(平成26年度 前期)の授業アンケートの結果がでたので掲載します。
機械工学科2年生の『機械工学実習』の結果です。

 アンケート回収枚数:43枚(訳があって1班分だけアンケート実施できず)
 アンケート実施日 :平成26年7月4日、7月11日

---------------------------------------------------------
                   ()は比率。


(1)実験・実習のテキストは目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        1人 ( 2.3%)
 3. どちらともいえない    1人 ( 2.3%)
 4. おおむね適切      24人 (55.8%)
 5. 適切          17人 (39.5%)


(2)実験・実習についての口頭説明は実験・実習の目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない     2人 ( 4.7%)
 4. おおむね適切       18人 (41.9%)
 5. 適切           23人 (53.5%)


(3)担当教員以外の支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)は実験に役立ちましたか。
 1. 全く役立たなかった      0人 ( 0%)
 2. あまり役立たなかった     2人 ( 4.7%)
 3. どちらともいえない      8人 (18.6%)
 4. 役立った          18人 (41.9%)
 5. 非常に役立った       11人 (25.6%)
 6. 支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)はついていなかった
                  4人( 9.3%)


(4)実験・実習を行うにあたり,実験・実習の設備や器具は適切でしたか。
 1. 不十分          0人 ( 0%)
 2. やや不十分        1人 ( 2.3%)
 3. どちらともいえない    3人 ( 7.0%)
 4. おおむね十分      22人 (51.2%)
 5. 十分          17人 (39.5%)


(5)実験・実習を行うにあたり,安全性について適切な注意がありましたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない     1人 ( 2.3%)
 4. おおむね適切       13人 (30.2%)
 5. 適切           29人 (67.4%)


(6)実験・実習をスムーズに行うにあたり,十分なスペースや安全な環境が確保されていましたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        1人 ( 2.3%)
 3. どちらともいえない    3人 ( 7.0%)
 4. おおむね適切      26人 (60.5%)
 5. 適切          13人 (30.2%)

(7)実験・実習を行うにあたり,積極的に取り組みましたか。
 1. 全く消極的であった       1人 ( 2.3%)
 2. やや消極的であった       1人 ( 2.3%)
 3. どちらともいえない       3人 ( 7.0%)
 4. ある程度積極的であった    17人 (39.5%)
 5. 積極的であった        21人 (48.8%)


(8)実験・実習のレポート作成にはどれくらいの時間をかけましたか。
 1. 3時間以内      11人 (25.6%)
 2. 6時間以内      27人 (62.8%)
 3. 12時間以内      3人 ( 7.0%)
 4. 1日以内        2人 ( 4.7%)
 5. 1日以上        0人 ( 0%)


(9)実験・実習の意義・内容を理解できましたか。
 1. 全く理解できなかった     0人 ( 0%)
 2. 理解出来なかった所が多い   1人 ( 2.3%)
 3. どちらともいえない      8人 (18.6%)
 4. ほぼ理解できた       31人 (72.1%)
 5. 非常によく理解できた     3人 ( 7.0%)


(10)実験・実習によってこの分野への興味がわいてきましたか。
 1.全く興味がもてなかった         0人 ( 0%)
 2.あまり興味がわかなかった        2人 ( 4.7%)
 3.どちらともいえない           3人 ( 7.0%)
 4.少し興味がわいた           24人 (55.8%)
 5.非常に興味をもてるようになった    14人 (32.6%)


●最後に,この実験・実習についての感想や意見があれば,回答用紙の裏面に自由に記入して下
さい。
・「良い経験になった。」
・「暑い。」
・「先生方の説明が凄く分かりやすく、どれもこれも初めての実習ではあるがスムーズにできた
。」    
・「とても楽しかったです。」
・「NC加工の実習は自分の思ったデザインが作れるので一番興味深かったです。またこの実習を
通じて色々と危険や技術がわかりました。」



---------------------------------------------------------
【管理人のコメント】
仮設工場での実習は2期目でした。



なお下記は、過去の分の授業アンケート(実験・実習)の結果です。

平成25年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11770616328.html

平成25年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11598206623.html

平成24年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11473200972.html

平成24年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11305647868.html

平成22年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10591044150.html

平成21年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10433161869.html
AD

AD
平成26年3月25日(火)は卒業式でした。
久々にブログ記事で照会します。
なお機械工学科・機械工学専攻のみの写真です。




準備中です。
機械工学科では、教学委員の先生だけでなく、学科所属の事務職員と技術職員も総出で準備を手伝うことになっています。
(なお、他の学科では、事務職員だけしか手伝わないらしいです。)




今年はわけあってポン菓子を配りました。



阪上専攻長のお話。






学位授与式が終わってから中庭で。
AD
(平成25年度 後期)の授業アンケートの結果がでたので掲載します。
機械工学科2年生の『機械工学実習』の結果です。

 アンケート回収枚数:47枚(訳があって前期より1班分少ない)
 アンケート実施日 :平成26年1月23日(B班)、1月31日(A/C/D/E班)、2月7日(F班)

