プロHIP-HOPダンサーENGIN#9の日々徒然

プロHIP-HOPダンサーENGIN#9が日々のささいもない出来事を徒然と書いています。


テーマ:
2月に東北秋田県を皮切りにスタートした「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014」。5月18日に3箇所目となる「東京(高円寺)」の開催まで1ヶ月が迫ってきました。




その後の開催地は、「予定」というか「現在調整中」の地域はいくつかあるのですが、まだ情報を公開出来る状態にまでは至っていない状況です。

今回は「決定」を基準として優先的にスケジュールを組んでいますので、御希望の時期がありましたら、早めの決断が御希望のスケジュールを押さえるポイントになります!



さて、そんな中、DMやサイトの情報等々で、僕の文章力の無さのために、情報がちゃんと伝わっていない部分があることが発覚したため「誤差修正」をしておきたいと思います。

まず、今回のワークショップでの、実際の内容に関してです。

自身が「New York City Breakers」に在籍していることもあり、多くの方が、レッスンは「ブレイクダンス」だと思っておられる方が多いことが発覚。

僕自身、ブレイキングも踊りますが、実はメインのスタイルは「Lockin' & Popin'」なんです。実際、NYCBでも、ブレイキングパートではなく、Lockin'&Popin'パートでの参加をしています。

ワークショップでは、もちろん「ジャンル」でのレッスンを御希望の場合は、そういったレッスンを組むことは可能ですが、今回のワークショップでは「ダンサーとしてダンスを踊るにあたっての『基礎』的な部分の強化」を中心にレッスン内容を構成しています。

ですから、決して「ブレイキングのレッスン」ではありません。

参加される生徒さん全体のレベルを見ながら、その都度必要なスタイル使って教えるのですが、それはあくまでも「選択肢」としてのスタイルであって、そのスタイルを教えるための物ではないと言う事です。

そしてもう一つが「受講対象者」です。

僕のレッスンでは、非常に巧みに「言葉」を使用します。その為「俺の言葉が理解出来る」事が必要になります。

この「言葉」は、時に「日本語」であり、時に「英語」であったりします。

ただ「英語」であっても、決して難しい「英会話」とかという意味ではないので、そこで臆さないでくださいね(笑

逆に「英語でやって欲しい」という要望があれば、それはそれで、有りですが(笑

その為、通常のレッスンでは「小学3年生以上」を最低としています。

今回のワークショップでは、特にこう言った年齢制限は付けていませんが、やはり、小学生レベルにはかなり言葉の理解という意味では難しいとは思います。

その上で、トライされるのであれば大歓迎です。

元々、僕のワークショップは、既にダンスを踊ってきている方や、インストラクターとして活動をしている方に好評をいただきます。

改めて自分の踊りの問題点が発見出来たり、疑問や間違いを修正することが出来るという事です。

そして、更にその先にある「ダンス」を見つけ出すことが出来るからです。



そんなにレベルが高いのなら「ダンス経験のない自分は無理だなあ」なんて事は思わないでください(笑

そういった方でも十分に楽しんでいただけるレッスンですから、全然大丈夫です。



現在、尾張旭市で教えている「レギュラーレッスン」の受講生で最高齢が60代半ばの方がおられます。この方は、毎週2時間のレッスンを受講され、とても楽しんでいただいています。

小中高生、30代、40代、50代、60代と幅広い年齢層が同じクラスを受けているんですよ。

もちろん、みなさんそれぞれにダンス経験は異なりますが、みんなとても良い笑顔で受講されています。

こう聞くと「一体どんなレッスンなんだ???」と思われることと思いますが(笑)、こればかりは、口で説明出来ません。

結局の所「体感」していただくのが一番早いんです。



それから「料金」ですが、現在開催をした地域では¥4,000というプライスで販売されているところが多いようですが、これは決して僕の方から提示をした金額ではありません。

