら、なんぼでも腹立たせるわ!
腹で逆立ちしたるわ!

つまりやな、そこはもうどうしょうもないねん。
過去はいじくられへんねん。

ほな、腹立ったまま、最高にええ景色を見て、どう思う?
めっちゃええ人に出逢うチャンスのときに、その人にどんな態度で接する?

どや?ええことあるか?
それこそ、お金の無駄遣いちゃうか?

一生懸命稼いだお金にかけた、時間の無駄遣いちゃうか?
引いては人生の無駄遣いやわ。



雨男雨女なんておらへん、って話は聞いたことあるか?
思い込みやねん。
晴れ男晴れ女と、降水確率は一緒やねん。

どっち覚えてるか、それだけの話やっちゅーことや。



損したなーってことがあったら、
宇宙に寄付したったんや、って思ってみ。
宇宙さんも、ほな、ちょっと返したるわーって、ええことしてくれるさかい。

わしかて、お金盗られた話をネタを喋ってるうちに、
おもろい人ですねー言うて友達ができたり、今度イベントで話して下さいなんてことになったりしとんねん。


お金盗られて、
「ほんま、旅って最悪やー」って思ってたら、
次の旅も行けへんし、
引いてはこんな人生も歩めてへん。

そのイライラは、素敵な未来を奪いおんねん。


命とかに関わるトラブルはあかん。
それはめっちゃ気を付けなあかん。

やけど、お金盗られただけなら大丈夫や。
「旅人認定証」くらいに思っとったらええよ。

そんなん含めて、旅を楽しんでみーや。





※ クレジットカード、キャッシュカードなどの盗難は、急いで色んな手続きをして下さいね。
あと、ホンマに無茶はほどほどに!

いいね!(6)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「こんなの、映画にしていいの?!」
っていうのが、一番の感想!

映画「インターステラー」を見てきました。



エンドロールを見ながら、
「なんでも叶うなら、何を叶えたいだろう?」
そんなことを、心から湧き上がる衝動で、胸がいっぱいになった。


食糧が育たなくなり、滅びゆく地球。
可能性を探すために、宇宙に活路を見出しながら、
そこにある父娘の愛の物語。

・・・という風に見えつつ、宇宙の真理をわかりやすく説明しまくってます。


大きく3つ感じたことがあります。

① 浦島太郎はどこに行ったのか?
② 前に進むためにすることは?
③ 時間と空間を超えるものは? 




① 浦島太郎はどこに行ったのか?

「ある星での1時間が、地球での7年に相当する」という話が出てきます。
ってことは、浦島太郎が竜宮城から帰ったときに、自分以外の時間が流れていたというのは?

この話、実はドラえもんでも描かれていたみたい。


アインシュタインの相対性理論で、
「時間は伸び縮みする」って話がある。
時間の過ぎる早さは、主観で変わるというもの。

「あー、だから楽しいことをやってる人って、 
めっちゃ若いんだろうな」
って思う。


「時間がなかなか過ぎないよなー」っていう時間を過ごす。
すると、終わってみたらあっという間になってる。
あんだけ長かったことが、振り返った時に、一瞬。

一方、「一瞬で時間が過ぎていった!」という時間を過ごす。
すると、終わってみたら、色んなことをしたなーって感じる。
あんだけ一瞬だったと思ったことが、振り返ったときに、色んなシーンが思い出される。


どんな時間を過ごす?
人生の長さは、寿命ではない。
どうやって過ごしたか、だ。
どうやって日々を生きているか、だ。




② 前に進むためにすることは?

『ニュートンの運動第三の法則・・・
前に進むには、後ろになにかを置いていかなければならない。

これって、深いなーって思います。
全てを持って、前に進むことはできない、というのは実感するからです。


僕も、協力隊に受かる前に仕事を辞めています。
仕事を辞めて、フィリピンにボランティアに参加して、
フィリピンで合格通知をもらって、シリアに行きました。

フィリピンに行って、協力隊に行って、仕事を続けることはできませんでした。

そして、その時の友人とは別に喧嘩はしていませんが、
今、一緒にいる人や、愛する人は、その時と違います。

何より、今生きている一瞬が、本当に幸せです。


たとえば、
10年前の携帯電話を持ったまま、i phoneを持たないですし。


何かを始める前に、僕がまずすること。
それは部屋の掃除です。

きれいに並べるのでなく、捨てること。
隙間があるから、そこに何かが入ってくる。

時間も空間も、有限です。(少なくとも、僕らの次元では)

それを、何を詰め込むか?


それは、どんな方向に進むかで決まっていくんだろうと思います。




③ 時間と空間を超えるものは? 

「重力は次元を超越する」という話が出てきます。

そして、時間や空間を超えて伝わる、と。

そのキーになっているものが『愛』だって話。


「アミ 小さな宇宙人にも、宇宙の基本法は愛だ、という話が出てきます。
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)/徳間書店

愛ってすごい!!


そして、重力が時間や空間を超越する、って話からイメージしたのが、
「引き寄せの法則」。

重力のように引きつける力と似たものが「魅力」とか「波動」とかって話で。
「思考は現実化する」ってそういうことなんだろうなーって。

とはいえ、3次元では時差が生じて、「叶う」「手の入る」と思ったものが
実際に目の前になるまで、時間はかかるんだろうなって思う。


って考えたら、
努力ってのは「自分は、それを得るにふさわしい」と、
自分が納得する儀式のような気がします。

明らかに言葉不足なので、伝えきれてませんが・・・。




なんせ、宇宙の法則として、愛は時間や空間を超える。
自分のために、は愛じゃない。

まー、突き詰めていけば自分のためなんだけど、
誰かを通して自分のためになるのが、愛なんだろうなって。


神様のために何かをすることより、
周りの誰かに愛を注ぐことで、神様に近づく、って感じみたいな。


うまく説明できないけど、そんな感じ。




「全て叶うなら、何を願いますか?」


僕がエンドロールを見ながら、
思い浮かべたのは、ブトゥーレの夢。


あなたは、何を願いますか?





いいね!(17)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。