---------------------------------------------------------
                   ()は比率。

(1)実験・実習のテキストは目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        3人 ( 6.4%)
 3. どちらともいえない    3人 ( 6.4%)
 4. おおむね適切      22人 (46.8%)
 5. 適切          19人 (40.4%)


(2)実験・実習についての口頭説明は実験・実習の目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         1人 ( 2.1%)
 3. どちらともいえない     2人 ( 4.3%)
 4. おおむね適切       21人 (44.7%)
 5. 適切           23人 (48.9%)


(3)担当教員以外の支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)は実験に役立ちましたか。
 1. 全く役立たなかった      0人 ( 0%)
 2. あまり役立たなかった     0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない      5人 (10.6%)
 4. 役立った          20人 (42.6%)
 5. 非常に役立った       11人 (23.4%)
 6. 支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)はついていなかった
                 11人(23.4%)


(4)実験・実習を行うにあたり,実験・実習の設備や器具は適切でしたか。
 1. 不十分          1人 ( 2.1%)
 2. やや不十分        5人 (10.6 %)
 3. どちらともいえない    5人 (10.6 %)
 4. おおむね十分      23人 (48.9%)
 5. 十分          13人 (27.7%)


(5)実験・実習を行うにあたり,安全性について適切な注意がありましたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない     2人 ( 4.2%)
 4. おおむね適切       15人 (31.9%)
 5. 適切           30人 (63.8%)


(6)実験・実習をスムーズに行うにあたり,十分なスペースや安全な環境が確保されていましたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        4人 ( 8.5%)
 3. どちらともいえない    6人 (12.8%)
 4. おおむね適切      20人 (42.6%)
 5. 適切          16人 (34.0%)
 0.未回答          1人

(7)実験・実習を行うにあたり,積極的に取り組みましたか。
 1. 全く消極的であった       2人 ( 4.2%)
 2. やや消極的であった       0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない       6人 (12.8%)
 4. ある程度積極的であった    23人 (48.9%)
 5. 積極的であった        16人 (34.0%)


(8)実験・実習のレポート作成にはどれくらいの時間をかけましたか。
 1. 3時間以内      11人 (23.4%)
 2. 6時間以内      27人 (57.4%)
 3. 12時間以内      2人 ( 4.3%)
 4. 1日以内        5人 (10.6%)
 5. 1日以上        2人 ( 4.2%)


(9)実験・実習の意義・内容を理解できましたか。
 1. 全く理解できなかった     0人 ( 0%)
 2. 理解出来なかった所が多い   1人 ( 2.1%)
 3. どちらともいえない      7人 (14.9%)
 4. ほぼ理解できた       37人 (78.7%)
 5. 非常によく理解できた     2人 ( 4.2%)


(10)実験・実習によってこの分野への興味がわいてきましたか。
 1.全く興味がもてなかった         0人 ( 0%)
 2.あまり興味がわかなかった        1人 ( 2.1%)
 3.どちらともいえない           8人 (17.0%)
 4.少し興味がわいた           29人 (61.7%)
 5.非常に興味をもてるようになった     9人 (19.1%)


●最後に,この実験・実習についての感想や意見があれば,回答用紙の裏面に自由に記入して下さい。
・楽しかった。
・機材の足りなかったのが残念。

---------------------------------------------------------
【管理人のコメント】
 平成25年度前期までは、旧工場(広々としている)で実習していました。
 しかし、工作技術センターの建替え工事のため平成25年10月からは仮設工場(狭い)に移動しています。今回はこの狭い仮設工場での初めての実習でした。だからといって前期と比べて回答結果に変化があるかといえば、それほどでもありませんでした。



なお下記は、過去の分の授業アンケート(実験・実習)の結果です。

平成25年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11598206623.html

平成24年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11473200972.html

平成24年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11305647868.html

平成22年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10591044150.html

平成21年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10433161869.html
今回(平成25年度 全期)も授業アンケートの結果がでたので掲載します。
機械工学科2年生の『機械工学実習』の結果です。

 アンケート回収枚数:55枚(1名は欠席したので回収できず)
 アンケート実施日 :平成25年7月19日(ただしF班のみ7月5日)

---------------------------------------------------------
                   ()は比率。

(1)実験・実習のテキストは目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        1人 ( 1.8%)
 3. どちらともいえない    4人 ( 7.3%)
 4. おおむね適切      30人 (54.5%
 5. 適切          20人 (36.4%)


(2)実験・実習についての口頭説明は実験・実習の目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切           1人 ( 1.8%)
 2. やや不適切         0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない     6人 (10.9%)
 4. おおむね適切       23人 (41.8%)
 5. 適切           24人 (43.6%)
 0.未回答           2人


