• 01 Feb
    • 韓国の美の基準が分からない

      韓国人と結婚してから常々思っていること。それは、韓国の美の基準がどこにあるのか、いまいち分からないということです。   夫の従姉妹がえらい整形して10年ぶりに法事に現れた時、みんな綺麗になってると褒めてましたが、私から見ると、「そうか?!」。印象がキツくなっただけで、正直、綺麗、美人、という言葉からは程遠い感じがしたのです。   それに、韓国の芸能人は割と気軽に整形したとカムアウトしますが、「え?してそれか?!」と思うこと多々…特に男性。女性はだんだんアンドロイドのような顔になっていく傾向があるようです。ご本人も家族も事務所もファンも、それでいいのかと、おせっかいながら心配になります。BOAちゃんも整形前のときのほうが可愛かった…最近の彼女は別人です。   以前、韓国人の友達と話していた時、彼女が、「私が海外出張から帰ってきても、夫は、お帰り、の一言もなく、今日の夕食は?と聞いてくるのが腹立つ!」「私が風邪で寝てても、ご飯どうするの?と聞いてくるから、殺意がわく!」と言っていたので、「なんでそんな人と結婚したのよ」と私が聞くと(私は韓国語だと、わりとズケズケと物が言えます…)、「だって、俳優みたいにカッコ良かったから」。   何っ、そうなのか?そうであれば、写真見せて!となるのが人の常。見せてもらった写真を見てビックリ。なんと全然カッコ良くなかったのです。俳優みたいだと言うからには、それなりの容姿を期待してたのですが、ええっ?という感じで…もう何と返してよいか分からず、「若く見えるね!」と言ってしまいました。お世辞が言えないという性格、アラフォーになっても直らず…彼女は「そうでしょ〜」と嬉しそうだったので、まあ本人がカッコいいと思えるなら、こんな素晴らしいことはないと思い直しました。   しかしながら、このときも、韓国の美の基準について、不思議に思わずにはいられなかったです。

      7
      テーマ:
  • 17 Dec
    • 韓国のお葬式2

      前回に引き続き、しつこく韓国のお葬式の話。 釜山市内で行われた、韓国人の夫のおばあちゃんのお葬式で、火葬場に行ったときのこと。 小学生の男の子が遺影を持って、多くの親族の先頭に立っていました。おそらく亡くなられたのは彼のお父さん。大往生した私の夫のおばあちゃんの死は、まだ救いがあるものの、こういう光景はつらいものがあります… 男の子のすぐ後ろには、彼のお母さんとみられる女性と、親族の女性達。 そして棺がでてきた瞬間、突如、そのお母さんは火がついたように泣き出し、なんと海老反りになって号泣し始めたのです。もうわめき散らす、と言ったほうが近い。 今まで冷静だった女性の感情の爆発に、私は正直呆然としてしまいました。 ただ自分に置き換えてみると、そういうものかもしれない…と思い直し、お気の毒な話だ…とその光景を眺めていました。 そして、ビックリしたのは彼女の親族たちの対応。狂ったように泣きわめくのを、たしなめることなく、「ああ、つらいよね、つらいよね」と声をかけ、そのまま泣かせてあげているのです。 おそらく日本であれば、「あんた、小さい息子が泣かずに頑張ってるんやから、しっかりし!」とか、言われるのではないかと思うのです。それに日本の場合、本人も、「息子もああやって我慢しているんだから」と、感情を抑制するのではないかと思うのです。 しかし、女性は思う存分泣いていました。夫の親族もそれを見て非難する人はいなく、「ああ、お気の毒だねえ」と言うだけ。 私はこの光景を見て、「泣きたい時は泣かせてあげる」という文化は、すごくいいんじゃないかと思ったのです。悲しみの感情を爆発させても誰も非難しない。これが怒りの感情の爆発であれば、また話は変わってくるけど、悲しいときは思う存分、一目を気にせず泣けるというのはいいことだなあと…小学生の息子さんは、ちょっと気の毒な気がしたけど、彼もおそらく母親のその気持ちは受け入れてあげているんだろうと思いました。 泣きたいときは泣いていいんだ。狂ったように泣く女性を見ながら、そう思ったことを思い出します。

