ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ 「NY 編」

ロンドン・東京そしてNYといつの間にかいろんなところを転々と。海外なんて全く興味なかったし今もないという予想外の人生ですがそれでも少しでも何かを伝えていければと思っています。よろしくお願いします


テーマ:
人の揚げ足を取って叩くのが今の日本の風潮である。まあ、それはどこの国でも似たようなものだけれども。プライベートもなにもあったものがない時代。一方で普通の生活でもそれなりに満足できる時代でもある。そんな時代に誰が公職について世の中の役に立とうと思うだろうか。誰が、ビジネスの世界で何かを成し遂げようと思うだろうか。それでも・・・と思う人はよほどの変わり者だろう。そんな話は前回した。

そういえば、最近は保育所に入れないから日本死ねというのが流行りらしい。まあ、少子化が日本国の最大の課題なのだ。その少子化対策に俺(私)は貢献しているのだから、税金をいくらつぎこんでも俺(私)のために子供を保育所に入れろというありがちな権利の主張に過ぎないのだが、これが今のに日本では大うけらしい。政府も選挙に向けて大慌てになっている模様だ。

アホらしい話である。

過去にも書いたように少子化は何も問題ではない。少子化と経済成長は大して関係はない。少子化だから我々は豊かになれないわけでは決してない。子供が減っても一人当たりのGDPが成長していれば我々は豊かになっているわけで事実として日本はそうなっている。10年前、20年前と比べて我々の生活はあらゆる面で快適になっているはずだ。

そして子供を産まない、あるいは少ない子供でいいという選択肢は我々が選んできた道だし多くの先進国で生じている傾向だ。要は経済が豊かになれば人間は子供をほしくなくなる。ただそれだけのことなのだ。みんなが自分が幸福になる選択をしているのに何が問題なのだろうか?

子供がほうが有利な業界の人は少子化にうるさいかもしれないが人口が減ることだって悪くないし、高齢化が進むことで利益を得る業界も数多くあるわけで少子化そのものが経済成長の面から大きなマイナスであるはずがない。

ただ、膨大な政府債務の返済が不可能になるというだけだ。だが、もはや返済できないレベルの政府債務なのだからさっさと破たんしたほうがいいと考えるのは僕だけではないだろう。

子育てが昔から大変なのは言うまでもない話だ。わかって子供を産んでいるのに保育所に入れないから日本死ねなどという下品な言葉を使うのは日本人の品性が低下している表れだろう。

勿論、保育所に入れるかどうかは生活にかかわる大きな問題だし、その選考方法に問題があるかもしれないのは承知の上だ。

だが、それだったら保育所に入りやすい地域を選ぶという選択肢もあるはずだし、そもそも保育所に入りにくいかもしれないことは最初から分かっていたはずだ。また、いやかもしれないが両親を呼び寄せるとか一緒に住むという選択肢も人によっては選択可能なはずだろう。自分たちで工夫する余地はないのだろうか?

細かい話は過去にそれぞれ詳細に論じてきたのであえてこれ以上はしない。だが、子供というのは私的なメリットがあるから産むという面も強いわけだ。そして少子化は本質的に日本経済の根本的な問題でもない。それなのに、子供を産んで俺は偉いのだ。だから保育所に入れないのはおかしい。コスト度外視で税金をどんどんつぎこんで俺の子供が保育所に入れるようにしろというのはまったく非合理的だし日本の今の病理を象徴していると思うのは僕だけだろうか?それに対して子供がいない人たちや苦労して自分の知からで子育てをしてきた人たち。迷惑や面倒を覚悟で自分の親に子育てを手伝ってもらって人たちが何かおかしいのでは?と声を上げられず政治家がすぐに出てきて待機児童ゼロを目指すと騒いで税金を湯水のようにつぎこむ社会は正しいのだろうか?効率性/公平性のいずれの観点からも個人的には大いに疑問である



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
海外から見ているせいなのか。日本は年初から清廉潔白を人に押し付けるニュースのオンパレードである。

ベッキーの不倫?清原氏の覚せい剤に始まり、育休議員の不倫疑惑、プロ野球の賭博問題・・・。

いいだろう。倫理というのは重要だ。人の道にはずれることはよくないことである。

が…。

少なくともその行為に一般大衆がほんとに被害を受けているのか?

ベッキーが不倫をして悲しいのは奥さんと一部の関係者だけだろう。別にそれ以外の人間に特に不利益があるわけではない。プロ野球選手の賭博も勝敗に明白に影響がある可能性があるものは問題だろうが、「声出し」程度が問題になるとは思えない。

何が言いたいのか?

