超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
奥菜恵さんと本ブログの会社社長である藤田晋氏が離婚したそうだ。
慰謝料はいくらだろうという憶測も飛び交っているが
この慰謝料、英語では alimonyと言う。辞書を引くと「離婚扶養料」「離婚手当」
とあるから1回で支払われるのではないのかもしれない。
一方、palimony という言葉もあって、これは同棲または交際していた相手に
支払う慰謝料と辞書にはある。
また、「ディボース・ショウ」に prenaptious 「婚前契約」という日本では聞か
ない言葉が出て来る。略してprenup(プリナップ)と言う。財産分与についての
契約書で、結婚前に取り交わす。男女どちらかが圧倒的に裕福な場合にこれ
を取り決めるのだと言うが、まさか藤田社長は取り交わしていないでしょうね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Devil's fruit cake というのがある。食べた事はないがよっぽど抗いがたい

魅力的なケーキなのだろう。


デザートにはなぜか悪魔的とか罪とかいう形容詞がつく。


Sinful dessert って...あのねえ。罪深いと思うくらいなら食べなきゃいい

のに。


実は私もこってりしたニューヨークチーズケーキなどを見ると

そのあまりの魅力、あまりのカロリーの多さ加減にくらくらっと

来る。


食べようか、食べまいか、止そう、いや食べようと決心するまでに

時間を要する。まああのこってりとした「ジュニア」のチーズケーキ

などは日本では絶対に食べられないからニューヨークに行けば

(えい、構うものか)と多少太ろうが食べる事にしている。


あるレストランのめくるめくデザートコーナーの前でぐずぐずしている

私を見て、アメリカ女性が(よくわかりますよ、あなたの気持ち)とでも

言うように目配せをし、こう言った。


Indulge yourself.


そう、たまには人間、インダルジ(自分を甘やかす)したっていいのだ!


しかしスイーツって言葉きらいです。デザートで充分間にあって

いたのに...




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

男は女にセマってはいけない。


追えば逃げる、逃げれば追うのが女というものだと誰だか忘れたが、昔の文豪

も言っている。


それを知ってか知らずか、モテル男は女にセマラない。これは

真実である。モテルから誘う必要がないのか、飢えて

いないから誘わないのか、誘わないからモテルのか、

その辺のところはわからない。だからモテる男とデー

トすると警戒しなくていいからラクである。

映画を見ると、西洋の男は女をデートに誘って君は美しいだの、

スペシャルだのとさんざんほめたりいい気分にさせる

ものである。

デートの最後には男が女の家の前まで送ってくる、男は彼女がキスをして

くれるのか、家に招き入れてくれるのか、まるで犬がお預けを食ったような情け

ない顔をして待っている。が最初のデートで男性がラッキーになる(セックスを

する)ケースはまずない。数回のデートの後(3回という説もある)

にセマるものと相場が決まっている。いやセマる前に

あたかもりんごが熟れてぽとりと地面に落ちるように

女も機が熟せば自分からなびくものなのだ。

たとえば「ノッティングヒルの恋人」。

ジュリア・ロバーツはヒュー・グラントに恋心を抱いた

時に初めて

“You wanna come up?” 「上がってく?」

と宿泊先のホテルに誘う。これは「OK」のサインなのだ。

それまでヒューは自分からセマる間違いは犯さない。

男の中には恋人を探すのを面倒くさがって女の友人に

セマるのがいる。ロマンスやご飯をおごるなどのプロ

セスをすべて端折るところが既にモテない男症候群で

ある。

友達だから怒らないだろうと「僕のベッドに寝てもいい

よ」なんてセックスをほのめかしては友情も壊れてしま

う。夫婦間レープもあるのだから「友人間セクハラ」に

も厳しい目を向けるべきなのかも。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

和製英語やカタカナ英語の弊害はいまさら述べるまでもない。私までも

がニューヨークに行って、「トレーナーください(英語ではスウェット・シャ

ーツ)」なんてうっかり言ってしまって相手のアメリカ人店員が「?」な状

態になったりする。


最近気付いた間違った発音を幾つかあげる。


Avocado


これは正しくはアヴォカド、だが、いまだにアボガド、と濁点を付けるタレ

ントがいる。


Fantasy


これはファンタシーだが、ファンタジーと発音する人が多い。ディズニー

の悪影響か?


Inner


下着をインナー、と言ったりするが、イナーである。


Used


これはユースト。なぜかユーズドと言うアパレル関係者がいる。なぜ

なのか?


帰国してスコッチを出す六本木のバーに行った時のこと。

「ホワイトレーベルありますか?」と聞いたら、若い店員が「お客様、

ホワイトラベルでございますね」とわざわざ訂正した。


日本ではホワイトラベルと言うのかもしれない。それを知らなかった

私も悪い。しかし、しかしである、そこはスコッチ専門店である。

White Labelの正しい読み方も知らずに訂正するなんて本末転倒

ではないか。


スコットランド人が来店して


I would like White Label on the rocks, please.