      4
      テーマ:
  • 16 Dec
    • 韓国のお葬式

      韓国人の夫の実家から、「おばあちゃんの法事が無事終わりました」の連絡が。完全に忘れていた! 普通はこういうことは、長男の奥さんが取り仕切るようですが、それに当たる私が日本にいるため、義母は息子が結婚したにも関わらず、相変わらず「取り仕切り役」をやってくれています。申し訳ない…お礼に、「ネスカフェゴールドブレンド」を送ろうと思ってます(韓国人に大人気)。 韓国のお葬式に出た方はあまりいらっしゃらないと思うのでその話。と、その前に、私が衝撃を受けた話を… 夫のおばあちゃんは、釜山市内にある病院に入院していて、そこで亡くなったのですが、なんと、葬儀場が病院の地下にあったのです! 病院の地下に葬儀場! これ、日本の感覚では考えられないです。常に地下では誰かのお葬式が行われている、というのを想像しながら入院するって、どんな気分なんでしょうか… 「それ、ひどくないか?!」と夫に言うと、「そのほうが便利やん」との返答。確かに地下に運べばそのままお葬式できるし、葬儀社の人は、病院で契約している人のようで、親族はあれこれ問い合わせたりしなくていいわけだけど…これが韓国人の合理性か。近くても外国。玄界灘は深い、と感じた一瞬でした… 韓国のお葬式は、お通夜、お葬式と分かれていなくて、3日間行われます。親族は基本的に葬儀場泊まり込み。弔問客は基本的に何時に来てもよいので、親族側は休む暇なしです。ただ、基本的に長男や男性陣が弔問客の相手をしていて、女性陣は車座になって焼酎飲んでたりして、非常に韓国的な光景が繰り広げられていました。 服装は、親族の男性は日本と同じく黒のスーツ、女性は葬儀場から白黒のチョゴリが貸し出されるため、割と自由な服装でした。弔問客も暗めの服装であれば良いようで、日本で見るようなにかにも喪服、という格好の人は見かけませんでした。きっちり喪服な私が一番浮いていた気が…靴はどうするか、パールのネックレスは韓国でも大丈夫なのか、といろいろ考えていた私がアホみたいでした… 弔問客は、お棺の近くに設置されているポストみたいなところにお香典を入れ、それぞれの方法でお祈りし、親族に挨拶し、その後葬儀会場で出される食事を食べたり、焼酎飲んだりして帰ります。食事はスープ、チャプチェ、お豆腐料理、数種類のキムチ、ごはんなどで、給食形式で足りなくなったら葬儀社の人が追加しに来てくれます。合理的… ちなみに、「葬儀場では必ずお酒が出る」ため、ホームレスの人がそのお酒目当てに、葬儀場に来ることがよくあるようです。おばあちゃんのお葬式でも、きっちりホームレスの人が一人来ていて、義父が焼酎の瓶一本渡していました。 3日間のお葬式が終わったあとは火葬場へ。韓国の火葬場とお墓は、必ず山の上にあります。そのため韓国人は、日本で「住宅街の中に突如お墓が出現する」という光景を見ると、みんなギョッとします。 火葬場は日本より広く、何十体も一気に火葬できるようになっていて、銀行のように整理番号が配られ、焼きあがったら電光掲示板にポーンと番号が出るしくみでした。合理的… 火葬前にみんなでお祈り。そのとき、今までいろいろお世話してくれていた葬儀場の男性が、いきなり1分ぐらいのお経をあげてくれてビックリしました。韓国では葬儀場の人が、お坊さんの役もするのか?!おばあちゃんは無宗教だったため、お坊さんを呼ぶことはなかったので、無宗教スタイルで今まで進んできたのですが、いきなり加わる仏教テイスト。それにしても、葬儀場の男性はお坊さんを超えるええ声〜で聞き入ってしまいました。 そして火葬後の骨を見てビックリ。サラッサラの粉なのです! したがってお骨拾い、という儀式はなし。日本より高温度で焼かれるということですね。火葬場の人が粉を骨壺にサーっといれ、入りきらない分は、ザーっとその場で処分。まあ、日本もあまった分は廃棄してるわけだけど、この雑さよ… その後お墓へ…となるはずですが、おばあちゃんの遺言により、お墓は作らず山に散骨してほしいとのことだったので、そうすることに。ところが、韓国は山で散骨するのは違法。 そんなわけで、義父、私の夫、その弟は黒いスーツから普段着に着替え、いかにも「ハイキングに来ました」風を装って山へ行き、しれっと散骨してきたようです… カルチャーショック続きだった韓国のお葬式。親族側は日本と同様、睡眠不足になるのは必至ですが、正直日本のようにきっちり儀式ばっておらず、失礼ながら全体的に雑なので、心情的には楽かもしれません。 親族側の必需品はウエットティッシュ。お葬式では葬儀場の人から要所要所で、「ここでお祈りをします」と言われ、そのお祈りというのは、土下座みたいに床に手をつく必要があるのです。みんなが靴を履いている場所でもするため、ウェットティッシュは必須です。もし日本にこの文化がある場合、葬儀場の人が必ず用意していると思いますが、韓国はそういうことはまずないであろう、と想像していたので、持って行って良かったです 以上、韓国のお葬式でした。