ワークショップツアーのオフィシャルページ(http://www.engin.jp/workshop2014)には「1クラス」の料金提示がしてあります(要パスワード)。

主催をされる方々は、この料金に、移動費や宿泊費など、レッスン以外に必要となる「経費」を算出した上で、各レッスンの料金を設定されています。

これは通常のこと。単純に、この金額だと「高いなあ」なんて事は思わないでください。

それよりも、開催した後は、その料金では「安い」と言われる方が大半です。

今回は、正直、かなり安価な設定にしてあります。「初回限定(笑)」という事もありますし、まずは、皆さんに体感していただく、そして、実際に顔をつきあわせ、僕の人間像、ダンスに対する考え方、向き合い方を皆さんに肌で感じていただきたいからです。



まずは、想像を巡らせるよりも「行動」。「一見は百聞に如かず」という言葉がある通りです。



ただ一つ言えることは、ワークショップを受講した後、必ずダンスが変わります。

直ぐに目に見えて変わる人も居れば、そうでない人も居ます。

しかし、数ヶ月後、半年後、1年後....。ダンスを続けていれば、必ずその変化を自覚する瞬間が訪れます。

手元で1ミリずれると100m先では、およそ10cm程ずれる。

受講直後、何かの変化が将来の大きな変化に繋がると言う事です。



本気でダンスを向上させたい方は、是非、ワークショップ受講してください!近くで開催がない場合は、開催希望をドンドンご連絡ください!

開催までの色々なご要望やサポートを行わさせていただきます!



まずは、開催に向けてお問い合わせをお送りください!

全てはそこから始まります!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



突然ですが(笑

FaceBook内に「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR」のオフィシャルページを開設いたしました~!

https://www.facebook.com/pages/Engin9-Workshop-Tour/1394889284113925

ワークショップ情報を随時更新してゆきますのでチェックしてください!

是非「いいね」して広めてください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「とんでもない物」とはいえ、決して「変な物」ではありません(笑

昨日放送のTriple9。100回放送を記念して、リスナー10名さんにプレゼントをした「MIX DVD」のことです。




その筋にあまり長けておられない方にとっては、あまりピンッとは来ないかも知れませんが、実はなにげに凄いレアなDVD。

世には「MIX DVD」なる商品自体は既に存在をしてはいるけれど、あまり耳慣れるアイテムではないのは事実。

DVDと聞くと、やはり「映画」のような「映像作品」をイメージされることが多いと思う。

DVDの記録容量(4.2ギガ)の関係で、約2時間分の映像を記録出来るのだが、CD1枚が約700メガなので、単純計算でCD6枚分の記憶容量がある訳だ。

そこで、今回俺が目を付けたのが「MIX CD6枚分を1枚のDVDとして出せないか」という事だ。

CDだと1時間強のMIX。それが6枚で、6時間分のMIXという途方もない物になる。

しかし、こんなブッ飛んだことをやった奴って、少なくとも俺自身は過去に聴いた事がないし、まして6時間のMIXを作るなんて途方もない作業になる...。

そこで、今回の凄いところ2つ目が「共演 (コラボレーション)」だ。

流石に俺自身が1人で6時間のミックスは無理(汗

そこで、幸いにも直接連絡を取る事が出来る、先輩DJ陣にご連絡を入れさせていただき、事情を話しをしたところ、皆さん快く快諾をいただき6時間ミックスが一気に現実味をおびた。

しかもだ、その声をかけさせていただいたDJのメンツが凄すぎる....。っていうか、俺自身が声をかけさせていただいたにもかかわらず、よくよく考えると凄い事になったと...(笑

日本DJ界の大御所中の大御所、GM Yoshiさん。そのGM Yoshiさんが先輩と慕うDJ Takahiroさん、そして同じくGM Yoshiさんが「心の師」と公言するDJ You.Kさん。

俺とは旧知の仲で、これまでジャケデザインを初めとして色々とコラボをしてきたスクラッチャーDJ $hin。

もーねえ、この面子だけでもお腹いっぱいすぎる(笑

それぞれに、プレイするジャンルも違えば、スタイルも異なる4名の敏腕DJ。

本当に、声がけをさせていただき、快諾をいただいた時には「鳥肌」物でした。

こんな凄い面子の中に、俺。そして、なにげに今回の隠し球が「DJ SANGO」!

