英会話アカデミー Clover

 JR大塚駅から徒歩1分
 ~初級者のための英会話スクール~

 ・TOEIC13回満点講師が教えるTOEICの極意!
 ・初級者でもなれる英会話講師養成講座
 ・社会人留学プログラム(1週間から)
 ・医療英会話

 まずは、ブックマークから
 HPをご訪問ください♪


テーマ:
Hello!


Hidekaです♪


今回のテーマは「apologize / sorry」です!


この2つの言葉は、問題や間違いに対して後悔を表現しています。


I'm sorry.   →   I apologize.
 "I apologize"の方がよりフォーマルです。

また、"apologize"は【動詞】なので、"I'm apologize"とならないように注意しましょう!


ex)
I'm sorry ( that ) I yelled at you.
私はあなたに怒鳴ってしまってすみません。)


I'm sorry for yelling at you.
(あなたを怒鳴ってすみません。)


I apologize for yelling at you.
(私はあなたを怒鳴ったことを謝ります。)

※"apologize"の【名詞形】は、"apology / 謝罪"となります。


ex)
The politician apologized for his offensive comment , but some people are saying his apology was not very sincere.
(その政治家は彼の不快なコメントを謝罪した。しかし、人々は彼の謝罪は誠実でなかったと言っている。)


The company issued an apology to its costomers for defective product.
その会社は、欠陥製品のための謝罪を発した。)


今日の反省
・permitの後に目的語が抜けてしまう。

・話の中で主体と受け手が誰なのかをはっきりさせる。

・One of ~ の"~"は複数形。たくさんあるものの中の1つ。

・過去形、現在形、複数形、単数形は引き続き注意する。


いかがでしたか?

今日はここまで晴れ

See you next timeキラキラ

英会話アカデミー☆clover
AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hello!


Hidekaです♪


今日のテーマは動詞「allow / let / permit」です。


3つともニュアンスが似ているように思いますが、文法的な使い方などが違っています。


・letについて
※let + 人 / 物事 + 動詞の原形
(基本的な形はtoはなし)
 

ex)
I don't let my kids watch violent movies.
(私は私の息子に暴力的な映画を見させない。)


Mary's father won't let her adopt a puppy because he's allergic to dogs.
(マリーの父親は犬アレルギーなので、彼は彼女に子犬を認めさせないだろう。)
 

Our boss doesn't let us eat lunch at our desk ; we have to eat in the cafeteria.
(私達の上司は私達の机でお昼を食べさせない。私たちはカフェテリアで食べなければならない。)


I wasn't paying attention while cooking , and I let the food burn.
(私は料理中、注意を払わなかった、そして私は食べ物を焦げさせた。)


Don't let the advertising expenses surpass $1000.
(広告費に1000ドルを越えさせないでください。)

※ちなみに"let"は過去時制での変化はないので"let"のまま


・"allow"と"permit"は"let"よりもよりフォーマルな言い方となります。

※"allow"と"permit"は「to + 動詞」をセットで使います。


どちらも「許す」という意味ですが、"allow"は"人からただ単に許してもらう"ことに対し、"permit"は"許可する"というニュアンスとなります。


ex)
I don't allow my kids to watch violent movies.
(私は子供に暴力的な映画を見ることを許さなかった。)


Our boss doesn't permit us to eat lunch at our desks.
(私達の上司は私達の机でお昼を食べることを許可していない。)


・"permit"が1番フォーマルな言い方に対し、"let"は3つの中で1番カジュアル、"allow"はちょうど中間となります。

let → allow → permit(フォーマル)


・"allow"と"permit"は受け身の形にすることが出来ます。


(文の形)
S + is + permitted / allowed
S + is not + permitted / allowed


ex)
Smoking is not allowed.
(喫煙は許されていません。)


Enployees are allowed to take a one-hour lunch break.
(従業員は昼休憩で1時間休みを取ることを許させれている。)


Passengers are not permited to use cell phones during takeoff.
(乗客は離陸の間、携帯電話を使うことを許可させていない。)


With a tourist visa , you are permitted to stay in the country for 90days.
(観光ビザで、あなたは90日間その国に滞在することを許可された。)


いかがでしたか?

また次回流れ星

See you next time.

英会話アカデミー☆clover

AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hello♪ 


Hidekaです流れ星


今回のテーマは「alive / life / live」についてです!


単語"live"には2つの発音があります。


◼︎ 動詞"live" 
"i"の音が"sit"と同じ音になります。(リィブ)


ex)
I live in a small house.
(私は小さい家に住んでいる。)


She lives in France.
(彼女はフランスに住んでいる。)


◼︎ 形容詞"live" 
"i"の音が"like"と同じ音。(ラィブ)
この"live"にはいくつかの意味があります。


① 前もって録られていたものではなく音楽やテレビ放送がリアルタイムで流れていることを表す


ex)
There's live music at the bar on Friday night.
(金曜日の夜にはバーで生演奏がある。)


We're bringing you the latest news live from Washington D.C.
(私達はワシントンD.Cから最新のニュースライブをあなたに持って来ています。)


② 動物が死んでおらず、生きている時を表す


ex)
He found a live snake in his tent.
(彼は彼のテントで生きている蛇を見つけた。)


◼︎ 名詞"life"
"i"の発音が"like"と同じ音。(ラィフ)


ex)
I'm reading a book about the life of Albert Einstein.
(私はアルバート・アインシュタインの人生についての本を読んでいる。)


Do you think there's life on other planets?
(あなたは他の惑星に生命があると考えますか?)