      6
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 韓国で革製品を買うときは…

      お友達のお友達が、この時期にソウルに旅行されるとのこと。こんなデモの時期に重なってしまうとは気の毒な…韓国では国の一大イベント、入試が終わったので若い人も今後、どんどんデモに参加することが考えられ、ますますデモの規模が大きくなるのではないかと見られています。 ソウル旅行の目的として、韓流スターの聖地巡り、スパ、オーダーメイドの革製品の購入などがあるかと思います。聖地巡りはしたことないのでわかりませんが、スパについては、相当高級なところを除いて、日本のようなきめ細かいサービスは期待しないほうが楽しめると思います。 そして革製品は、確かに日本より安いし、日本にはないデザインがあるんですが、チェックしてもらいたいのは縫製です。韓国の縫製技術は上がってきていますが、日本製や日本のメーカーがコントロールしている海外工場に比べて粗雑なことが結構あります。私が繊維関係の貿易会社で仕事をしていたから余計気になるのかもしれませんが、買うときは、デザインや質だけではなく、裏もひっくり返してよく見てみてくださいね〜。 ソウルに旅行に行かれる方は、どうぞ気をつけて楽しんできてください。

      3
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 揺れる韓国

      韓国で朴大統領退陣を求めるデモが126万人規模だとか。126万人…?ちょっと前まで、約20万人と言っていた気が…一体どっちが正しいんでしょうか。日本野鳥の会よ、数えてくれ〜! 朴大統領が国家機密を漏らしていたという占い師の女性(父親が統一教会の総帥)、ドイツで会社/財団を設立しまくったり、騎手の娘は最低ランクであるにも関わらず、試合に出られてその間は高級ホテル住まい、しかも大学で欠席が続いていたので教授が成績にFをつけたら、その教授はクビになったとか、すさまじい話が次々と公になっているようです。 韓国のデモの様子を映像で見ると、コンサートのようなものが行われていたり、どうもデモというより「祭り」のような印象を受けました。みんな政府への怒りは確実にあると思うけど、あのような場で「ガス抜き」をしている人もいるんじゃないかと一瞬思ってしまいました。 私の韓国人の夫は、朴大統領が当選した日、くやしさから泣いていました。「これで韓国はますます悪い方向へ走る」。その日、同じように大阪で働いている韓国人の友達と一緒に飲みに出かけ、なじみの韓国料理店で「韓国の未来を語る会」が行われたようです。そんなに政治に関心があるようにも見えなかったので意外でした。そのとき集まった友達は誰一人韓国へ帰国していません。いろいろあるけど、「まだ日本のほうがマシ」だとみんな思っているようです。 世代によっては「大統領の支持率0%」と言われる現在の韓国、一体どうなっていくのか…

