超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
字幕の翻訳家は大変だ。オールラウンドな知識がないとなかなか正確には訳せないからだ。

私は多少は音楽に通じているからその方面での誤訳が気になる。

先日スカパー!で「ブルース・ブラザーズ」をやっていたので前半だけ観た。これは何度も観ているのであらすじも
結末も知っている。

そこで見つけた誤訳をいくつか紹介したい。

Blowing the harps 黒人のジャニターに向かって「よくharpを聞かせてくれた」というセリフなのだが、字幕には
ハープを弾いてくれた、と出た。多少とも黒人のブルースを知っている人ならこれがブルースハーモニカの事だと
わかる。

レイチャールズの演奏に合わせて黒人が路上でダンスを披露するシーンでは、流行ったダンスの名前が
ズラズラと出て来る。私が知っているのでは

ツイスト
チキン
スイム
バード
マッシュポテト
ブーガルー


などなど。これはそのまま訳せばいいところ、鳥になれ、ポテトになれ、泳げ、と大誤訳。ブーガルーに至っては
おばけになれ、と出たので白けた。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近ハマッているのは「モンク」。トニー・シャループのキャラが最高!
神経症的行動が笑えるものの、よくよく考えればくしゃみしてる人のそばには行きたくない、なんてところは私も同じ。

たくさん見ているのでどこでゲットしたか覚えていませんが、はっきりとした間違いを2つ見つけたので報告します。

アスホール(ass hole)を「オカマ」と誤訳。直訳は「お尻の穴」ですが、意味は「イヤなヤツ」

A cup of Sanka が欲しい、を「ジュースが欲しい」と訳していたんですが、サンカはカフェイン抜きのインスタントコーヒーですね。

固有名詞は現地で生活していないとわかりませんね。私もオーヴァルティーンというココアみたいな飲み物とかオレオというクッキー
などNYのスーパーで実物を見て(あー、これかぁ)と嬉しかったですね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

他愛のないロマンティックコメディが好きな私の all time favorite 


「ノッティングヒルの恋人」

「トゥー・ウィークス・ノーティス」

「ユー・ガット・メール」


などたくさんあるが、なかでも「ユー・ガット・メール/You've Got Mail」は舞台がニューヨークなので繰り返し見る。で、昨夜も見て閉店のシーンとラストシーンで性懲りもなく泣いちゃったのだったが...


トム・ハンクスが「ゴッドファーザーにはすべての問題に対する答えがある、例えば旅行に出かける時には「銃を置いてパスタを持って行け」とナレーションする場面が問題のシーン。


Leave the gun, take the cannoli


が元のセリフ。先日映画を見るチャンスがあった。このセリフは、人を1人車の中で殺したマフィアのメンバーが、妻に頼まれたカノーリを持って来い、銃は置いて来い、と指示した時のセリフだった。


このカノーリ、実はパスタではない、シシリア地方のデザートなのだ。イタリア人が出てくる映画にはよく

このカノーリが出てくる。「ママのカノーリでなきゃイヤだ」なんてダダをこねるギャングもいるほど有名な

デザートで、一体どんな味がするものかと数年前NYでご対面となった。


美味しい!

確かに美味しい!


言ってみればワッフルの外側がパリパリのクッキーみたいな小さなデザートで、癖になる。


ま、字幕を書いた方は、カノーリの知名度が低いので「パスタ」にしたのかもしれませんが、やはりここは

カノーリとしてもらいたかったですね。


それと、トムハンクスは度々


This is business, not personal


と繰り返していますが、これも「ゴッドファーザー」からの引用と思われます。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「クイズショー」で勝ち続けるクイーンズ在住の男性を「クイーンズはNYじゃない」と言うシーンがあったが、またまた「サイドウォーク・オブ・NY」で同じようなセリフを発見。


自分をニューヨーク出身だと言うクイーンズ生まれの男性を、アッパーイーストサイド育ちの女性が

That's not really New York, is it? (それってニューヨークじゃないよね?)
とバッサリ。それに対する彼の反論は「マンハッタンを眺めて育ったのでマンハッタンにに対する思いが強いんだ」。

うーん、私に関する限り、クイーンズはニューヨークではないような。クイーンズの方、ごめんなさーい。

ところで、スカイパーフェクTVで見たこの映画、誤訳が1つあった。別れた夫に付きまとわれて迷惑している女性が、鍵をくれという彼に渡して一言、

Your are welcome, Benjamin!

と言う。字幕には「入らないの?」
と出たが、彼女は彼を部屋には入れるつもりは全くないのだ。実はこれ、鍵を渡したのに礼を言わない彼にイヤミで言った言葉。
字幕研究家の私なら

「礼は言わないの?」

と訳したい。







タイトル: クイズ・ショウ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。