• 23 Mar
    • TOEICの勉強法

      TOEICを受ける方のほとんどは、過去最高点を出す、という目標の方が多いと思います。その場合、一般的な英語の勉強法(海外ドラマを見るとか、文法書の問題を解いていくとか、ネイティブとの英会話レッスンとか)はいったん脇に置いて、TOEICの試験用の勉強を、少なくとも試験の2週間前から始めるほうがよいと思います。 一般的な英語の勉強だけしていても、TOEICの点は上がりません。試験直前になったら、試験対策に切り替えていくことが必要です。 一番点が上がるのは、公式問題集を時間を計って解くことです。試験時間は2時間。リーディングの問題は、残り時間5分前に解くことを目標にします。 TOEICは英語力というより、事務処理能力をはかる試験です。そのため、必要な情報を記憶できる、取りに行ける、という能力が必要です。これは慣れなので、本番の試験に近い形で問題を解いた回数が多ければ多いほど、試験には有利です。 社会人の場合、まず机の前に2時間座る時間を取るのが困難です。しかし、これを試験前に1回でもやっておくと、全然当日のパフォーマンスが違います。 次のTOEICは4月10日。受験される方、頑張って下さい~。応援しています。

      3
      2
      テーマ:
  • 28 Feb
    • TOEICの点数を上げる方法

      英語の試験で、就職、転職に最もよく使われているのがTOEICです。 アメリカの会社が作成していますが、実際に広く使われているのは日本と韓国ぐらい。この2国以外の国では、ほぼ無名の存在といってもいいくらい、知られていません。 しかしながら、日本で就職、転職する際は、英語力の証明として一番出しやすい資格です。なんといっても一番知られているし、頻繁に試験があるので受けやすいです。 TOEICは英語力を測るもの、と一般には思われています。しかし、私や今までTOEICを数回受けたことがある友人の実感は、「英語力というより、むしろ事務処理能力を測る試験」。 問題数が多いため、必要な情報のみ集中的に記憶する、またピックアップしていく、という能力が必要です。 前半のリスニングだけでかなり疲れるのに、後半のリーディングの量が多いため、とにかくガンガン解いていかなければ、制限時間に終わりません。体力も必要。 また、接客業や営業といった、「仕事で2時間机の前に座っていることが、ほとんどない」方にとっては、あの座りっぱなしの時間は苦痛です。 TOEICは事務処理能力が高い方であれば、有利な試験です。逆に英語力がある程度あっても、事務処理能力があまりなければ、なかなか点を伸ばすのは難しい。 点が伸び悩んでいる方の場合、事務処理能力という観点から、対策を考えていった方がいいかもしれません。 点数を上げるためには、高額ですが公式問題集が一番いいです。単語も文法も、この公式問題集に出ているものから覚えていくのが、近道です。実際の試験と同じ書体、同じサイズの紙、という形式に慣れておくほうが、本番の試験のとき、戸惑わないですみます。    

      2
      テーマ:

プロフィール

chica

性別:
女性
血液型:
B型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
友人、知人から英語学習や転職についてよく相談されるため、ブログにまとめることにしました。どなたかの参...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

資格・キャリア
431 位
英語・英会話
133 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。