• 18 Jan
    • 「マーガレット・サッチャー」

       マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 スペシャル・プライス [DVD]1,296円Amazon「マーガレット・サッチャー」を見ました。亡くなる前は認知症を患っていた彼女が、過去を回想するスタイルで物語が進行します。 詳細は映画を見ていただくとして、全編にみなぎるサッチャーの「信念」に圧倒されます。中でも英国領フォークランド諸島をアルゼンチンに攻撃されたときの彼女の決断の素早さ。アルゼンチン軍をどうするか、と部下に問われたとき、たった一言、"Sink it."(沈めなさい)。2万キロ離れていようが、英国人がわずかしか住んでいなかろうが、英国領は英国領。そう、領土を守るとはこういうことなのだ、と思った人は多いのではないでしょうか。 彼女がユーロ加盟に断固反対したことで、閣僚がどんどん離れたと言われています。しかし、今彼女の決断に感謝している英国人は多いはずです。歴史の勉強にも最適です。 追記:この映画を見て、彼女に男女2人の双子のお子さんがいたことを初めて知りました。サッチャーを演じたのはメリル・ストリープ。イギリス発音が素晴らしいです。やはり音楽を本格的に学んだ人は違うのか。見事です。 

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 「プラダを着た悪魔」

      全国的に気温が低いようですね。入院してると全く分からず… ネット通販で買った米軍御用達の耳せんを買ってから、夜だいぶ寝られるようになりました。さすが米軍御用達!しかし、夜になるとお腹の中で双子が遠心分離機みたいに回るので、その度に起きて眠りは浅いです。昼寝たいんだけど、いろいろ検査もあるし、隣の大イビキさんは昼間でもすごいイビキと寝言だし、なかなか寝るのは難しい状況です。この方のだんなさんは、今、安眠できているに違いない… 騒音シャットアウト対策も兼ねて、映画を見てみました。今更ですが、「プラダを着た悪魔」。 優秀だけどダサかったジャーナリスト志望の主人公が、ひょんなことから一流のファッション雑誌の編集長のアシスタントに。そこからガンガン洗練されていき、一流の人たちとの出会いにより、今までの生活が一変するというストーリー。 仕事が上手く行き始めると、プライベートが荒れだす。バランスに悩む登場人物たち。最終的に、主人公は自分が一番望んでいた場所にたどり着く。ラストは巷で賛否両論だったようですが、主人公にとっての幸せを主人公自身が選択したのは、素晴らしいと思いました。 私が一番共感したのは、主人公の同僚のエミリーが入院したときの病院食。さすがアメリカ、どう見ても日本の倍はあります!そして、チョコレートムースみたいなのも食べてます!いくら外科とはいえ、それを入院患者に出すのか。さすがアメリカ… 絢爛豪華なハイブランドの衣装を堪能できるので、目の保養に最適です。 プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]1,490円Amazon    

      9
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 婚活

      私の周りで婚活をしている人が何人かいて、時々相談を受けるのでこの話題。 相手の男性が、高収入そうな職業であるかどうかを気にする方は多いですが、私はこだわらないほうがよいと思います。 なぜなら、弁護士だって最近は過剰気味で、よっぽど営業力がないと仕事を得るのは難しいし、医者でも開業医だとえらい借金を背負うので、家族一丸で病院経営することになるし、いきなり「アフリカに医療活動に行きたい」などと言われたら、どうでしょうか。私は実際こういう方を知っています。それに、以前、法律関係の仕事があったとき、DV男は医学部生や医者が多かったので、相手がお医者さん、というだけで、いいかも!となってしまう風潮はどうか、と思っています。もちろん、よいお医者さんだって多いし、そうでないと困るわけだけど、職業が高収入そう、というだけで飛びつくと、痛い目にあいます。 その男性が今している仕事が好きで得意であれば、ある程度実績は伸ばしていけるし、それが評価され、自信になるので、こういう男性は独特の静かなオーラがあります。生活のためにしたくないけど仕事やってます、という人とは明らかに違う。偉そうにしないし、口八丁手八丁な軽さもありません。ぜひこういう人を選んでほしいです。 婚活している方、応援してます。  

      7
      2
      テーマ:
  • 14 Jan
    • インドのビックリニュース

      インドのお医者さんが、500キロあるエジプト人の女性の肥満治療手術をすることになったようです。詳細こちら。 この女性は、生まれた時すでに5キロ。11歳から太り始めたとのことで、現在世界最大の女性ではないかと言われているよう。 彼女をエジプトから、ムンバイの病院に運ぶため、貨物チャーター機(!)が使用される予定。この渡航費用は、オペ担当のインドのお医者さんが募金活動を始め、集まったお金。彼女は、1人で渡航できないという理由で、最初ビザ発給を断られたようですが、このことをお医者さんがインドの外務大臣に助けてくれ〜!とツイート。無事ビザが発給されたようです。よい時代だ… また、彼女の手術と治療のため、受け入れ側の病院は、日本円で約3000万円かけて施設を建設! インド、凄いですね。人道的な意味ももちろんあるけど、これを機に肥満治療手術が必要な患者を、国内外から次々受け入れていく予定なんだと思います。オペ担当のお医者さんはこの分野の権威。成功すれば、インドの外科手術の高さを証明するよい機会になります。 何より、手術が成功して、25年間寝たきりだったこの女性が、外の世界を、ずっと看病し続けていた家族と一緒に楽しめるようになれたら…と思います。  