この人物についてはあえて「多く」は語らないが、Triple9を2人3脚で支えてきてくれた、まさしく「戦友」である。

なにげに今回のMIX DVDに参加したことで、一番テンションが上がっているのがDJ SANGOなのではないだろうか。

今回のMIXで一つ目指したのが「現場の空気感」。PC上で綺麗にミックスをつないでゆけば、当然クオリティーは上がるが、同時に「現場感」は薄れてゆく。

その為、少しくらい荒い繋ぎになっても、小さなミスが勃発しても「現場の空気」にこだわった。

皆さんも、その言葉の意味に反応していただいた。俺も、普段リリースするMIX CDはパソコン上で綺麗につないでゆくのだが、今回は、一発録りで録音をした物を納めた。

それだけ、随所に「こだわり」をちりばめ、俺以外の敏腕DJ達が気持ちを入れてくれた今回のMIX DVD。

10枚限定という激レアな訳ですよ。

昨日、番組にメッセージをくれたリスナーさんにプレゼントの当選を出しました。これを手にした皆さんに、このDVDの熱さが伝わると嬉しいなあ~。

そして最後に、今回の企画に快諾をしていただいた、GM Yoshiさん、DJ Takahiroさん、DJ You.Kさん、DJ $hin、DJ SANGOにビッグリスペクト!!

本当に感謝です!!!

ありがとう!!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日2014年3月3日の放送で「O.G. Radio Program Triple9 (http://www.triple9.jp)」の放送が無事に「100回」をむかえた。

2012年4月に産声を上げ、今までに経験をしたことのない「生放送」という領域、しかも「FM波」。地域密着のコミュニティーFMで、聴取エリアが限定的とはいえ、公共の電波である。時を同じくして放送開始と同時にRADIO SANQが「サイマルラジオ」を経由して全世界で同時に聞くことが出来るようになり、放送をする側にとって「責任」を重く感じてのスタートとなった。

それまで、インターネットラジオステーション Boogie Woogie Cafeを運営し、マイクの前で喋ってきた俺ではあるが、やはり「生放送」「FM波」という場所は、全く違い、ほんと毎週毎週、反省と改善の繰り返しだった。

とてもじゃないが恥ずかしくて「第1回」の放送なんか聴けない...(汗

でも、そんな繰り返しでようやく100回という一つの節目に辿り着くことが出来た。

このTriple9は本当に沢山の方々に支えられている。この番組が100回をむかえられたのは、決して俺の力ではない、多くの方々に支えてきていただいたからこそなんだよね。

番組を聴いて下さっているリスナーさん、番組スポンサーになっていただいているスポンサーさん、RADIO SANQのスタッフ、そして俺と2人3脚でTriple9を作ってくれている井口ディレクター、ほんと沢山の方のお力添えがあってこそ、このTriple9は100回をむかえることが出来たのだ。

喋り手として、やはり最も大きな力となっているのが、リスナーさん。

これね、リスナーさんに対するリップサービスでも何でもなく、本当にそうなんだよね。特に「生放送」はそれをダイレクトに感じる事が出来る。

正直、最初の半年間は、リスナーさんからメールも来ず「本当に聴いてくれている人が居るのだろうか?」「俺の放送ってそんなにつまらない?」とかなり苦悩した。

どうすれば、リスナーさんに楽しんでもらえる放送を届けることが出来るのか、ほんと毎週ディレクターである井口さんと膝をつき合わせ、反省会を繰り返した。

そして、コミュニティーFMだからこそ出来るチャレンジを繰り返し、少しづつリスナーさんから声が届くようになった。ほんとね、このリスナーさんからの「声」には救われた。