と注文したら


You mean White laberu, sir?


とでも訂正するのだろうか?








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Euphemisms(婉曲表現)はソフトランゲージとも言われ、軍人はよくこのソフト・

ランゲージを使う、と私のひいきのジョージ・カーリンというコメディアンが


第一次大戦の頃は戦争神経症は

Shell shock


第二次大戦になると

Battle fatigue

朝鮮戦争では


Operational exhaustion


ベトナム戦争時は

Post traumatic stress disorder

って、何なんだ!?と彼が皮肉っていた。

日常生活でもトイレットペーバーがある時からバスルームティシューになったとか、

メディスンがメディケーションになった。これについては私はどう違うのかと常々

疑問に思っていたので疑問解消。


そう言えば...昔はバム(乞食)と言っていたのがいつも間にかホームレスになり、

今ではニーディになった。

WHAT'S NEXT?




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ゴースト」のラスト近く、ウーピーゴールドバーグがおしゃれして銀行に 大金を

おろしに銀行に行った彼女、


「 How would you like it?/金種はどうしますか?」



"Tens and twenties."


とニッカリ。


10ドルと20ドルでお願いしますってことですが、そんな大金を少額紙幣でって...

彼女の経済観念がわかって.笑えます。

ご存知のようにアメリカでは50ドル札、まして100ドル札って、ニセ札が多いので

あまり流通していません。もっとも最近のNYなどは物価高で100ドルをおそる

おそる出してもあまりびっくりされなくなりました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

情報の早い人、遅い人、最近この差が激しい。


私は比較的早い方だと自負している。例えばGyaoを知ったのはもう3ヶ月以上

前。字幕研究家としては常に映画情報を探している訳だが、このサイトで既に

料映画を5本見ている。


Is it a deal or what?


これをお得と言わずして何と言おう?


この表現、「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」ではお調子者の黒人男性がおしゃれを

して


GQ or what? 「GQみたいだろ?」

とポーズを決めていた。


註 GQとはアメリカの男性用ファッション雑誌





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ビクターエンタテインメント
パラダイン夫人の恋
1948年作の「パラダイン夫人の恋」はモノクロだがアリダ・バリの圧倒的な美しさが
際立つ映画だった。ヒッチコック映画には珍しくロマンス色が濃いのでミステリー
ファンでなくとも楽しめる。アリダ・バリと言えば「第三の男」を思い出す方が多い
だろうが、彼女のファンなら絶対に見て欲しい1本である。私の好きな1本でもある。
さて、その意外な結末は見てのお楽しみとして、ラストシーンはグレゴリーぺック
の妻のセリフが聞かせる。
長い長いセリフである。そしてそれが実に素晴らしい。男ならグッと来る。私には
こんなセリフ、絶対に言えない。言える女性も言われる男性も実に幸せだと感じ
入った。ネタバレするのでその最後だけ紹介する。
Incidentally, you do need a shave. 「ところであなた、ヒゲ剃りが必要よ」
きのう深夜にTVで見た「ジョー・ブラックによろしく」の食卓のシーンにも
このINCIDENTALLYがよく出て来る。
ちょっと言わせてもらえば、副詞は知的な感じがして好きな品詞である。
知的に会話したい方は副詞を多用する事をおススメする。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ビクターエンタテインメント
オータム・イン・ニューヨーク (’00米)

私はジョージ・カーリンという「年かさ」のコメディアンが好きでたまにインターネット

ラジオで聞いている。彼は40才になった時に自分が「年」だと認めたくなくて

鏡を見て、


I'm getting older.


とつぶやいたそうである。


これは


I'm OLD.


より耳に心地良いからだ、欺瞞だ、と彼は言っていた。


そう言えばやはり「年かさ」のリチャード・ギア。ウィノナ・ライダーと共演した「オータムイン

ニューヨーク」で、自分とウィノナ演ずる年下の恋人との年の差について話している時に、

ウィノナが


「私、OLDな物って好きよ、アンティークが好きなの」


と言ったら苦笑して


I'm not old. I'm oldER.


とERを強調していた。


確かに私もOLDよりOLDERという言葉の方が好きだ。困ったものだ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Jウォークと言ったって日本のロックバンドのことではない。


ニューヨークはご存知の通り、碁盤の目のような街なのでワンブロックごとに

信号がある。それをいちいち守っていては日が暮れるというので彼らは赤信号

だろうが、かまわず車の間を縫って渡ってしまう。すぐそこに車が来ているのに

アグレッシブに渡る人もいて(すごいなあ)と感心したりする。


が、これはJウォークと言って、れっきとした不法横断。1958年に違法となり、

罰金はかつては2ドル程度だったらしいが数年前に警官に聞いたら15ドル

と言っていた。


けっこう自動車にはねられて死亡する人も多いそうで、旅行者を中心に

年間2、300人にもなるそうだ。東京の約2倍とか。慣れないツーリストは

やっぱり止めた方がいい。



ニューヨークラバーはこちらに色々アップしていますのでどうぞ!




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。