He has faced many difficulties in his life.
(彼は彼の人生において多くのの困難に直面ひた。)


◼︎ "life"の複数形は"lives"となる
ex)
My parents are planning to live in Florida for the rest of their lives.
(私の両親は残りの彼らの生活のためにフロリダに住むことを計画している。)


Thousands of lives were lost in the war.
(何千ものもの命が戦争で失われた。)



◼︎形容詞︎"alive"は"死んでいない"という意味になる

ex)
It's amazing he was still alive after being in the desert without water for 4 days.
(彼が水無しで4日間も砂漠にいた後もまだ生きていたことに驚きだ。)


The oldest person alive is currently 124 years old.
(生きている最も年を取った人は現在124歳です。)


いかがでしたか?
今日はここまでチューリップ

See you next timeキラキラ

英会話アカデミー☆clover
AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hello♪


Hidekaです!


今日のテーマは単語「all / whole / every」についてです。


■「every」は単数形の数えられる名詞と一緒に使います。


ex)
I exercise every day.
(私は毎日運動をする。)


Every student in the class has a computer.
(クラスのどの生徒もコンピューターを持っている。)


Every necklace in this store costs more than $1,000.
(このお店のどのネックレスも$1,000以上する。)



■「all」は物事の100%を表し、複数形の名詞または不可算名詞と一緒に使います。


ex)
All of the students in the class have computers.
(クラスの全ての生徒はコンピューターを持っている。)


All of the necklaces in this store are expensive.
(このお店にある全てのネックレスは高い。)


All of this furniture is new. = many pieces of furniture.
(この全ての家具は新しい。)
※furnitureは不可算名詞



■ 時間における「every day」と「all day」の違い


ex)
I study English every day.
(私は、毎日英語を勉強する。)

☆「every day」→ 月曜~日曜までの毎日を表します。


I study English all day.
(私は1日中英語を勉強した)

☆「 all day」→ 1日中(早朝~深夜まで)を表します。



■「whole」「entire」は1つの物が100%であることを表し、不可算名詞または単数形の加算名詞と一緒に使います。


ex)
I ate the whole pizza. = 100% of one pizza.
(私は丸ごとのピザを食べた。)


I finished reading the entire book in three days.  = 100% of one book.
(私は3日間でその本全部を読み終えた。)


■ all / whole / entireそれぞれ(まとめ)


ex)
I ate the entire cupcake.  = 100% of one cupcake.
(私は丸ごとのカップケーキを食べた。)


I ate all the cupcakes.  = 100% of many cupcakes.
(私は全てのカップケーキを食べた。)


The whole apple is rotten.  = 100% of one apple.
(この丸ごとのリンゴは腐っている。)


All the fruit is rotten.  = 100% of many apples,bananas,grapes,etc.
(全ての果物は腐っている。)


いかがでしたか?

今回はここまでニコニコ

英会話アカデミー☆clover
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hello♪♪


Hidekaです!
続けての投稿です(^o^)
今回は、「aim / goal / objective」について取り上げたいと思います。


「aim / goal / objective」この3つには少しだけ違いがあります。


・goal
日々話されている英語の中では一番、一般的な言葉です。

・aim / objective
"goal"と比べるとよりフォーマルな文章で使われます。 


"objective"と"goal"の違いは、"goal"よりも"objective"の方が明確に物事を表します。


ex)
Our goal is to improve health care for children.
(私達の目標は、子供達のためにヘルスケアを向上することです。)【一般的】


Our objective is to provide 10,000 children with vaccines.
(私達の目標はワクチンを10,000人の子供に供給することです。)【具体的】


カジュアルな会話では、"goal"は、どちらの意味でも使うことが出来ます。


ex)
My goal is to lose weight.
(私の目標は体重を減らすことです。)


My goal is to lose 20 pounds by the summer.
(私の目標は夏までに20ポンド減らすことです。)


"goal"と"objective"は名詞、"aim"は名詞または動詞となります。


The aim of this project is to increase our students' motivation.
(このプロジェクトの計画は、私達の生徒のモチベーションが上昇することです。)
aim = 名詞


We're aiming to increase our students' motivation.
(私達は、私達の生徒のモチベーションが上昇することを目指しています。)
aim = 動詞


【今日のレッスンの反省】
・単純なミスが前回から直せていない。
(単数、複数、3人称など)

・スピーキング前半、今日のトピックとは全く別の話となったが中々戻すことが出来なかった。

・workとwalkの発音間違い。

・現在完了形と現在形が混ざってしまった。(ライティング)

・ライティングで書いたものを口に出して言ってみる。音で覚える。

よく間違えてしまう箇所のミスが目立ちました。前回から簡単なミスも多くなっているので、先生からアドバイスいただいた書いたものを口に出し音で覚える練習を今後行っていきたいと思います。


今回はここまで晴れ

See you next timeキラキラ

英会話アカデミー☆Clover
いいね!(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。