清廉潔白を求める人が多すぎるということだ。当の本人が被害を受けてないくせに倫理的な少しの誤りも許されない社会がそこにある。20代/30代の女性の多くが不倫を一度は経験する時代にベッキーや育休議員の不倫はとてつもない批判を浴びた。賭けマージャンや賭けゴルフは引き続き一般的なのに野球賭博は論外だが、「声出し」は大きな批判を浴びている。

そして、じゃあ批判を繰り返している当の本人が本当に清廉潔白かといえば胸を張って心の底からイエスといえる人がどれほどいるだろうか。僕にはそれほど多くの人がイエスといえるとは思えない。結局、多くの人が倫理を盾に有名人や社会的に成功者といわれている人の足を引っ張ろうとしているだけにしか僕には見えないわけだ。だから賭博はありえないにしても、「声出し」や「高校野球くじ」すらを問題にしようとする声が強まることになる。

倫理やコンプライアンスを盾に成功者や有名人の足を引っ張うという人が増えればどうなるだろうか?

社会や経済は停滞する可能性のほうが高くなるだろう。別にいいこととは言わないが英雄色を好むという言葉もある。上昇志向が強い人間ほどに不倫などに走る(あるいは女性が放っておかない)傾向もあるだろう。

有名になって足を引っ張られるくらいなら・・・。と考えてあえて地味に生きていくことを選択する人間も一連の騒動を見て増えるだろ。それは果たして全体として社会や経済にプラスなのであろうか?

答えはノーだろう。

問題は経済面だけではない。倫理や社会からの監視を常に気にした生き苦しい社会が実現しつつあるのである。かつてムラ社会は息苦しい人間の自由を束縛する間違えた制度だと多くの批判を浴びてきた。そして現実にあまりのも地縁/血縁が強すぎる社会や国家は成功しないと経済学的にもいわれている。

だが、今の日本はそういった社会を再度作り出そうとしているのである。そしてそのことは今後日本が生きるべき道であろう文化や芸術の発展も妨げる可能性が高いだろう。

非常に憂慮すべき問題だと思う。

日本人はもっと寛容の心を持つべきだ。有名人や政治家が不倫をしようが何をしようが基本的にはあなたの生活には害がないわけで人の揚げ足を取る暇があったら今の自分をよりよくすべく努力すべきなのだから。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日 は、マイナス金利の影響を主に短期的な側面から書いた。では長期的にはマイナス金利はどういう影響があるのか?

経済成長もマイナス・・・。インフレもマイナス・・・。が実力であろう日本経済にとっては本質的にはマイナス金利は正しい政策のようにも見えるが…。一方でこういった考え方もある。

フィッシャー式 というものがある。以前も少し紹介したと思うが…。

名目金利=実質金利+期待インフレ率 

というやつだ。

といわれてもよくわからんなあと思う人も多いかと思う。が、たとえば、給料に置きなおしていればどうだろうか?

給料が名目ベースで1%上昇したとしよう。ここ最近は日本も少し物価が上昇している。インフレ率もまた1%だとすれば

名目賃金上昇=実質賃金上昇+インフレ率なので実質賃金の上昇はゼロ%ということになる。

この話はテレビでもよく出てくるだろうし実感もわきやすいから、みなさんすんなり頭に入るのではないだろうか?

30年前くらいなら定期預金10年で2倍になったなんていうのは普通だったのだろうが、実際にはインフレ率も高かったから本当に2倍の利益があったわけではない。そんな感覚から考えていただくとわかりやすいのではないだろうか?

さて、名目金利を中央銀行による政策金利と考えると、これは中央銀行の政策によって決まるものでから中央銀行の支配下にあるわけだ。一方で実質金利はどうか?

長期的には実質金利は実質の潜在成長に等しいということができる。そして実質の潜在成長率は中央銀行が基本的にはコントロールできないものだ。いつも言うように金融政策や財政政策で潜在成長率を高めることはできない。規制緩和その他によって経済の効率性を高める。もしくは労働力人口を高めることによって潜成長率は高めることができる。(細かい話は過去にもいろいろさせてもらったのでしないし、一方で当然間違った規制強化や労働力人口の減少で潜在成長は低下することもある)

そうするとどうだろうか?

中央銀行が政策金利を低下させると、実質潜在成長は一定(実質金利は一定)なので、この式が成り立つためにはインフレ率が低下するしかなくなるわけだ。だから、実は・・・中央銀行による低金利政策、ましてネガティブ金利はインフレ率を大きく低下させる政策である可能性があるということだ。

そんな話をしてもドマクロ経済学に犯されている多くの経済学者や中央銀行家は認めないだろうが…。

荒唐無稽に思われるかもしれないがアメリカの経済学者の間ではブログなどでまともに議論されている話でもあるしオーソドックスな経済理論からは容易に導き出される結論でもある。

日銀によるマイナス金利導入は実はさらなるデフレの引き金を引いた可能性があるわけだ。まあ、個人的には物価が下がることは別にいいことでも悪いことでもないと思っているので大騒ぎする必要は全くないとは思っているのだが。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)