• 25 Nov
    • 社会人で英語ができる人の特徴

      私は一貫して外国と関わる仕事を選んできたので、一緒に働く人は、英語やその他の外国語ができる日本人(もしくは外国人)でした。 そういう人たちを見ていて確信したのは、仕事で英語が使えるレベル(というのはこの場合、今自分が担当している仕事をすべて英語でできる、ということ)に達している人はみんな、社会人になってから必死で勉強した人だということです。 学生時代、留学していた人も多くいます。しかし、社会人になって、「仕事で英語が使えるレベル」に達するには、学生時代に勉強した英語だけでは対応できないのです。 学生時代はアカデミックな英語です。対して、会社で使うのは、最終的に利益を生むことにつながる業務で使用する英語であり、方向性がまるで違います。なので単語からして違ってくるわけです。ビジネス系の学部に留学していた場合、会社で応用できることもありますが、それでもどの業界に入るかで、単語や専門知識は変わってくるため、勉強のし直しが必要です。 留学していた場合、英語に慣れている、また、外国文化を肌で熟知しているというメリットは確かにあるものの、それだけだと、なかなか仕事で対応できる英語レベルには持っていけないのが実情です。 私の友達で、学生時代に留学経験があり、現在、仕事で英語を日常的に使っている人たちは、社会人になってからも継続して勉強してきた人ばかりです。 また留学経験がない人は、社会人になってから英語の必要性を痛感し、一から勉強しなおした、という人です。私は、てっきり海外の理系学部を卒業してエンジニアになったんだろうと思っていた同僚が、実は二十代後半まで全然英語ができず、そこから一念発起して英語を勉強した人だったということがあります。彼の英語はネイティブがびっくりするぐらい完璧でしたが、それでも彼は継続して英語を勉強していました。もう彼に出会えただけでも、あの会社に雇ってもらえた意味があったと思うぐらいです。 あのとき留学しておけばよかった、と後悔している方にたまに会いますが、私はそんなに嘆く必要はないと思います。 思い立ったが吉日、社会人になってからでも遅くはないので、継続して勉強していたら、必ず結果は出ると思います

      8
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 英語を使う仕事に転職する場合

      友達から、 「現在、一般事務の仕事をしている女性がいて、英語を使う事務の仕事への転職を考えている。お給料も上げたい。現在のTOEICは600点台。そのため、800点に上げてから転職活動をしようと思っているらしいが、どう思うか?」 という相談がありました。 結論から言うと、800点に上がるのを待たずに、とりあえず「英語を使う仕事」の業界へ潜り込むほうがいいと思います。 転職時はTOEICの点数より仕事経験のほうが重視されます。いくら点数が高くても、仕事の経験がない、もしくは活かせそうな経験がないと、採用する側は躊躇します。 たとえ600点台であったとしても、前職で似たような業界にいた場合、採用される可能性は高いのです。私自身の、そして私の友達の転職活動について聞いても、これはみんなそうでした。ちなみに私は英検準1級しかないんですが、「英検1級」が求められている仕事に採用されて働いていました。前職が英語を頻繁に使用する仕事だったので、「まあいけるんじゃないか」となったようです。 なのでこの方の場合、600点台でも狙える貿易事務や物流の仕事を、とりあえず派遣でもなんでもいいのでやってみる。この際、お給料は低くなりますが、それは経験を積むためと思って割り切ることも必要です。そして、仕事をしながら専門知識や英語を身につけ、次により専門性が高く、お給料が高いところを狙うのです。経験がない場合は、2段階ぐらいにわけて考えるほうが建設的です。 たとえ、そのとりあえずついてみた仕事が、「あまり英語を使う仕事じゃなかった」としても、「その業界にいる」というメリットはあります。盗めそうな知識や技術があれば、在職中に勉強して、次に活かせばいいわけです。 この方のように、「TOEICの点が上がってから転職」と言う方は多くいらっしゃいますが、点数で採用されるということはまずありません。あくまでもTOEICは目安にしているだけであって、何より大切なのは経験です。 もし、「TOEICのスコアが高ければ、経験なくてもOK」な会社があったとしたら、ちょっと気をつけたほうがいいです。講師職によくありますが、「うちの学校の先生はみんなTOEIC900点以上です」ということを言いたいがために、点数を重視しているという会社はあります。その会社が研修をきちっとしているならまだいいですが、そうでない場合、もし採用されても困るのは自分です。 あなたの転職、応援してます  

