2011年3月27日、エンゲル・松江記念市民音楽祭にご来場、ご協力を頂きましてありがとうございました。遠方からも含め200人ほどのご来場を賜り、無事に終了しました。演奏会の写真を掲載しようと思ってブログでの詳細報告の作成に手間取っていましたが、他のことであたふたしているうちに、一週間も経ってしまいました。あまり遅くなると演奏会に来て頂いた方にも忘れられてしまう恐れがありますので、とりあえず写真なしで報告します。・・・(追記)「みちくさふくちゃん」様から本番ステージの写真を拝借できましたので掲載します。「みちくさふくちゃん」様のブログにもリンクします。ここをクリックしてご覧ください。演奏会終了直後に、徳島新聞と同じくらい素早く記事を掲載して頂き、また過分なお褒めの言葉を頂き、感謝しています。
$徳島エンゲル楽団のブログ

この写真を、2009年3月の写真(プロフィールにも掲載)と比較して頂くと、大半が同じメンバーですが、今回はちょっと人数が少ないことにお気づきになると思います。エンゲル楽団・合唱団および賛助出演のフラウリッヒ・ヴォカールと響の皆さんは、それぞれ多忙のところをスケジュール調整して出演しています。熱心に練習に参加しても、当日の都合がつかなくて出演できない場合も多々あり残念ですが、今後も演奏活動の機会はありますので、過去に参加していた方や、これから新たに参加してみようという方には、ぜひこのブログで練習日程をチェックして、連絡先のメールアドレスや関係者等にご連絡ください。

 東日本大震災の募金についてもここで報告いたします。当日、受付付近に募金箱を設置してご来場の皆様および出演者や関係者にご協力をお願いしましたところ、皆様の暖かいご協力により、総額56,331円を日本赤十字社を通して被災地にお送りすることができました。遅くなりましたが、皆様に感謝申し上げます。
$徳島エンゲル楽団のブログ

 今回の反省点として、開場時刻が予告よりかなり遅くなってしまったことが挙げられます。ステージでリハーサルが続いている間は入場して頂くことができず、早くから並んで頂いた方には待ち時間が長くなり、ご迷惑をおかけしました。今後は、客席に入れない場合にはロビーで待機して頂くなどの方法を検討します。

 演奏の感想については、終了後に多くの方々から受付担当者に口頭でお褒めの言葉を頂いたほか、アンケートにご協力頂きました皆様の回答の集計結果でも概ね好評を頂いています。練習不足で不安もありましたが、一安心するとともに、今後もご期待に応える演奏ができるように、さらに努力をする必要を感じています。

 12回目となる当音楽祭は、これまでも事前の広報不足が指摘されており、今回初めての試みとして、ブログを利用して宣伝することにしました。アクセス数はそれほど多くはありませんが、地元でもあまり周知に至っていないこの音楽祭を、いろいろな地域の皆様に知って頂けたこと、さらにその記録がインターネット上に残っていることは、今後の活動に大きく役立つと思います。

 当楽団の演奏活動の大きな目的は、徳島におけるドイツ兵俘虜と地域住民との交流から始まる日独友好親善の歴史を伝えることです。この目的が一致して深い関連のある「バルトの庭」の皆様と交流できるようになったことも、ブログの大きな成果と思っています。早速今月17日にバルトの庭の一周年記念イベントにお招き頂き、演奏会を行います。内容はここをクリックしてください。これをきっかけに、今後も相互に協力していきたいと思っています。ブログの読者の皆様からもご意見を頂きたいと思いますので、メッセージやコメントでお知らせください。直接メールで engel.memorial★gmail.com (スパムメール防止のためにアドレスを改変しています。★を@に変えてください。) にお知らせ頂いても結構です。今後とも徳島エンゲル楽団の活動へのご支援をお願いいたします。
AD