超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
ジュニア/アーノルド・シュワルツェネッガー
¥951
Amazon.co.jp
A klutz(クラッツ).と言えば不器用な人、間抜けな人という意味。 かつて典型的なクラッツがいた。

「そこ、花のタネを撒いたから踏まないで」と言ったそばから踏みつけたり、窓の鍵を力いっぱい回してねじ切ってしまったり、ステレオ台を一緒に組み立てよ うとして、ボール紙に入ったガラス戸をこれまた力を入れすぎてバリンと割ってしまったり。もう怒る気にもなれず、キライになる一因となった。私は、だから クラッツがキライである。が、アメリカ人はクラッツがけっこう透きらしい。映画に良く出てくる。「ジュニア」のエマトンプソンが演じた大学教授もそれ。ダ ンスフロアで踊るシーンでは、靴にトイレットペーパーの
ロールがくっついていた。

クラッツが出てくる映画は多い。アメリカ人はもしかしてクラッツ好き?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近ハマッているのは「モンク」。トニー・シャループのキャラが最高!
神経症的行動が笑えるものの、よくよく考えればくしゃみしてる人のそばには行きたくない、なんてところは私も同じ。

たくさん見ているのでどこでゲットしたか覚えていませんが、はっきりとした間違いを2つ見つけたので報告します。

アスホール(ass hole)を「オカマ」と誤訳。直訳は「お尻の穴」ですが、意味は「イヤなヤツ」

A cup of Sanka が欲しい、を「ジュースが欲しい」と訳していたんですが、サンカはカフェイン抜きのインスタントコーヒーですね。

固有名詞は現地で生活していないとわかりませんね。私もオーヴァルティーンというココアみたいな飲み物とかオレオというクッキー
などNYのスーパーで実物を見て(あー、これかぁ)と嬉しかったですね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SANKEI EXPRESSにコラムを書いているから宣伝するわけではないけれど、けっこういい記事が出ている。

15日付にはUSA TODAYの記事"Sabbaticals prove beneficial to both emplyees and their employers/休暇は従業員と雇い主の双方に有益"が掲載されている。

休暇って言ったってハンパじゃない。

サバティカルって本来は
大学教授に与えられる長期有給休暇の意味だったと思うけれど、企業でも使うんですね。

長期休暇を認めているアメリカの企業が企業全体の27%もあるそうなのだ。有給なのは5%のみ、とあるけれど、え、5%もあるの?と私には驚き。

デラウェア家族センターの事務局長は「従業員を燃え尽き症候群から守り、創造力をよみがえらせるためにも必要」と語っている。仰る通りですが、日本の企業の長期休暇って長くても2週間ぐらいのもの。

彼我の差は大きすぎる。やっぱりアレですかね、労働を必要悪と見るか、神聖なものと看做すかの差。あなたはどちらの派?.


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。