超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:

ウェブ上で見られます。


英語を喋れない「アメリカ人」が増えている (中)

英語を喋れない「アメリカ人」が増えている (下)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ウェブ上でも見られます。


8月4日付中国・新華社通信の報道によると、北京では2008年のオリンピック開催に向けて、市当局が街中の二カ国語表示から変な英語を一掃しようと懸命だそうだ。中国には妙な翻訳が多く、Park of Ethnic Minorities(少数民族広場)がRacist Park(人種差別者広場)になっていたりするそうで、「迷訳」を取り上げるウェブサイトも多いのだという。

観光局が市内のホテルに正しい英語訳を使用するよう促したり、民間団体も標識の翻訳例をまとめるなど、あと2年でどれだけ成果を上げられるかお手並み拝見というところだが、中国ばかりが妙な英語を使う訳ではない。

映画「ロスト・イン・トランスレーション」ではジャパニーズ・イングリッシュが茶化されていたし、日本にはアメリカでは絶対に使えないネーミングの商品名があったり、通じないカタカナ英語が氾濫している。参考サイトに取り上げられている「トレーナー」もそのひとつで、sweat shirtでないと通じない。そうはわかっていても、いつもトレーナーと呼び習わしているのでアメリカに行ってつい「トレーナーください」と言ってしまい、不思議な顔をされて初めて(あっ、間違った)と気付く。トレーナーとは「訓練する人、コーチ」なのだ。

オールアバウトジャパン には輪ゴムを「ゴム」と言って通じなかった例が書かれてあるが、「ゴム」はrubber(ラバー)で、「輪ゴム」はrubber bandなのだ。私の知り合いは職場で「輪ゴム持ってる?」とアメリカ人に聞いたつもりが相手は「コンドーム持ってる?」だと思ったのでびっくり。ラバーは俗語でコンドームを意味するのだ。日本人もそうと知らずに危ない英語を使っている場合もあるのだ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

黒人男性のラッパーはよく女性の悪口を歌詞に盛り込みますが、女性側からの男性の悪口はあまり聞かれません。エリカはあのなんともアンニュイな歌声で自分の彼氏の悪口を言い、しゃんとしなよ、と歌って大受け。ちょっと訳してみました。



ERYKAH BADU LYRICS

"Tyrone" LIVE 1997

これ、楽しめるかな、オーライ!

あんたのやる事にはもううんざり
何も買ってくれないし
いつもジムとかジェームズとかポール、タイロンを連れて来る
たまには2人でいたっていいじゃない
ずっとそう思ってたのに
前はそうだったでしょ、ねえあんた
どう振舞ったらいいかわからないんでしょ、ほんとは
タイロンに電話して来るように言ってよ、あんたをきちんとする為にさ
彼に電話しなくちゃ
来るようにって伝えてよ

ちょっとお金を出してくれてもいいのに、いつもノーと言ってすぐにセックスをしたがるんだから
ちょっと待ってよ、パートナー
私は安っぽいお楽しみじゃないのよ
このエリカ・バドゥは現実的なんだ
どう付き合うか知ってるはず

いつもどこかに出かけるたび、あんたとあんたのダチやいとこの為に財布から金を出すのは私
連中が払った事はない
車もなくバーでたむろするだけ
バドゥみたいにスターと付き合ってみなよ
ホントの事を言ってあげる
自分を証明するかブーツを見つけるんだね(註)

タイロンに電話して来るように言ってよ
あんたをきちんとするためにね
ちょい待ち、あたしの電話を使っちゃダメよ



[Erykah] "Lets See How Ya'll Groove to this"
"Alright"
I'm gettin' tired of your shit
You don't never buy me nothin'
See Everytime you come around
You got to bring Jim, James, Paul, & Tyrone
See why can't we be by ourselves, sometimes
See I've been having this on my mind
For a long time
I just want it to be
You and me
Like It used to be, Baby
But ya don't know how to act
So matter of fact
[Chorus]
I think ya better call Tyrone
(Call Him)
And Tell him come on, Help you get your Shit (Come On, Come on)
You need to Call Tyrone
(Call Him)
And tell him I said come on

Now everytime I ask you for a little cash
You say no and turn right around and ask me for some ass
Oh, Well hold up
Listen partna
I ain't no cheap thrill
Cause Miss Badu is always comin' for real
And you know the deal
Everytime we go somewhere
I gotta reach down in my purse
To pay your way and your homeboys way
And sometimes your cousin's way
They don't never have to pay
Don't have no cars
Hang around in bars
Try to hang around with stars
Like Badu