「ちゃんと俺の声が届いている」と実感できる瞬間。そして、リスナーさんとコミュニケーションが取れている喜びでもあった。

そして、やはり番組提供をいただくスポンサーさんにも感謝だ。様々な意味で「クセ」のある番組だと俺は思って居るし、そんな俺の番組を信じ、スポンサードしていただいている、スポンサーさんが居なければ正直、番組は成り立たない。

リスナーさんに俺の声を届けるために、番組を支えていただいているスポンサーさんには本当に感謝だ。

こんなわがままな番組を、電波に乗せていただいているRADIO SANQさん。

当初、コミュニティーFMと言う特性上、若者層へのアプローチが課題でもあった。若者層のラジオ離れや、ラジオを聞く人口の多くは、やはり、大手のステーションを聞くことが多い。

そこに、何とか風穴を開けたい、コミュニティーFMって面白いと気付いて欲しい。そんな願いがあった。

それは、今も全く変わっていないし、これからもそこは変わらない。

そして、放送開始当初から俺が言っているのが「ラジオは音楽との出会いの場所」。

ラジオからふと流れてきた音楽で、それまで持っていた音楽の価値観って変わることもある。

今までロックしか聴いてこなかった人が、ラジオから流れてきたヒップホップやファンクに心を動かされる。

そこで、ヒップホップも面白いかもと出会って欲しいのだ。

この2年間、毎週番組内でかける曲の選曲には膨大な時間を費やしてきた。それは、俺の中で、その曲に「意味」を持ってかけているからだ。そして、この約2年間。特殊な状況を除き、同じ曲を2回かけた事は殆ど無い。

実際2曲かな?同じ曲を2回かけたのは。それ以外、同じ曲をかけたことはない。

それは、先にも書いた「音楽と出会って欲しい」という思いからだ。

正直大変だ。過去に放送した曲を、毎週毎週アーカイブし、選曲する際に、かぶりがないかチェックをし、その上で放送に乗せている。

でもね、これは俺のこだわりなんだよね。



そんな沢山の思いが詰まった100回。

でも、この100は「完結」ではなく、あくまでも「通過点」でしかない。

今までと同じ気持ちで、そして更なる高みを目指し、一歩一歩放送をこれからも積み上げて行く。

こんな、不器用な俺が届けている番組「Triple9」ですが、これからも是非かわいがってやって下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年に入り、スタートさせた「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014 (http://www.engin.jp/workshop2014)」。

その幕開けとなる「秋田県横手市」にある「マスダストリートダンススタジオ Bean'Z (http://beanz.jp)」での3日間のワークショップを開催してきました。






まずは、今回のワークショップを開催していただいたBean'ZのオーナーEMIさんに感謝!そして、そのEMIさんを支え、今回俺のケアーもしてくださった、ご主人の「ケンさん」そして、愛娘の「モモカちゃん」に大感謝とビッグ・リスペクトを送りたいと思います。



今回、2月21日(金)から23日(日)の3日間のスケジュールでワークショップを開催。

愛知を出発したのは、開催日当日(21日)の朝。午前5時半に家を出発し、電車を乗り継いでセントレア(中部国際空港)へ。

今回は、ここから秋田へひとっ飛び!

