超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
軍隊映画に必ず出て来る号令。

At ease!「休め!」

気をつけ!はテーン・ハット、と聞こえますね。

「テーン・ハットって何の略?」

とある時 VFW(海外で従軍した退役軍人)に聞いたら、

「うーん、何だろ、考えた事なかったなー」

と言いながらも

「アテンションとも言うからね、アテンション、ハッ!の略で Ten, hut! だろうね」

と言ってました。

おススメ軍隊映画の1本がこれ!







タイトル: 愛と青春の旅だち
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
オンザ眉毛、つまり髪の毛が眉毛までかかっている、というギャル言葉があると聞いてへええと感心。英語でオンザ何々という熟語があるのを知っているからかもしれないと思ったからだ。

On the take

と言えばこれはもう悪徳警官の独壇場。

He is on the take(彼はワイロを取っている)

On the makeだと、彼はその気マンマン、というエッチ系の男性に使ったりする。

He is on the make. (彼、その気よ)

On the run なら逃亡者。

The suspect is still on the run. (容疑者は依然、逃走中)

造語も作れそうですね!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アカデミー賞を明日28日に控え、24日のABCテレビ「ナイトライン」ではスタントマン部門新設が認められないのはなぜか、というリポートを放送していた。

バスター・キートンはかなり危険な場面も自分で演じていた「鉄の男」だったが、現代のアクション映画ではあのジャッキー・チェンでさえスタントを使う。最も有名なスタントマンはヤキマ・カナットで、「駅馬車」で馬から馬に乗り移るというスタントを始め、後に「ベンハー」の有名な戦車競技のシーンをコーディネイト、息子がスタントに加わっている。

Like father, like son.「この父親にしてこの息子あり」

の見本みたいな親子である。彼は後にアカデミー賞名誉賞を授与されている。

スタントマン部門の新設をアカデミー会員が認めないのは、スタントマンはいわば黒子で、そちらにスポットが当たればスターの影が薄くなると考えている節もないではないらしい。

スタントのデューサーいわく、切り傷、打ち傷、あざは日常茶飯事、肋骨を折る事もある。怪我が絶えないのだから賞をくれてもいいだろうという考えからではなく、自分たちはアーチストであり、アクションの専門家だから賞があってしかるべきと訴えている。自分でも多くのアクションシーンをこなすマット・デイモンやユマ(英語ではウマ)・サーマンなどは新設賛成派であるという。反対派は誰なのか、気になるところ。

さあ、あなたの受賞予想は?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカでポピュラーなジョークの一つがこれ。

"Why does it take so many sperms to reach an ovum?" 「どうして1個の卵子に到着するのにあんなにたくさんの精子が要るわけ?」

"They don't stop and ask directions." 「ヤツらは道順を聞かないからさ」



何と1度の射精で約3億個も放出される精子クン、子宮の中を卵管の入り口へ向かって進むが、子宮内の分泌物などの影響でここまで達するまでに100個ほどに激減。卵管・卵巣は通常2つずつあり、排卵されている卵巣に達する卵管に進んだ精子クンが受精とあいなる。

ここで「あのー、どっちの卵管に行けばいいでしょうか」

と尋ねることができれば見事受精できるのだが、男性という生き物は、道順を聞かないものとアメリカでは相場と決まっていて、たびたびこのジョークの
バリエーションを聞く。

「えー?あんまり面白くない」

と思ったあなた、アメリカ人に受けることは間違いありません。


卵管に入って行ける精子は2、3個、受精できるのは1個。精子のサバイバルの競争率、実に3億分の1。こんなに倍率の高い競争は人間界にはなかなかない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あの人は touchy-feely(タッチー・フィーリー)なの、と陰でひそひそ言ってるシーンをドラマで二度見た。これ、ベタベタくっつく、スキンシップが好きな、という意味らしい。

I'm just touchy-feely だと「あたし、何だかベタベタしたいの」
っていう感じだろうか。

実際に体をくっつけ合うのでなく、精神的にべったり、という時には clinging を使う。まあ、嫌われると思って間違いないでしょう。

アメリカ人はタッチー・フィーリーとまでは行かなくても、ハグはしょっちゅうするし、女性の肩に軽く手をかけてエスコートしたり、日本人よりはるかに
スキンシップをする。NYで暮らしていた時には友人と別れる時にほっぺに
キスするのは当たり前で、その感覚を引きずって帰国して友達にキスしたら
びっくりされた。今じゃすっかりアンタッチー・フィーリー(私の造語)になって、アメリカに行ってもキスがぎごちない。あちらで日本の男性に会うとキスしなくていいのでホッとする体たらく。







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
失恋ソングの歌詞にはよく

You used me and abused me. (あなたは私を利用し、ダマしたのね)

なんて恨みがましいのがある。確かに愛してるなんて軽軽しく言って女性をその気にさせてベッドに誘い込み、さっさと棄てるなんていうのは許せない。

が、use のいい使用例もある。

I could use a friend. (友達が今いればなぁ)
I could use a beer. (ビールがあればいいなぁ)


たいていの単語には使えますので是非「ご利用」を。

ところで、男性は「彼女は僕の体が目的だったんんだ!」って怒りませんよね。それはなぜ?