I'm gon' tell you the truth
Show and prove
or get the boot
I think ya better, (Erykah Badu-He, he he)
(Call Him)
And tell him come on
Help you get your shit
You need to call Tyrone
(Call Him)
[Erykah Badu]"Hold On"
But ya can't use my phone

(註)の部分は現在確認中。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

今月29日からのNY取材に向けて、今はライブドアへの投稿がナンバーワンプライオリティとなっております。ブログの更新は

帰国する10月末になるかと思いますが、時々は書き込むかもしれません。


NYからの情報をご希望の方はメールマガジンにご登録ください。


「裸のニューヨーク」

ガイドブックには書かれる事のないNY裏情報やトリヴィア情報。かつて現地で古着屋を経営していた筆者が、好きだからこそ書ける辛口でストレートなエッセイ/コラム。2006年秋は自著の取材の為に再びNYに滞在し、現地から生きのいい話題とドタバタ身辺雑記をお届けします。

登録 http://www.mag2.com/m/0000100746.htm


英語を喋れない「アメリカ人」が増えている (上)はこちらです ↓
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2334849/detail



Have a nice day!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

家の中が資料だらけ!


これも随分と古い「MAD」誌の切り抜きですが今でも笑えます。



あなたが彼に誕生プレゼントを贈って喜んでくれれば、それはROMANCE

せっかく贈ったのに気に入ってもらえなくても気にしないあなたは LOVEx2

彼が「返品して来なさい」と言ったら、それは RELATIONSHIP



バケーションをどこで過ごそうと楽しければ ROMANCE

彼はキャンプ、あなたはセーリングに行きたい、あなたが折れれば それはLOVE

お互い行きたいところに別々に行くようになればそれはRELATIONSHIP


愛について語る時、 それはROMANCEの始まり

2人の関係について話す時、それはLOVE

2人とも体重について話すようになればそれはRELATIONSHIP



なーるほど。



ライブドアに書いている私の記事にも目を通してみてください!


ロンドン旅客機爆破テロ未遂、不毛なテロとの戦い

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2311093/detail


自由の女神とニューヨークのロッカーとセキュリティ

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2311090/detail


アメリカ出版界の巨額の着手金の記録保持者はあの人


http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2307163/detail





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ニューヨークのコーヒーショップで安い朝食をとっている若い日本人男性に出会った。ジャマイカが好き、レゲエが好き、だからキングストンまでレコードを買いに行く、という彼の情熱には感心した。


1962年にイギリスから独立したジャマイカの音楽がレゲエ。ジャマイカ英語で「レゲレゲ-抗議する」という意味だそうだ。
夏はラップよりのんびりしたレゲエの方が合うと思う。


横田空軍基地の芝生の中にポツンと建つ小さな娯楽センターのような建物の中で、ジャマイカ出身の米兵たちと一晩、レゲエを聴いて過ごした事がある。広い芝生、星空、歌い上げる、しなやかで強靭な歌声、あれは最高の気分だった。


夏が来るとああもう1度あの場所でレゲエが聞きたいな、と思う。


既に伝説と化したボブ・マーリーは、70年代初めに日本の厚生年金会館でコンサートを行なっている。私は当時、この建物の近くに住んでいたが、レゲエという音楽をよく知らなかった。彼のメッセージ性の強いレゲエは今でも世界中で愛されている。


Get up, stand up, stand up for your right

Don't give up the fight


このサビの歌詞を聞くたび、私も頑張らなくちゃあ、と思う。
負けちゃいけない、と。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2003年のJVCジャズ・フェスティバル開催中、ハーレムのアポロ劇場でライブを見終わって外に出ると真夜中だった。メインストリートの125丁目を1人で歩いていて(ハーレムを歩いている!真夜中に!)と70年代の危険なニューヨークを知る身としては改めてニューヨークも「安全」になったものだと感慨に耽った。

70年代当時は路上盗が多く、現金を持ち歩く時には靴の中に隠したものだ。が、ジャンキー(薬物中毒者)が、20ドルのヤクの金欲しさに犯罪を行うから、20ドル札1枚だけは財布の中に入れておけ、と言われた。「哀しみの街かど/The Panic in Needle Park」(1971)には若きアル・パチーノ演じるヘロイン・ジャンキーの、1日のヤク代が30ドルだというセリフがある。