順調に空港まで行き着いたのだが、思わぬ所でトラブル。

今回のフライトでは、初めてiPhoneのアプリ「PassBook」を使った。本来であれば、スムーズに搭乗まで行くはずだったのだが、機内に持ち込むつもりで準備をしていった荷物が、機体の問題で大きすぎるためにカーゴに預けてくれという話しになった。

ここ近年、海外旅行も含め、スーツケースを使用せず、大きめのリュックに着替えをつめこみ、機内に持ち込んでいる。

と言うのも、現地に到着し「預けた荷物」をピックアップするまでに結構な時間が必要になる。この時間が「無駄」なので、極力「機内」に持ち込めば、この時間をセーブ出来る。

それと同時に、今回DJ機材である「iDJ Pro」を持参。これは精密機器な為、特にカーゴには預けたくなかった。ご存じの通り、カーゴに預けると言う事は「乱暴に扱われる」可能性が高く危険だからだ。

しかし、今回フライトに使っている機体がプロペラ機のDHC8‐Q400と言う機体。客室内のスペースが狭く、俺の持って居る荷物のサイズが大きいために預けろという言い分なのだ。

俺的には、百歩譲ってカーゴに預けることは構わないと。しかし、持ち万が一の場合はちゃんと「保証」はしてくれるんだよね?と尋ねると「出来ません」と来たのだ。

保証出来ないという事は、承諾してカーゴに預け、それが壊れてもANAは知ったこっちゃないと言う話し。じゃあ、他の選択肢はあるのか?と聞くと「預けてもらう以外にありません。」と.....。

おかしな話しじゃない?ANA側の一方的な都合(機体がプロペラ機)で、他の選択肢を与えず、カーゴへの荷物預けを強制した上、壊れても保証出来ないって。

その条件ではカーゴへは預けられないよ。それにANAの一方的な条件を強制的に突きつけているだけじゃないか。だったら、俺からのリクエストだ「機体をジェットに変えてくれ」出来るのか?

出来ません....。

別にね、俺はだだをこねている訳でもなく、ましてや輩でも何でもない。

自分の機材を壊れても保証しなくても良いからカーゴに入れて良いよなんていう馬鹿は居ないわけさ。

まあ、担当になった地上スタッフの子が悪い訳ではない、会社としての規定がおかしいのと、それ以上に、人として采配を付けられないANAの社内の組織体制が問題なのさ。

こんな押し問答で、無駄な時間が吹っ飛んで行き、フライト時間ギリギリで「セキュリティーチェック」を通過すると言うバタバタ劇。

もちろん、荷物はカーゴ預けでね。

機内に乗り込み、ビックリ、搭乗率20%位......。

席も機内の貨物スペースもガラガラやん....。

全然機内に持ち込んでも問題ないんちゃうのこれ...(汗

そんな出だしでスタートした秋田行き。心配された天候によるフライトも全く問題なく、無事に秋田に降り立った。

心配された荷物も無事に壊れることなくピックアップを完了し、空港ロビーへ。

今回俺を秋田に呼んでくださったスタジオオーナーのEmiさんとご主人が空港まで迎えに来て下さり、お初ながら無事に合流!





スタジオに向かう前に、1件寄りたいスタジオがあるとの事で、横手市に向かわず、潟上市にある「YELLOW BLACK DANCE STUDIO AKITA」さんへ。

ISAOさんと初対面するも、以前、全国展開をしていた俺のブランド「Street Level New York」を販売していたとのことで、一気に話が盛り上がった(笑






ISAOさんを含めみんなでランチを一緒にし、その後、急遽ISAOさんの希望で「座学」を開催することに。

1時間の座学を「YELLOW BLACK DANCE STUDIO AKITA」で行った後、いよいよ横手市へGo!

..........続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長らくブログがあいてしまった....。

はい、と言うのも、水曜から「風邪」に襲われ、40℃越えの高熱で万事休す......(汗

一瞬「インフルエンザ」を疑ったのですが、結局インフルではなく、普通の風邪と言う診断。

ねんのために同じ病院で、2日間にわたってインフルチェックをしたので結滞的に「陰性」。まあ、インフルでなかったことは良かったのだが、流石にこの歳になって、前触れなく一気に40℃越えまで熱が上がり、40℃前後の熱を継続的に保っていると体力の奪われ方が半端ないっす....。