      3
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 日本の披露宴&韓国の結婚式

      お友達と、「披露宴なんかやるもんじゃないわ〜」という話になったので、この話題。 私は何回か披露宴付きの結婚式に出席したことがありますが、いつもその長さに辟易していました。ほとんど丸1日かかるため、新郎新婦を始め、親族、ついでに出席者の疲労もパンパじゃないです。遠出の人なら、国内にも関わらず宿泊する必要が出てくる。それも、開催者側が「お足代」として出さなければいけないので、高くつきます。 そして日本の結婚式の場合、細かすぎます。お友達に聞くと、ウェディングプランナーから、招待状の紙の質はどうするか、書体はどうするか、花の種類、色、など細かいところにいたるまで、いちいち聞かれ、電話も頻繁にかかってきたそうで、もうノイローゼになったということです。結婚式までに体力も気力も消耗してしまう。 聞くところによると、全部決まっている「パッケージ商品」はあるものの、低価格のものはやはり貧相。そのため、いろいろ「オプション」を付けるはめになり、最終的には高額になってしまうとのことです。お葬式と一緒やな…結構えげつない。 それに比べると、韓国の結婚式は実にシンプルです。私は釜山で結婚式を挙げたのですが、式自体は、 1、出席者が待つ部屋に、ウェデイングドレスを着て入場する西洋風の式(30分) 司会進行は友人。お祝いの歌を1曲歌ってくれる人がいて、これも友人。新婦からの両親への手紙はなく、新郎新婦で、出席者への感謝の言葉を手短に述べて終了。新郎新婦退場のときは、後ろからバズーカ砲が放たれる(びっくりして、ひぃぃ!と言ってしまいました。事前に言うといてくれ…) 2、韓国式の服に着替えて、伝統的な式(30分)これは式場スタッフが進行する。 という、2部形式。1時間ぐらいであっという間に終了しました。式が終わったら、出席者はビッフェ形式の食事ルームに移動。各自、好きな席につき、好き勝手に食べて、お腹いっぱいになった人から帰るという、非常に合理的なシステムです。 そのため、食事ルームにいるお客さんたちが、自分たちのお客なのか、自分たちより前に結婚式を挙げた人のお客なのか、よくわからないということが起こります。ちなみに、食事代は出席者が何人であろうと、問答無用で100人分出ます(料金固定)。 このように式は1時間回しのため、式場スタッフは常にパニック状態。もちろん、お花も使いまわし。 この式を挙げる前、別の日に、結婚記念の写真撮影がありました。カメラマンが実に細かくポーズを指示する。そして200枚以上写真を撮って、それを全部データで送ってくれ、「アルバム用と額縁付き用に20枚、写真を選ぶように」と言われるんですが、200枚以上ある中から自分たちばっかり写った写真を選ぶのは、実に吐きそうになります。選んだ写真は、いくらでも修正可能。足を細くする、色白にする、目を大きくするなど当たり前で、実に別人のようになります(もちろん、そのままで良ければ、修正依頼しなくてOK)。 費用は、写真撮影と式、全部合わせて60万円ぐらいだったかと。これに、日本から友達を呼ぶとなると「お足代」が出て、ホテルの手配など大変ですが…結果的に、費用はご祝儀で黒字になりました。 結婚式で見栄を張りたい!という場合は、決してそれを満足させてくれる結婚式ではないですが、そうでない場合、韓国式のほうがシンプルでいいんじゃないかな〜と思いまます。日本で韓国式の結婚式のパッケージがあったら、受けるんじゃないだろうか…何より「すぐ終わる」のがよろしい。冠婚葬祭は、「ちょっと短かったかな」ぐらいでちょうどいいです。 

