どうぶつびより

「淡路ファームパーク・イングランドの丘」動物飼育スタッフによる公式ブログです。時にゆる〜く、時にまじめに、動物たちの魅力を毎日お届けしています。⊂((・x・))⊃


テーマ:

立春をすぎたのに寒い日が続きますねぇ!淡路島でも昨日と今日は雪が降りました雪だるま

 

そんな210日の今日は「ニットの日」なんだそうですセーター 

こんな寒い日はニットが必需品ですねキラキラ

 

 

ニットの原料として代表的なのが、ウールこと羊の毛。

 

こんな寒さのなかでも、羊たちはもこもこの毛に覆われて寒さ対策はばっちり羊

今日はそんな「ひつじと羊毛」に注目してみたいと思います。

 

\もこもこの毛のおかげで寒くないよ!/
{B61E2FC3-173B-4A1E-A6BD-546F99BC497D}
 

家畜としての羊にはいくつかの分類方法がありますが、用途別の分類として、

 

・羊毛をとる毛用種、

・お肉としていただく肉用種、

・どちらとしても利用できる毛肉兼用種、

・毛皮をとる毛皮種

 

といったものが知られています羊

 

 

現在イングランドの丘には、

 

●毛用種のメリノ

/メリノウールとかよく聞くよね~。それそれ。\

 

●肉用種のサフォーク

/え、僕たち肉用なん?\  /知らんかったわ…。\

 

●毛皮種のロマノフスキー 

/へへっ、私の毛皮素敵でしょ?\

 

がおりますが、一番数が多いのは、コリデールという種類のひつじです!

 

/コリデールのぷーちゃんだよー♪\

 

コリデールはニュージランド原産で、様々な気候条件にも適するからだと温厚な性格のおかげで飼いやすい品種なんです★

 

 

ひつじにもいろいろと特徴があるように、その毛から作ったウールの毛糸も、それぞれ性質が異なります。


たとえば、メリノの毛は細くてやわらかいため上質なニットなどに使われる一方、コリデールは飼育数が多く比較的安価なため、毛糸に使われたりしているのだそうです!

 

まだまだ寒い日が続きますが、これからニットを着る時は、どんな種類の羊の毛が使われているのかな?と考えてみるとおもしろいかもしれませんね♪

 

\ニットの毛糸と僕たちの毛、触り比べてみてね!/

 

 

 

 

獣医師  たしろ

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

イングランドの丘 動物スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。