英会話コーチ|高橋美明ブログ だから日本人は英会話がマスターできない!

英会話コーチ・高橋美明の辛口ブログです。
英会話コーチングでは、本気で英会話をマスターしたい人を、全力でサポートします!


テーマ:

こんにちは。英語コーチの高橋です。

 

日本人はよく、tooを使います。It was too difficult, it is too coldなど。

 

ただ、どうも前後の文脈を聞いていると、it was very difficult, it is very coldの状況でtooを使っているんですね。

 

tooというのは過ぎるという意味で過剰にということです。ですからよほどのことがない限り使いません。

 

難しかったという場合、まずはシンプルにit was difficultです。

 

とても難しかったのならit was very difficult.

 

さらにもっと難しかったのなら、it was extremely difficultで、it was too difficultとは言いません。

 

too difficultの場合、難しすぎたということなので、何に対して過剰なのかを示す必要があります。

 

自分の実力に対して難しすぎたのなら、it was too difficult for me.

 

ノンネイティブに向けたテストにしては難しすぎたのなら、it was too difficult as a test for non-native speakers.

 

このように、何に対して難しすぎたかという基準を明確にする必要があるんです。

 

なので、もしあなたが、it was very difficultと言った場合、そうか。とても難しかったんだな、で済むんですが、too difficultだけ言われて何も基準が示されないと、聞き手は眉間にしわを寄せてしまいます。何に対して難しすぎたんだろう?

 

まあ、日本語でも「寒すぎる」と「とても寒い」という意味で言ったりしますが、ネイティヴでも同じような表現をすることがあります。しかし、ネイティブはわざと大げさに言っていることを自覚して言っているので、表情や声のトーンもすべて強調するわけです。

 

ところが日本人は「it is too cold today」と無表情で言ったりするので、大げさに言っていることが伝わらず、何か寒すぎる特別な事情があるのかなと勘ぐってしまうわけです。

 

ですから、わざと大げさに言うという流暢さのない人は、極力tooは使わず、veryだけに留めておくのがベストです。

 

それにしても、今日も寒いですね。「寒すぎる!」(笑)

 

 

Omi-merchant's way of Sustainable Prosperityの今日のトピックはA Local Market in Hino Has Tuned Organic

です。

 

 

…………………………………………

12日間無料メール講座「成功者の90%が実践している英語マスターのメカニズム」

 

『知らないと絶対損する―ネット時代の英語学習法:完全ガイドブック』   

http://www.amazon.co.jp/dp/B01CL7C8RW

 

『英会話コーチング:本気でマスターしたい人の英語学習法』
http://www.amazon.co.jp/dp/B01EX1YS2C

 

30日で英語が話せる人になる:話せる人に共通する13の資質とは?』

http://www.amazon.co.jp/dp/B01J0DHPVE

…………………………………………

 

本気で英語をマスターしたいなら!

英会話コーチング

………………………………………… 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。