      7
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 管理入院3週間目

      双子妊娠8ヶ月、管理入院して3週間が過ぎました。 24時間点滴中。私は血管が太いので見つけやすく、看護婦さんに喜ばれています。細い人は、健康診断のときの採血でさえ大変なようです。前の同僚の女性が二人、非常に細い血管の持ち主で、手の甲から採血されたことがあるそうで、もう想像しただけで、めまいが。一番皮膚の薄いとこですよー! 双子は、男の子が現在1200グラム。女の子が1300グラム。派手に動くのは男の子の方です。動きすぎて、夜寝てたら骨盤がばんっ!と飛び上がるときがあって、地震か?!と目が覚めます。 同室の女性たちは、胎児により圧迫された内臓で便秘気味のため、薬を処方されているようです。が、私はそんなこともなく…双子だから、余計圧迫されてるはずなんだけど…健康すぎる腸です。 そして、病室に新しい方が入られたのですが、この方、イビキがすごいのです!正直、人間とは思えないほど。また、寝言も具体的で奇声を上げるので、もうスティーブン・キングの世界です。 普段、ドラッグストアで買ってきてもらった耳せんをして寝てますが、それでは追いつかず。ネットで米軍御用達の耳せんを買ったので、夫に持ってきてもらうことにしました。このイビキのすごい方、看護婦さんと話した直後、もう大イビキで寝ているのです。人間ってこんな瞬間的に寝られるもんなんだと、驚きです。ちょっと羨ましいです… 

      9
      テーマ:
  • 10 Jan
    • なんだかため息が…

      引き続き管理入院中。面会は、談話室みたいなところに行ってすることになっています。そこで、入院している女性たちと、その家族の穏やかな会話風景を見ると、「あ~、まとも会話が成立する家族もあるのだなあ」と感慨深いものがあります。 また、同室の女性が、「出産後は実家に帰る」と看護婦さんに話していて、看護婦さんが、「そうですよね、手伝ってもらわないと難しいところありますもんね」と話し、女性が、「そうなんです。しばらくは楽したいので…」と言っているのを聞いて、そうか、実家を頼りにしている人は結構多いか、と思ったりしました。 私の場合、父親は、叔母や私の夫を車に乗せて面会には来てくれるものの、体調はどうかとか、検査の結果を聞くでもなく、携帯をいじって黙っているだけ。1時間以上駐車すると、100円駐車料金が発生するので、それが惜しいのか、「あと5分で出る!」と、みんなを急き立てて帰る始末。 まあ今に始まったことじゃないけど、本当に無関心というか、思いやりというのが無いんだなあと思います。 しかし、よくよく考えてみると、去年亡くなった私の母親も同様で、私が引っ越しやら、結婚やら、結婚式やら、いろんなイベントがあるたびに、「お母さんは体調が悪いから何も手伝えない」旨、エクスキューズの電話が来ていたのです。切々といかに体調が悪いかを訴え始めるので、もう面倒になり、はい、お大事に、と早々に電話を切っていました。 結局母親は、当時、夫に内緒でビールを買いに行く体力はあったにも関わらず、私の結婚式には来ませんでした(母親は長年のアル中がたたって、肝不全で亡くなりました)。 こんな感じだったので、私は昔から、心理的に親を頼ろうと思ったことがないのです。学費は出してくれたので、それはありがたかったですが、社会人になってからは、経済的な援助は皆無。そんなもんだと思っていたので、友達から親が結婚式の費用を出してくれたとか、マンションの頭金を援助してくれたとかいう話を聞くと、ええっ、そんな親いるのか!と、本気でビックリしたのです。私の母親は、私に、自分がアル中で入院したときの費用50万を出してくれと言ってきたぐらいなので(高額医療費制度のことを教え、父親に手続きしてもらい、私は払いませんでした)、もう信じられなかったのです。 他にもネタは尽きませんが、毒親、というぐらい強烈なことはなかったものの、一人娘に対して、割と無関心な両親だったので、世間でほのぼのとした親子関係が繰り広げられているのを見ると、いいなあと羨ましくなります。 しかしながら、私が幸運だったのは、両親とは縁がなかったものの、その他の親族は、あんな親でchicaちゃんが気の毒や、といろいろ手伝ってくれたり、私の父親に説教してくれたりと、味方になってくれる人が多いことです。 また夫やその家族も親切で、いつも体調を気にかけてくれるし、検査はどうだったかと、まめにメールをくれます。実の父親からは、一切来ないのにねえ。全くの他人なのに、この差… 総合的に考えると、私は恵まれている、と感じているのですが、それでも、他のほのぼの家族を見ると、ため息が出てしまう今日この頃です。 隣の芝生は常に真っ青なのかも…               

