超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
Life's Little Instruction Book からの引用は今回が最後。

「セックス・アンド・ザ・シティ」で、ミランダが妊娠した事を主人公のキャリーが恋人のエイダンに告げるエピソードがあります。エイダンはミランダの相手であるスティーブの友人。

秘密を打ち明けられてもエイダンは困る。「何で僕に打ち明けたの?」とキャリーをなじる。

当然ですね!

Think twice before burdening a friend with a secret.


「秘密の重荷を友人に負わせる前に2度考えなさい」そうキャリーに言いたいところですよね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたLife's Little Instruction Bookから。

Avoid negative people.

アメリカ人に比べると自分を含めて日本人って

暗い
ネガティブ
陰湿

と感じる事が多い。

アメリカでは犬まで明るい、とドッグセラピストの方が言っていた。

私は編集者に随分といい事を言われて結局はボツになった企画がいっぱいあるので若いライターや役者さん
にあまりいい話を鵜呑みにしない方がいいとアドバイスした事があるが、ネガティブと思われてavoidされて
しまった。

アドバイスって難しい。

ネガティブな人、ジャッジメンタルな人、陰湿な意地悪をしたり陰口をきくような人を私は避けるようにしている。
あなたはどんな人を遠ざけるようにしていますか?







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Never pay for work before it's completed.
(支払いは仕事前にしてはいけない)

NYでビジネスをしていた時の事。名刺を発注すると同時に支払いを済ませた。私は何でもすぐにスパッと
支払うのが常だったのだ。

ところが...

出来上がってきた名刺にミスがあり、直しを要求すると知らん顔。もし未払いだったらきっと直してくれた
だろう。

それ以来、自分の主義には反するけれど、仕事は仕上がり後にするようにしている。

こうしてNYでは段々人を信用しなくなる...(sigh)。

私がNYから帰って来たのは人を信用したいから
グッドガールでいたいから

でも最近の日本の詐欺の多い事!人は信用してはいけない世の中になってしまっている、悲しい事だ
けれど。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、「セックス・アンド・ザ・シティ」 ブログが忙しいのでこちらまで手が回りませんでしたが、読者の方が多数いらっしゃる責任を感じ、徐々に情報をアップして行きたいと改心したところです(笑い)。

Life's Little Instruction Book という小冊子を読んでいて(なるほど!)と思ったアドバイスを幾つかご紹介しますね。

"Be the first to know"は、CNNが2001年以来使っていたタグラインだが、2009年9月からは
"Go Beyond Borders”に変わっていますね。

似た文を使ったのがこのアドバイス。

"When someone hugs you, let them be the first to let go"

誰かにハグされた時は彼らが離れるまでそのままハグしていなさい。

私がTVや映画で見るところではハグされた方が相手の背中をパンパンとPATして先に離れる事が多かったけれど、こう言われてみれば確かに先に離れるのはちょっと冷たい感じがしますね。気を付けようっと!

「SATC」でもミランダがブラジャーを買いに行った店の店員のルシールというおばちゃまにハグされていますが、ミランダがパンパンと彼女の背中をPATして離れています。

でもこの場合は、悲しみにくれるミランダをハグしたルシールが、(あなたの気が済むまでハグしていますからね)
という感じで先に離れていない。

時と場合による、って事ですね。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
異人種の友人ができない理由
トップはやはり言葉の壁では?


記事中には書きませんでしたが、友人を作るにはゆとりとお金(交際費)もかかります。近所に住んでるとか
子供の頃から知ってるという場合は別ですが。

それと、年齢の差ですね。日本人は非常に気にするようで、若い友人ができません。

昨年のニューヨークでは若い日本人男性やアメリカ人の友人が何人かできました。嬉しい事です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のエクスプレッション
 
Don't waste my time.(私の時間を無駄にしないでよ)
You are wasting my time.(あなたは私の時間を無駄にしてるわ)


私が使っているあるクレジットカードがとても使い勝手がいいもので知人に教えたら...

「あら、そんないいカードがあるの」と気乗りした様子なので内心(しめた!)と小躍りした。クレジットカード会社はよく友人紹介
キャンペーンをやっていて、2000円ぐらいの商品券はくれるのだが、残念ながらここはたったの500円。それでもないよりマシ。

もしかしたら500円ゲットか!とどんどん説明を進めたら、あらかた終わったところで

「でもカードはもう2枚あるからこれ以上は増やしたくないの」

ガーン!!!

時間とエネルギーを無駄にされた私は「興味がないんだったら説明なんかさせないでよー」

とブーイングしたのだった。

申し込む気がないのだったら最初から「でも、いいわ」と断わってくれた方がよっぽど親切というものである。ノーと言わない/言えない人は時に大変ハタ迷惑である。

時間は戻って来ない。彼女は大して興味もない話を私にえんえんとさせて、私の人生の貴重な時間を無駄にしたのだ。

彼女は友人だからまだいいものの、電話セールスや店員にいかにも興味があるような素振りで長々と説明させる人は
罪作りだと思う。最初っから「興味がありません」とはっきり断わった方がよほど親切というものである。

「今、天ぷら揚げてます」とか「今忙しい」と電話を切る人がいるが、かける方は(じゃ、忙しくない時にかけよう)という事になる。
電話が来る度にそうやって断わっているのではかける方、かけられる方、双方の時間やお金の無駄使いである。絶対に止めて
欲しい。

産地直送商品を集めたギフトカード「グルメカード 饗コース」送料無料!
¥21,420
リュウズ事務所

産地直送商品を集めたギフトカード「グルメカード 宴コース」送料無料!
¥5,670
リュウズ事務所





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ルテース」という高級レストランがNYにある。いや、あったと言った方がいいかもしれない。80年代には確かに味も素晴らしかった。髪がぼさぼさでメガネの何とかいう国際弁護士が、そのルテースを高級レストランだとどこかのTVで言っていたが、シェフが変わったりしてあまりいい噂は聞かなくなって久しい。「高級レストランだった」と過去形で言うべきだろう。「ル・バーナディン」とか「Per Se」などの方が上だと思う。


そのルテースに若い男友達と行って、味はどうですか、と傲慢そうなメートルディーに聞かれたので場所が場所だから言葉も気取ってやろうと思い、「Superb!(スパーブ)」と答えたら、「あなたはナイスレディだが、スパーブという言葉はちょっとね」と冷ややに言われてしまった。


あなたはそんな言葉を使うほどフランス料理に詳しいのか、とでも言いたかったのだろう。イヤミなヤツだ。以来、スパーブという

言葉にトラウマが出来て使わなくなった。


昨日スカパーでアカデミー賞の歴史のドキュメンタリーを見ていたら、「ライフ・イズ・コメディ」で賞を取ったイタリアの俳優が

「This is superb!」と満面笑みを浮かべて言っていた。


その国の人が使えば問題がなくとも、他国人が使うとぎくしゃくする言葉、案外多いのかもしれない。意味が通じても言葉の障壁は存在するのだ。






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。