• 14 Jan
    • インドのビックリニュース

      インドのお医者さんが、500キロあるエジプト人の女性の肥満治療手術をすることになったようです。詳細こちら。 この女性は、生まれた時すでに5キロ。11歳から太り始めたとのことで、現在世界最大の女性ではないかと言われているよう。 彼女をエジプトから、ムンバイの病院に運ぶため、貨物チャーター機(!)が使用される予定。この渡航費用は、オペ担当のインドのお医者さんが募金活動を始め、集まったお金。彼女は、1人で渡航できないという理由で、最初ビザ発給を断られたようですが、このことをお医者さんがインドの外務大臣に助けてくれ〜!とツイート。無事ビザが発給されたようです。よい時代だ… また、彼女の手術と治療のため、受け入れ側の病院は、日本円で約3000万円かけて施設を建設! インド、凄いですね。人道的な意味ももちろんあるけど、これを機に肥満治療手術が必要な患者を、国内外から次々受け入れていく予定なんだと思います。オペ担当のお医者さんはこの分野の権威。成功すれば、インドの外科手術の高さを証明するよい機会になります。 何より、手術が成功して、25年間寝たきりだったこの女性が、外の世界を、ずっと看病し続けていた家族と一緒に楽しめるようになれたら…と思います。  

      7
      テーマ:
  • 31 Dec
    • ウォーターサーバー

      家にウォーターサーバーが来たようです。横幅30センチのコンパクトサイズ。何よりいいのは、水のタンクをよっこらしょ、と、上に取り付けなくてもよいこと。下に水のタンクを設置して、引き上げる仕組みです。 夫に、ウォーターサーバーのお水はどう?と聞くと、「冷たい」。そんなん分かっとるわ! 味ですよ、味!と聞くと、あ、美味しいと思う、とのこと。 そしてそのお水を水筒にいれて持ってきてくれました。中々美味しかったです。あー、良かった。 ちなみにコスモウォーターというメーカーです。レンタル料金やメンテナンス料金がかからず、お水代のみ。お水も3種類から選べます。もちろんお湯も出ます〜。

      6
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 専業主婦 vs 兼業主婦

      退職後、妊娠が発覚してそのまま働かず専業主婦になってから数ヶ月。最初のころは、会社に行かなくなった自分が不思議で、その後、稼いでいない自分に対して罪悪感が出てきたりしましたが、今は比較的穏やかな気持ちでおります… 自分が専業主婦になってからというもの、ニュースでもやたら、専業主婦に関する話題が目につくようになりました。兼業主婦だったときはそんなことなかったのに不思議なものです そしてよく見るのは、「専業主婦 vs 兼業主婦」という構図。一般的に、専業主婦のほうが「ヒマ」と思われており、専業主婦だって忙しいんだ!という主張に対して、何を言うとんねん、兼業主婦のほうが明らかに忙しくて大変やわ!という喧嘩になっているように見受けられます。 私はこのような戦いは本当に無意味だと思っています。なぜなら誰一人、同じ境遇の人はいないし、事情はそれぞれ違うわけです。ざっくりとしたカテゴリー二つに分けてお互いを攻撃するなど、生まれるのは疲労感とさらなるストレスしかないのではないか。 私が思うに、どちらが忙しいか、ということに関しては、夫が存在する場合、夫の協力が大きいのです。夫が家事や育児や介護、近所や親戚付き合い、冠婚葬祭の事務手続きなどに非協力的な場合、問答無用で負担は妻にかかってくる。 逆に、夫が協力的な場合、妻が専業主婦であろうが兼業主婦であろうが、妻は「自分だけが忙しい=不公平」とは思わないで済むため、体力的にも精神的にも楽なのです。 大事なのは夫と妻の関係性であって、専業主婦と兼業主婦の対立は、結局のところ、夫への不満ではないか。 夫がいない場合また話は変わってくるんですが、両者の対立でいつも気になるのは、「圧倒的な夫の不在感」です。 夫がもっとしっかりしていたら、妻たちは、自分は専業主婦だから、兼業主婦だから、と争わなくてもいいのではないか? つまりは、夫たちよ、もうちょっとしっかりしろ、円満な夫婦関係には類まれな努力が必要なのだ、と言いたい今日この頃です。

      11
      テーマ:
  • 13 Oct
    • なぜ日本の会社はクビにしないのか?2

      前回の続き。 「なぜ日本の会社は、就労意欲がなく、全然仕事ができない困った人を放置し、その人のカバーを必死にしている仕事のできる人たちを守らないのか?」 いろんなお友達とこの話題について話した結果、 「結局、上司が責任を取りたがらないから」 ということに流れ着くようです 上司が部下からの訴えを真摯に聞いて、適切に動いてくれるのであれば、困った人はなんとかなるはずなのです。なんともならない場合、クビということになる。日本の会社では、そんな簡単にクビにできないよ、と思われていますが、日本にある外資系の会社では本国同様、割と簡単に切ります。だから切れないはずがないのです。私が直近で働いていた会社では、支店長であろうが、社長であろうが、降格になったりクビになったりしてました。 ではなぜ日本の会社(限りなく日系に近い名ばかり外資も含む)は切れないのか、と考えると、これはやはり、上司が困った人への対処に責任感を感じていないから、もしくは、なんとか責任逃れしたいから、ということにつきると思います。 私や私の友達の社会人経験から言っても、困った人をなんとかしない上司がほとんど。のらりくらりと、部下からの訴えをかわすだけ。もっとひどい人になると、自分も一緒に部下と一緒に文句を言って終わりです。 この「責任のがれ体質」は日本の病理の一つで、もはやお家芸、伝統芸のようになっていると思います。政治家は都合が悪くなると「記憶にない」と言うし、TEPCOはいまだに倒産していない。よくよく考えると何千年も前からそうで、女帝を立ててその後ろで好き勝手していた中大兄皇子も、またその中大兄皇子を操っていた藤原鎌足も、結局のところ、自分で責任を取らず誰かに取らせるという方法で、常に自分は安全圏において「責任逃れ」をしてきたのです。 日本人は、権力者かどうかに関わらず、「自分の中には責任逃れ体質のDNAが流れている」と自覚して、物事に当たるほうがよいのではないか。 まずここから始まるんじゃないか?と思う今日この頃です。

      3
      4
      テーマ:

プロフィール

chica

性別:
女性
誕生日:
1979年
血液型:
B型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
友人、知人から、英語学習や資格、転職についてよく相談されるため、ブログにまとめることにしました。どな...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
57102 位
総合月間
78517 位
資格・キャリア
350 位
英語・英会話
118 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。