姉妹ブログ「字幕はスゥイングする」もよろしく!






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
映画に出演している歌手は多い。知っているだけでもLLクールJ、アイスT、ボン・ジョヴィ、スティング、クイーン・ラティファなどなど。マドンナもその1人で、「スウェプト・アウェイ」は大コケ映画だったが見てナットク。マドンナという人、やっぱり演技力に難がある。

この映画のみどころ(?)は彼女が蹴っ飛ばされるシーン。実生活でマドンナを蹴っ飛ばせる男性なんてそうざらにはいないだろうから。彼女はその男性を
ごマスター(主人サマ)と呼ぶよう強制される。マスターと呼ばれて男性がどれだけ気分がいいか、それに反してそう呼ぶ事に女性がどれだけ抵抗があるか、このシーンは私達に気付かせてくれる。

Yes, master. 「はい、ご主人さま」

と言う彼女を実生活で見る事は皆無だろうからこれも貴重映像。英語ではそれほど奇異なこのセリフ、日本では日常的に使われている。

「お宅のご主人は...」
「旦那さまはご在宅ですか」

などなど。

ニューヨークのブロードウェイ近くのアイリッシュパブだったと思うが、ハンバーガーを食べた時のこと、ここのウェイターは

男性客を Milord (ご領主さま、旦那さま)

女性客を Milady(貴婦人、奥様)

と時代がかった呼び方をするのだ。

ミレイディだなんて、まあステキ!呼び方1つでこんなにいい気分になれるとは
知らなんだ。ご主人と呼ばれる男性はいつもこんないい気持ちなのね。











タイトル: スウェプト・アウェイ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
字幕研究家の私がアメリカ映画の字幕から察するに、アメリカの男性は「ゴッドファーザー」のセリフが好きらしい。

"Go to the mattresses."「本気で頑張れ」(ユーガットメールより)

1番有名なセリフがマーロン・ブランドのこれ。

"I'll make an offer you can't refuse."「この申し出は断れんぞ」

女性は「スリープレス・イン・シアトル」が好きらしい。特にいいセリフはなかった。あったぞ、という方、コメントをどうぞ。





タイトル: ゴッドファーザー DVDコレクション 製作30周年記念 スペシャルBOX
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Considering your age, you might have a hard time finding a job.
あなたの年齢を考慮すると仕事を見付けるのは難しいかもしれない。

何とも差別的な文例ですが、ちょっと他に思いつかなかったのでスミマセン。
このconsideringですが、状況によってはこれだけで意味が通じるので便利。

例えば夜更けまでどんちゃん騒ぎをしていた仲間に朝1番で会った時、

"How are you feeling?" 「どうだい、調子は」

"OK. Considering." 「(昨日の今日にしては)いいよ」
といった具合。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スカパーで「トゥームレイダー2」をやっていた。好みの映画ではないのでパスしたが、アンジェリーナ・ジョリーが英国訛りで演技していた。上手いと言えば上手いが、上手いと言う自体がもう本物ではないという事なのだ。

マギー・スミスやエマ・トンプソン、ジュディ・デンチ、クリスティン・スコット・トーマス、エミリー・ワトソンなんて本物の英国人が苦もなく喋っている英語とは明らかに違う。

「お上手ね...」

という感じなのだ。「恋するシェークスピア」のグウィネス・パルトロウの英国
訛り然り。聞いていてハラハラする。

「遥かなる大地」ではトム・クルーズが頑張ってアイルランド訛りで演技していたが、アイリッシュの知合いに聞いたら「かなり下手くそ」と酷評していた。

東北生まれの私に「たそがれ清兵衛」の出演者の東北弁がこそばゆかったのと同じかも。

アメリカに暮らして初めてブルックリン訛り、ボストン訛り、南部訛り、英国訛り、オーストラリア訛りが判別できるようになった。カナダ訛りというのは

"Eh?(エイー?)"「だろ?」

を使ってくれないと今1つわからない。ヒュー・グラントはダメでしたが、ボブ・ホスキンズのアメリカ訛りはかなり上手かったと思うがどうだろう。

「トゥーム・レイダー」とは直訳で「墓を侵略する者」の意味。
大学生はパンティ・レイダーというのをやるそうで、これがどんな「行事」なのか、ご存知の方、教えてください。

レイダーズがついた映画では「Raiders of the Lost Ark/レイダース・失われたアーク」がある。






タイトル: トゥームレイダー トゥームレイダー2劇場公開記念バージョン
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。