年に1~2回くらい風邪らしき症状が出るのだが、ここ近年の傾向は、一気に高熱になり、嘘のように一気に熱が下がるという、何ともハッキリした症状。

ハッキリしているのは良いのだが、「一気に」上がって下がっては、肉体的に厳しい...。

まっ、何はともあれ熱も下がり、まだ慣らし運転中ではあるけれど、数日急な休みを取る事になってしまった「筋トレ(バイト)」にも復帰し、そしていよいよ今週の金曜からは「ENGIN#9 Workshop Tour 2014 (http://www.engin.jp/workshop2014)」が本格始動する。

現在決定しているスケジュールを列記しておくと

2月21日~23日 秋田県横手市「マスダ・ストリートダンス・スタジオ Bean'Z (http://beanz.jp)」

3月16日 京都市南区「Studio Rire (http://www.studio-rire.com)」。このワークショップは、基本ダブルダッチャーに向けたワークショップになります。問い合わせは主催である「HOPE Dance Circle (http://yaplog.jp/hopedance/archive/181)」さんまで!

5月18日 東京都高円寺「スタジオグランブルー高円寺店」。こちらは、俺の生徒でもあるYOGAインストラクターのSHOWKOとのコラボレーションレッスン。お問い合わせは「HIP HOP x YOGA コラボレッスンJeunesse」まで!

現在決定しているのは、3箇所ですが、調整中のワークショップも複数ありますが、まだまだスケジュールには余裕があります。

全国のダンススタジオさん!

ご興味がおありの方は、ドンドンお問い合わせください!

一部では、「えっ?!?!」って耳を疑うような金額で、ワークショップを開催していると言うのも耳にしていますが。わずか数時間で「劇的に上手くなる」とかなんて「ダンス」においてはあり得ません。

高い金額を出したから「上手くなる」なんて言うのは絶対にないです。

そういう「ビジネス」の仕方に対して、人は人なので何とも言いませんが、適正価格(2014年度は初年度なので、かなり価格を抑え、まずは体感していただく為の設定にしています)で、充実の内容、そして「ダンス」を踊るために必要なヒントを伝えて行きたいと思っています。

躊躇して動かなければ何も始まりません。

まずは、お問い合わせを下さい。そこから全てがスタートします!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜、俺が担当するラジオ生放送番組「Triple9 (http://www.triple9.jp)」に、日本のDJ界のパイオニアであり、最重要人物である「GM Yoshi」さんに生出演をしていただいた。

GM Yoshiさんとはもう、かれこれ20年くらいの付き合いになるのだが、大先輩として、兄貴として、友人として、いつも気にかけてくださり、ほんと感謝をしている。

そんなGM Yoshiさんが番組に来て下さり、生出演して下さったのは、大感激でした。

放送を終え、ディレクターを含む男3人で、酒を交わし様々な話に花が咲き、話が尽きない長い夜。

そんな中、昔から憧れでもあった「GM」のロゴ。この「GMファミリー」の一員として5人目のファミリーとして迎え入れていただく事が決定!



めっちゃテンションが上がるのと同時に、身が引き締まる思いに背筋が伸びております。

これからは「GM ENGIN#9」として、益々精進してゆきますので、皆様なにとぞよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さあ!いよいよ「ENGIN#9 WORK SHOP TOUR 2014 (http://www.engin.jp/workshop2014)」幕開けです!!

最初の開催地が決定!!

なんと!東北・秋田県横手市からのオファー!

マスダ・ストリートダンス・スタジオ Bean'z (http://beanz.jp)

2月21日・22日・23日開催決定です!

オーナーのEMIさんは、とても熱く、ダンスを愛し、そして、行動力のある素敵な方!

DMに即反応し、行動。こういう「レスポンス」の良さ、そして「何か面白いことをしたい!」という感覚の持ち主の方と交流を持て、そして一緒に仕事が出来るのはワクワクする!