      8
      テーマ:
  • 07 Jan
    • Courseraのコース終了

      管理入院中に始めたCourseraのコースを終了しました。受けていた英語のコースの詳細はこちら。 5週間のコースなのに、1週間ほどで終わったあたり、いかに時間があるかが分かるかと…時間はあるものの、夜は双子が遠心分離機みたいに動くので寝られず、昼間寝て腰が痛くなってきたタイミングで起きて、ちょこちょこやっていました。なので5週間、と設定されているけど、実際はそんなに時間がかからないものなのでは、と思います。 次にやってみようかな~と思っているのがコレ。進化論のコース。 アメリカの自然歴史博物館が監修しているようです。 ところで、言語のコースを見たら、アジア言語で圧倒的に多いのは中国語。若干の韓国語、そして日本語はゼロです。中国語は北京大学など、韓国語は延世大学一校のみが提供。 こんなところでも、遅れをとる日本。オリンピックを控えて絶好のチャンスだと思うんですが、各大学、何をしているんでしょうか…

      5
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 怖い…

      朝、Safariを開いたら、大阪市内のとある病院の産科で、点滴に穴が開いていたのを看護師さんが発見し、被害届を出したというニュースが出ていました。 なんとこの病院、私が以前通っていた所なのです。看護師さんが気付いてくれて本当に良かったです。 実はこの病院に通っていたとき、救急で運ばれてきた妊婦さんが廊下に放置されていて、救急隊員の方がキレていたということがありました。それを見て、大丈夫か…と、不安になり、病院を変えようと思っていました。 結果的に引っ越しに伴い転院したのですが、もしかして今あの病院に入院していたかも…と思うと、ちょっと怖いです。未然に事故は回避されたものの、ただでさえ不安になる入院生活に新たなストレスがかかったかと思うと… 本当に悪質な事件です。早く犯人が捕まってほしいものです。

      7
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 管理入院2週間目

      管理入院2週間目。家事をしなくてよいので、ゴロゴロとラッコのように寝るばかり… 寝てばっかりいると、ただでさえ回転の遅い頭が鈍りそうなので、coursearaを始めて1週間ほど経ちました。詳細こちら。 Courseraを始めました 5週間のコースですが、残すところあと1週間。課題提出や他の人の課題を評価するのもあって、それを見ると、世界各国からみんな受講しているんだなあと感慨深いです。 会社が休みに入ったので、夫が毎日病院に来て、私の洗濯物を持って帰り、家で洗濯してまた持ってきてくれています。病院にも洗濯機はあるものの、私の病室からはちょっと遠いので… 看護婦さんから、「洗濯物はだんなさんがされてるのですか?」と聞かれ、「そうです」と答えると、「まめですねえ」「洗濯されるんですねえ」と言われビックリ。「できないと困ります〜!」と言うと、「いや、できない方もいらっしゃいますからねえ」。 そうか? 洗濯なんて働くのは洗濯機だし、あとは干すだけではないか〜。 あと、以前テレビでコンビニのお惣菜特集の番組を見ていたとき、奥さんが妊婦であるという男性がインタビューに答えていて、「妻が妊娠しているので、食事に困っていてよくコンビニに来ます。当然僕は料理ができませんから」と話しているのを聞き、殴ってやろうかと思ったことがあります。 今まで奥さんに料理を任せていたというのも驚きだけど、奥さんの妊娠を機に、自分も料理を覚えようとする気持ちはないのか?しかも、堂々と「料理はできませんから」と言うのが腹たつ!料理なんて、できるできないではなく、するかしないかなのです。もしかして、私が考えている以上に、妊婦にとって、なげかわしい夫が多いのでしょうか。なんだかやるせなくなってきます…          

      6
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 酉年

      いつも忘れがちなんですが、喪中でした。みなさんにとって、よい酉年になりますように… そんな年に相応しい鳥を発見。 「ヨシゴイ」 擬態するもバレバレの鳥として、有名だそうです。カエルとミョウガを足して割ったような鳥。世の中には面白い生物がたくさん… 引き続き入院中。病室の窓から、かなり時間が経った日の出を見ました〜。

      5
      2
      テーマ:

プロフィール

chica

性別:
女性
誕生日:
1979年
血液型:
B型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
友人、知人から、英語学習や資格、転職についてよく相談されるため、ブログにまとめることにしました。どな...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
165786 位
総合月間
78517 位
資格・キャリア
1014 位
英語・英会話
360 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。