バルトの庭公開練習の写真

テーマ:
  2011年10月23日に阿波大正浪漫バルトの庭で開催されたエンゲル・松江記念市民音楽祭の番外編、徳島県民文化祭協賛事業のエンゲル・松江記念音楽会in バルトの庭(大正ロマン演奏会)の写真をいくつか紹介します。午後の演奏会は筆者も出演していましたので撮れませんでしたが、バルトの庭のブログで紹介して頂いています。今回は、午前中に行われた公開練習の様子をご紹介します。

 まず、自宅から車で会場のバルトの庭に向かっていると、目的地のあたりにアドバルーンが上がっているのが見えました。近づいて行くと、「エンゲル楽団演奏会」という文字が見えました。当日の駐車場の件でバルトの庭から電話連絡を受けたときにバルーンが上がっているとは聞いていましたが、実物を見るとやはりビックリです。遠くからでもよく見えて、初めてバルトの庭に来たメンバーも、迷わずに到着したそうです。

$徳島エンゲル楽団のブログ-balloon
 この写真は、4月のバルトの庭一周年記念イベントのときにも写真を提供して頂いた「みちくさふくちゃん」のExciteブログ「ひとりごと」(http://mitikusak.exblog.jp/)の10月24日の記事に掲載されていたものです。私も練習の合間にバルーンの写真を撮りましたが、文字が裏返しのものばかりでした。バルトの庭のブログの写真でも裏を向いています。まっすぐ見上げたら裏を向いている時が多かったということでしょう。ふくちゃんのおかげで記念に残る写真を掲載することができました。

会場内の風景です。朝から昼にかけてお客さんは少しずつ増えてきました。

徳島エンゲル楽団のブログ-under balloon

酒保の前にはテーブルがセットされています。メンバーは練習後、ここで昼食をとりました。いい季節なので、外での食事は快適でした。

徳島エンゲル楽団のブログ-garden

手前の建物では射的ができます。

徳島エンゲル楽団のブログ-shooting

射的は子供たちに人気です。「ビール」という札に当てるのは特に難しそうです。当たっても子供は飲めませんが、お父さんからご褒美が出るかも?

徳島エンゲル楽団のブログ-shooting2

奥の方に見える小屋が野外舞台です。客席も準備が進んでいます。

徳島エンゲル楽団のブログ-stage

練習の風景です。今回は管楽器が意外なほど集まらず、人手不足です。足りない楽器のパートを指揮者のO先生が弾き振りで補います。見事です。
徳島エンゲル楽団のブログ-stage1
徳島エンゲル楽団のブログ-stage2

指揮者がちょっと休憩しているときも、副指揮者の指示で引き続き練習を重ねます。フルートのAさんは午後から別の演奏会で忙しいのに公開練習に駆けつけてくれました。指揮者代わりに大活躍です。
徳島エンゲル楽団のブログ-stage3
徳島エンゲル楽団のブログ-fromstage

合唱団も集まりました。

徳島エンゲル楽団のブログ-allmember

本番前、赤いTシャツは司会のバルトの庭スタッフで、もう準備が整っています。客席に座っているお客さんのほかにも、カメラより後ろの兵舎や酒保の中でも多くのお客さんが聴いてくれていました。

徳島エンゲル楽団のブログ-overview

筆者のカクさんは、この後カメラをしまって合唱団に加わりました。演奏会本番の写真はバルトの庭のブログでご覧ください。また、もしこのブログをご覧の皆様の中で、演奏中の写真やビデオなどをご提供頂ける方は、コメントやメッセージなどでお知らせください。
AD

コメント(2)