さあ、この動きに付いてこないと!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日情報公開をし、全国にDMをお届けした「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014 (http://www.engin.jp/workshop2014)」がいよいよ動き始めた!

今日、全国で一番乗りでDMを見て秋田県のスタジオさんからご連絡いただいた!

まだ詳細をこれから詰めるため、詳しくは書けませんが(笑

メッセージいただいた後に、電話で直接お話をさせてもらったのだが、も~~~最高!

めちゃめちゃのりが良く、めちゃめちゃ面白い方!!

「初めまして!」から2時間強話し込んでしまった(爆

いや~、熱い!めちゃめちゃ熱い方でとても嬉しい!

秋田は雪が凄い模様で、開催時期も雪の心配をしておられたのだが、俺的には「雪?だから?」(笑

早ければ、今月末にも「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014」が秋田県を皮切りにスタートするかもです!

全国のスタジオの皆さん!この流れに乗っちゃってください!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
決して「ダンス」だけの話しではない。どの分野にも当てはめる事が出来ることだと思う。

「上達の極意」



そんな物は決して存在する訳がない。

あえて、言うのであれば

1. 基礎 2. 努力 3. 遊ぶこと

かな(笑

しかし、これはまんざら外してもいないし「たかが3つ?」しあkし、それがいかにディープで、深い意味なのかは玄人であれば痛いほど理解出来るはずだ。

今日は、週1回のレッスン日。2時間のレッスンを2コマ。

その後ろのレッスン。たかが4つのだけのステップ。この4つだけのステップを延々1時間。

踊れないんだよ、この大して難しいとは思えない4つのステップが。

動けているんだよ。ステップとしては。でもね、踊れていないんだよ。

動けているんであれば、次に進めばいい。確かにそうだ。普通のダンスレッスンならね。

でもね、俺のレッスンは普通じゃないのさ。

それが、2つのステップだろうが、4つのステップだろうが、「踊れていない」のであれば「踊れる」まで1時間でも2時間でも反復をする。

そして、踊れるようになれば次へ進む。

もし仮に、動けているからOK!なんてやってしまうと、中途半端なイメージで次に進み、そんな「中途半端」なイメージだけでダンスを踊るようになってしまう。

その結果どうなるか。下手なダンサーにしかならないのさ。

この4つのステップの中には、実は沢山のメッセージ(要素)が含まれている。言わば、複数の「基礎」の固まりみたいな物だ。

それは、時に「間の取り方」だったり「ボディーコントロール」だったり「筋肉トレーニング」だったり「グルーブ」だったりとほんと沢山の要素が含まれる。

出来なければ、何度も何度も繰り返し「同じ動き」は反復させられ、時には俺に「罵声」を浴びせられ、肉体的にも精神的にもドンドンドンドン追い込まれて行く。

そんな状況の下、ただ一つの目的「踊れるようになりたい」という意思に向かって挑んで行く。

俺のレッスンに年齢は関係無い、小学生だろうが、高校生だろうが容赦なく同一に扱う。

ダンスにおいては皆が平等だからだ。

こうした努力の末「パン」と弾ける瞬間がある。自分の殻が破ける瞬間だ。

その瞬間に、今までにない最高のパフォーマンスが生まれる瞬間がある。そこに至るまでの時間は個々それぞれだが、必ずその壁を越えられる瞬間はやってくるんだよね。

そこまで耐え、そして努力を続けられるか。そして、その状況を「楽しめるか」なんだよ。

今日のレッスンを受けた生徒が、そんな過酷な状況でもありながら「今日のレッスン楽しかった~!」こういう子はね、必ず伸びる。

歩みが遅くても良いのさ。時間がかかっても、素敵なダンサーになれるのであれば。

おれは、その一言を聞いた瞬間に、とても幸せな気分になれ、こういう子とちゃんと向き合ってやりたいと思うんだよね。

そして、俺の持って居る全てを伝えてやりたいと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。