ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ 「NY 編」

ロンドン・東京そしてNYといつの間にかいろんなところを転々と。海外なんて全く興味なかったし今もないという予想外の人生ですがそれでも少しでも何かを伝えていければと思っています。よろしくお願いします


テーマ:


*女性はこれまで不当に抑圧されてきました。
*女性が気分よく働けるように(コストを度外視)して保育所をたくさん作り、企業が女性を不当に扱わないように育児休暇などにかかわる各種の法律を制定しましょう。
*女性だけじゃなく男性も育児休暇をとらなければならない
*女性の管理職や役員がすくないのは不当です。クオータ制などを導入すべきです。

と様々な主張がある。女性が働くために一丸となってコストを度外視していろんな補助金を出し、規制を作れというのだ。まあ、多くの人が本音では眉をひそめながらも、これらの主張に声を大にして反対することは難しい時代である。

あえて、言うならば働くことは遊びでも学習の延長戦上でもない。生きていくために必要な作業である。また、政府のお金は納税者のお金であり、一部の人の喜びのために使われていいものではない。だから、働きたいならば、自分で闘ってその地位を勝ち取らなければならない。それを政府に訴えて規制などで働きやすくせよなどというのはばかげている。

過去にも何度も書いてきたけれども、女性が労働力として優秀であることは間違いない。得意・不得意はあるにしても男性よりも力を発揮する分野は多いし、体力が必要な仕事が減ってきている分、女性が活躍するフィールドは今後ますます広がるだろう。

そもそも、女性が専業主婦であるべき(?)というような考え方は戦後くらいにできたものらしい。まあ、豊かになった時代にある意味で多くの女性の楽をしたいというニーズとマッチして、女性は家で家事、男は外で働いて稼ぎを奥さんに渡すとなったのだろう。

しかし、歴史を長く見れば必ずしもそうではなく、女性は労働力として家事に仕事に大忙しだったのだ。江戸時代などは男が働かないから女性が大変であったという話も聞いたことがある。また、世界中で今でも酒とギャンブルに男がうつつを抜かすので女性が一家を支えるために働くというような国もあるようだ。

日本でも、経済的な苦しさもあって共働きが常態化してくる流れは避けられないだろう。(もちろん、企業が女性を採用したいと思っているというのもあるはずだ)

現実に、20代の所得は女性が男性を上回っているというし、就活でも女性のほうが優位に立っているという話も聞く。

要は、ほうっておいても、市場のニーズに合わせて男性・女性の労働者の割合や所得の差、もっといえば男女の役割分担などは決まるのである。もちろん、その背景には文化的慣習的に作られた(時には非合理に思える)ものもあるだろうが、それとて時代の要請に合わせて変わっていくものであるのは言うまでもなく、政府の力で規制などを使って無理矢理に変えていくことが正しいことであるとは思えない。

政府に働きかけて人為的に女性を働かせることに意味があるわけではない。人間の自由な選択を奪うべきではないし、そのことが必ずしも経済成長につながる保証もないのだから。(もちろん、仮に多くの女性が働くことが経済成長につながるとしてもそのためのコストを度外視できない。コストとベネフィットの分析が必要である)

と書いていたら、若干長くなってしまった。紹介したい文章があったのだが、それは次回に回したい。(当記事の第二回は来週の火曜日に更新予定です)

過去に書いた関連記事です。よろしければどうぞ↓
正しい保守政治家とは? 真の男女平等とは何か?

女性優位の社会の到来か??

大学入試に理系女子枠だって??

女性が働くのは当然なのか?

↓二つのブログランキングに参加しています。応援してもらえると幸いです。(クリックしていただくだけで結構です)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

  Yahoo!のレンタルサーバーが月額980円で使える!

↓ツイッター、フォローしていただけると幸いです

Twitterブログパーツ

いいね!(0)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)