      7
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 英語を活かす仕事につくために

      せっかく勉強した英語を活かした仕事をしたい!と思われている方は多いと思います。 このような場合、そのような仕事が発生する場所にいる、というのがかなり重要です。 英語を活かす仕事が多いのは、圧倒的に東京です。大阪にもありますが、比較になりません。 もちろん、地方ならではの仕事もあることはあります。けれど数は限られます。 大阪に住んでいる私が言うのもなんですが、もしどうしても英語を活かす仕事をしたい場合、東京に出られないか、考えてみてください。大阪人は、東京に対抗心があるからか、標準語アレルギーがあるからなのか、なかなか東京に出て行きません。大阪で十分やわ、と思っている人が大半です。 しかし、なんだかんだいって、一流は東京に集まるし、政治、文化、経済の中心は東京なので、東京で働くメリットは大きいのです。 このまま地方で仕事をする、せざるを得ないという方でも、一度、仕事の検索を東京でかけてみてください。「こんなに求人があるのか!」「こんな仕事があるなんて!」と新鮮で、参考になるヒントがきっとあると思います。

      2
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 貿易事務、海外営業事務の注意点

      女性の場合、英語を活かす仕事で有名なのが、貿易事務、海外営業事務です。 貿易事務は輸出入の流れの中のどこかに関わる仕事で、海外貿易事務、というのは営業事務+海外取引のサポート、という仕事です。 どの仕事も、TOEICは600点ぐらいから募集しています。英語の使用頻度が高いのは700点以上が目安です。 一般事務の仕事をしていて、何かスキルを身につけたいという方は、TOEICの点を上げて、貿易実務検定を取得していれば、入って行きやすい仕事です。英語はどの程度できればいいのかはその会社によりますが、貿易に関わった経験がない場合、まずはTOEICの点を上げておいて、応募書類で足切りされないようにしておくのがいいと思います。 貿易事務、海外営業事務の仕事をしているのは、多くが女性です。この仕事の注意点は、「英語ができない営業男性の下につくことが大半である」ということ。 場合によっては、貿易の知識がなく、営業事務が何の仕事をしているのかさえ理解していない営業男性の下につく、ということもありえます。 私の知る限り、企業の規模に関わらず、「英語も貿易実務も知らない男性の下に、英語ができて貿易実務がわかっている女性がつくことで、会社が回っている」ことが大半です。 外資系の場合、事情は多少違うことがありますが、日系の場合はほぼそうである、という事情を、仕事を始める前に知っておいたほうがいいと思います。 最初は、「大好きな英語を活かした仕事につけた」とHappyモードでも、だんだん、自分がサポートしている営業男性に、フラストレーションがつのるようになります。貿易のことをいちいち説明しないといけなかったり、簡単な英語のメールでも自分で送らず押し付けてくる男性に対してイライラしたり、結局男性ができないので自分が全てやることになるのに、お給料は男性のほうが上、という事実に、不公平感を抱くようになります。 サポートする営業男性が貿易を理解しており、英語もできる、という場合もあります。私は外資に入って初めて、そういう男性がいると知りました。ただ、それは非常に稀である、と考えているほうが現実に絶望しなくてすみます。 追記:そんな仕事は嫌だ、けど、貿易実務に関わりたい!という方は、ぜひ海外営業を目指してみてください。多くの場合、輸出に関わるほうが英語力が伸びます。輸入の場合、自分がお客さんなので、下手な英語でも取引先が合わせてくれますが、輸出の場合、自分から売っていかなければいけないので、必死さが違います。    

      3
      テーマ:
  • 29 Feb
    • 英語を活かす仕事、の注意点

      派遣の求人案内でよく、「英語力活かしたい方にオススメ。TOEIC600点以上」という文言を見ます。 こういう場合、職場での英語使用度は、ほぼゼロに近い、と思っておいたほうがよいです。 せいぜい海外から電話がたまにかかってくるとか、書類が英語のものがあるとかその程度。 800点以上と書いてあれば、まあまあ使用頻度は高いのかな、と思っていいと思います。気になる場合は、日本語と英語の使用頻度は何対何か、先方に確認しておかれるとよいと思います。 なぜ「英語力を活かしたい方にオススメ」と書くかというと、こう書くと応募者が集まりやすいからです。 英語使用頻度の高い職場で働きたいという方で、TOEIC700点以上ある場合、「600点以上」と書いている仕事に応募するのは、期待外れということになります。 もちろん一概には言えないですが、客寄せ求人は多いので、「自分が持っているスコアより、ちょっと高めの求人をねらう」というのはオススメです。      

      2
      テーマ:

プロフィール

chica

性別:
女性
誕生日:
1979年
血液型:
B型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
友人、知人から、英語学習や資格、転職、婚活についてよく相談されるため、ブログにまとめることにしました...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
139391 位
総合月間
78517 位
資格・キャリア
884 位
英語・英会話
304 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。