      5
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 船は沈む、地震は来る…

      日本で報道されるのはかなり遅かったけど、韓国の慶州(キョンジュ)でM5.8の地震がありました。夫の実家(釜山)から、「結構揺れた!」と電話が。ちなみに、済州島に住んでいる夫の友達は、「壁にかけていた時計が落ちてきてビビった」とか…済州島まで揺れたんかい!とびっくり。 慶州は奈良と姉妹都市で、お互い古都です。であれば、奈良なみに風水で選んでいて、災害少ないはずなんですが、なんでよりによって慶州… 慶州は奈良と同様、今も遺跡がザクザク出るし、建築基準も厳しいので、そんなに高層アパートがないのです。だからまだ被害が少なかった。これが万が一、釜山やソウルにきたら最悪です。あちらでは「地震はない」ことを前提に建てている(としか思えない)ので、日本では考えられないようなハイライズが多いのです。 韓国政府は「耐震には問題ない」と言っているようですが、多分誰も信じてない… おそらく、まともな地震を体験したのは初めて、という韓国人が大半だったはずです。なので、地震とは思わず、「北朝鮮がミサイル打ったか!?」と思った人だって多かったはず。 最近受難続きの韓国。少し前には、韓国最大手、世界第7位の韓進(ハンジン)という海運会社が倒産。この会社、もちろん財閥系ですが、あの大韓航空と同じ財閥なのです。大韓航空は、JAL同様、ナショナルフラッグだから倒産することはまずない、と思われていますが、その系列会社とも言える海運会社が倒産するとは、かなり衝撃です。 不払いを恐れて、韓進の船を入港させないという事態が世界各国で起きているようで… なんだか不幸な出来事が続く韓国。大丈夫なんだろうか…  

      テーマ:
  • 25 Aug
    • 祖父の話

      母方の祖父の話。 母の実家は農村地帯にあり、非常に保守的で閉鎖的なところだったらしい(多分今もそう)。そして、その村の中に朝鮮人部落があった。彼らは日本人から差別されていて、お互い交流はなかったとのこと。 ところがうちの祖父は、彼らと普通に付き合っていたらしい。そんな日本人は、村で祖父だけだった。 その朝鮮人部落でお葬式があった。祖父は村の中で唯一、お葬式に招待された日本人だった。 祖父は朝鮮式のお葬式がどういうものか分からず、何を着て行っていいかも分からなかったので、とりあえず紋付袴の正装で、お香典を持って出席したらしい。 招待したものの、朝鮮人部落の人たちは祖父が来るとは思っていなかったらしく、正装であらわれた祖父を大歓迎してくれた。のちに祖父は家族に、「朝鮮の人は、葬式で号泣する。日本人のように悲しみを抑えるということはない。」としみじみ語った。。。 というのが、亡き母親から聞いた話。 祖父はずっと田舎に住んでいたため、手紙のやりとりくらいであまり会えることはなく(母と祖父が仲が悪かった、というのもある)、直接いろんな話を聞く機会はなく、祖父は私が小学生のときに亡くなった。 だから私が祖父について知っていることはあまりないけど、この話を思い出すたびに、なんだか胸が熱くなる。当時、村八分が普通だったド田舎で、朝鮮人部落の人と付き合うと、自分が日本人から差別される恐れがあったと思う。またお葬式に行ったとなると、すぐその噂は村じゅうに広がって、あれやこれやと言われたりしたのではないか。 そういうのを意に介さず、行動した祖父はえらいと思う。どうやら戦争中は、鬼畜英米で、典型的な天皇崇拝者だったらしいけど、その一方で、隠れて英語を勉強していたらしい。当時、日本語の読み書きさえ、できる人が少なかった村で、英語までやる人はおそらく彼以外いなかったのではないか。 実は祖父は非常にバランスの取れた人だったのではないか、と今は思う。 私が高校生のときにニュージーランドに留学したとき、親族は一様に驚いた。英語や海外に興味のある人は、誰一人いなかったから。また私が一貫して英語に関する仕事についているのも、親族は、「両親は英語できないし、海外にも興味ないのに、あの子だけ何でやろねえ」と不思議そうだった。 私もよく分からないけど、もしかして祖父の血なのではないか、と思うことがある。私が昔から英語に興味があったのも、韓国人と縁があって結婚したのも、そうじゃないかと。 祖父が今生きていたら、英語を勉強して、外国に行きたいと願ったかもれない。しかし、彼が生まれた場所はあまりに田舎すぎ、生まれた時代は過酷すぎた。 祖父ができなかったことを、今の私はできる。それは普段は気付かないけど、とても幸運なことだと思う。   