この映画ではファッショナブルに変貌する以前のアッパー・ウェスト・サイドの映像が見られる。ジャンキーがたむろするニードル・パークは「ユー・ガット・メール/You’ve Got Mail」(1998)ではトム・ハンクスとメグ・ライアンが並んで座るおしゃれな一角として登場している。ニューヨークの変遷は興味深い。

かつては食肉業者の倉庫街だった殺伐としたミート・パッキング・ディストリクトには、今やおしゃれなホテルやメガレストランが並んでいる。食肉会社のブルーカラーとおしゃれな主人公達がすれ違うシーンが「恋する遺伝子/Someone Like You」(2001)で見られる。

ソーホー、トライベカ、イースト・ヴィレッジ、チェルシー、コロンバスサークルと、マンハッタン市内にはどんどん開発の手が伸びて見違えるようになった。では次のトレンドスポットはどこか?私はアッパー・イーストサイドの2番街沿いだと思う。

「失われた週末/The Lost Weekend」(1945)にはタイプライターを売ろうとするアルコール中毒の男性が3番街を歩くバックに「EL」(高架地下鉄)が出てくるが(註)、ELの取り壊し後、ダウンタウンからアッパー・イースト・サイドに行くには、ミッドタウンで降りてバスを使うしかない。大変不便だというので2番街線建設はその後実際に工事に着手したのだが、70年代の財政危機で中止となっていた。その後どうなったかというと、完成はまだ大分先のようだが、開通に向けて4つの段階を組んで今年末には第1段階が終了するそうだ。

2007年の前期には2番街の91丁目から95丁目付近での地上工事が見られるという。


ウェブ上 では感じの悪い(笑い)PJクラークスの写真が見られます。


★筆者メールマガジン
「裸のニューヨーク ALERT 」(ニューヨーク関連の記事/コラムがアップされるとお知らせが届きます)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

NY取材の日が近づいて来ました。それまでにやる事はいっぱいあるのですが、暑いし(笑い)、ダイエットもやっているし、

「片付けられない症候群」の私、パッキングまでの道のりは遠いです。


さて、口語で "I've been there."って相づちのように言われたことありませんか?


これは「そこに行った事がある 」 という意味ではなく、「あなたの言ってること、わかるわー」「あなたが言ったのと同じ経験をしたこと、あるわー」という意味なのです。



さて、NYトピックを頑張ってライブドアにアップしている最中ですが、今日はこちらをどうぞ。写真も見られます。


ニューヨークでは「ぴったり小銭」が必要

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日本を評価し続けているアルビン・トフラー氏が日経ビジネスオンライン「創造力がないと思われている日本人だが、製品を小型化して多くの機能を組み込むなどユニークな創造力がある」 でもと激励している。

海外に暮らすと日本のいい点も、悪い点もはっきりと見えてくる。日本人は思いやり、心配り、察しなどの情緒面に優れ、特に日本人女性は「国際通貨」と呼ばれ、世界のどこに行っても通用すると言われていたのだ。日本人は真面目で勤勉、仕事熱心で時間も厳守する。海外での犯罪も少ない。また、世界の算数コンクールでも上位入賞するほど成績優秀である。アメリカの会社の面接試験では簡単すぎる算数の試験が出て、こんな問題の解けない日本人はいないと思うのだが、アメリカ人にはいるのだ。

 日本に住んだ外国人が認めるように、日本のサービス業は大変すぐれている。特に宅配システムが素晴らしい。アメリカの従業員は「時給以上の事はしたくない」「客とは自分達の手を煩わせる敵」と思っているのだそうだが、日本ではまだまだ笑顔やちょっとした楽しい会話などのサービスがタダなのだ。ニューヨークでいいサービスを受けたいと思えば高級ホテルに泊まり、高級レストランで食事し、高級店でショッピングしなければいけない。

日本でもサービスが二極化し、いいサービスは高く付く時代に突入するだろう。その先鞭を付けているのがシティバンク。その支店で見たが「エコノミー客」と「ファーストクラスの客」を分けているのだ。そうでなくても銀行員の裏話を雑誌で読むと小口の客を「ゴミ」と呼ぶなど、既に心の中では選別が行われているに違いない。サービス業は二分化の境目に差しかかっている。日本人の長所が保持されるか、失われて行くか、サービス業界はその牙城である。


ウェブ上でも見られます。


http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2260892/detail

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。