      2
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 整形天国

      最近TSUTAYAで、韓国のグループ、BIG BANGのポスターを見ました。 全員、顔変わっとるがな  もともと一重だった目がバッチリ二重。これはメイクやスタイリングのせいではなく、もはや別人レベル。 もともと、あのグループのコンセプトは、「容姿はイマイチだけど、歌は圧倒的に上手い」というものではなかったか。プロデューサーは、歌を重視してオーディションをしていたはず。 まあ整形は、韓国の芸能界のお約束かもしれないけど。。。韓国では、「歌が上手ければ、顔は変えられるので大丈夫」と思われている節があります。その結果、みんな似てきて個性がなくなる。 不思議なのは、うちの韓国人の夫が、芸能人が「整形している」という事実にあまり気づかないこと。 私が「この人、めっちゃ整形してるやん!」と言っても、「え?そう?」。 もともと、そういうことに気付きにくいのか、もはや整形顔がデフォルトになっているのか。。。謎です。      

      1
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 顔合わせ

      韓国人の夫の弟が、両親に現在付き合っている彼女を紹介することになり、弟、彼女、弟の両親の4人で、ソウルで顔合わせをしたようです。 どんな感じだったかは、私は直接聞けていないのですが、父親と話した夫によると、この会食の際、選ばれたのが「蟹料理」のお店 なんで蟹やねん!蟹なんて、ほじくるのに大変でみんな無言になるから、会話どころではないではないか~! そういうと、夫は「蟹美味しいし~」と、特に気にしていない様子。どうやら、みんなでさんざん、蟹の身をほじくり、蟹味噌を食べて、満足して終わったよう。 しかし、蟹か。。。とまだ釈然としていないのは私だけか。。。日本ならこういう場合、蟹は選ばないと思うんだけど、どうなんでしょうね。。。 ちなみに、韓国に「ポハン」という漁港があり、この町は蟹で栄えています。町のいたるところに、大阪の蟹道楽みたいな巨大な模型があり、蟹博物館まで存在しています。 ただ、この町に行くのは、飛行機や電車では困難で車で行くしかない。国内の「蟹ツアー」の大型バスがたくさん停まっていました。私は友達の車で行ったのですが、「日本から来た」とお店の人に言うと、「ええっ!どうやって?!」って驚かれました。 レストランの水槽にいるたくさんの蟹の中から、好きなものを選んで、それを調理してくれます。一番高いのが韓国産、次に北朝鮮産、最後に中国産。つまりどこの領海で取れたかの差で、中国産が安いのは、「海が汚染されているから」のようですが。。。北朝鮮もあのとき核実験に失敗していたとしたら、その水が地下水を通って海に。。。とか考えると、もうキリがないので、結局勧められた韓国産を食べました。 蟹は心から美味しかったです。みんな無言で食べてました。レストランにいる人、ほぼみんな無言。。。   

      9
      2
      テーマ:

プロフィール

chica

性別:
女性
誕生日:
1979年
血液型:
B型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
友人、知人から、英語学習や資格、転職、婚活についてよく相談されるため、ブログにまとめることにしました...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
204858 位
総合月間
109124 位
資格・キャリア
1226 位
英語・英会話
456 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。