(3)担当教員以外の支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)は実験に役立ちましたか。
 1. 全く役立たなかった      0人 ( 0%)
 2. あまり役立たなかった     1人 ( 1.8%)
 3. どちらともいえない      3人 ( 5.5%)
 4. 役立った          27人 (49.1%)
 5. 非常に役立った       21人 (38.2%)
 6. 支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)はついていなかった
                 3人(5.5%)


(4)実験・実習を行うにあたり,実験・実習の設備や器具は適切でしたか。
 1. 不十分          0人 ( 0%)
 2. やや不十分        1人 ( 1.8%)
 3. どちらともいえない    4人 ( 7.3%)
 4. おおむね十分      25人 (45.5%)
 5. 十分          25人 (45.5%)


(5)実験・実習を行うにあたり,安全性について適切な注意がありましたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない     1人 ( 1.8%)
 4. おおむね適切       29人 (52.7%)
 5. 適切           30人 (54.5%)


(6)実験・実習をスムーズに行うにあたり,十分なスペースや安全な環境が確保されていましたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        3人 ( 5.5%)
 3. どちらともいえない   11人 (20.0%)
 4. おおむね適切      24人 (43.6%)
 5. 適切          17人 (30.9%)


(7)実験・実習を行うにあたり,積極的に取り組みましたか。
 1. 全く消極的であった       1人 ( 1.8%)
 2. やや消極的であった       3人 ( 5.5%)
 3. どちらともいえない       6人 (10.9%)
 4. ある程度積極的であった    26人 (47.3%)
 5. 積極的であった        19人 (34.5%)


(8)実験・実習のレポート作成にはどれくらいの時間をかけましたか。
 1. 3時間以内      17人 (30.9%)
 2. 6時間以内      24人 (43.6%)
 3. 12時間以内      7人 (12.7%)
 4. 1日以内        2人 ( 3.6%)
 5. 1日以上        4人 ( 7.3%)
 0. 未回答         1人 ( 1.8%)


(9)実験・実習の意義・内容を理解できましたか。
 1. 全く理解できなかった     0人 ( 0%)
 2. 理解出来なかった所が多い   2人 ( 3.6%)
 3. どちらともいえない     12人 (21.8%)
 4. ほぼ理解できた       32人 (58.2%)
 5. 非常によく理解できた     9人 (16.3%)


(10)実験・実習によってこの分野への興味がわいてきましたか。
 1.全く興味がもてなかった         0人 ( 0%)
 2.あまり興味がわかなかった        3人 ( 5.5%)
 3.どちらともいえない           2人 ( 3.6%)
 4.少し興味がわいた           34人 (61.8%)
 5.非常に興味をもてるようになった    16人 (29.1%)


●最後に,この実験・実習についての感想や意見があれば,回答用紙の裏面に自由に記入して下さい。
・あつかったけど実習の中で一番興味がわいて面白かった(溶接)
・溶接が暑かったけど一番おもしろかった。
・初めて学ぶことばかりでおもしろかった。
・苦労と楽しさの割に単位が1しかないのは残念です。
・やすりのときの万力の数が少なく感じました。


---------------------------------------------------------




なお下記は、過去の分の授業アンケート(実験・実習)の結果です。

平成24年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11473200972.html

平成24年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11305647868.html

平成22年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10591044150.html

平成21年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10433161869.html

今回(平成24年度 後期)も授業アンケートの結果がでたので掲載します。
機械工学科2年生の『機械工学実習』の結果です。

 アンケート回収枚数:42枚
 アンケート実施日 :平成25年1月11日(金)

---------------------------------------------------------
                   ()は比率。

(1)実験・実習のテキストは目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        2人 ( 4.8%)
 3. どちらともいえない    2人 ( 4.8%)
 4. おおむね適切      24人 (57.1%
 5. 適切          14人 (33.3%)


(2)実験・実習についての口頭説明は実験・実習の目的や方法などを理解する上で,適切でしたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         1人 ( 2.4%)
 3. どちらともいえない     1人 ( 2.4%)
 4. おおむね適切       18人 (42.9%)
 5. 適切           22人 (52.4%)


(3)担当教員以外の支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)は実験に役立ちましたか。
 1. 全く役立たなかった      0人 ( 0%)
 2. あまり役立たなかった     0人 ( 0%)
 3. どちらともいえない      5人 (11.9%)
 4. 役立った          25人 (59.5%)
 5. 非常に役立った       11人 (26.2%)
 6. 支援教職員やTA(ティーチング・アシスタント)はついていなかった
                 1人(2.4%)


(4)実験・実習を行うにあたり,実験・実習の設備や器具は適切でしたか。
 1. 不十分          0人 ( 0%)
 2. やや不十分        1人 ( 2.4%)
 3. どちらともいえない    3人 ( 7.1%)
 4. おおむね十分      19人 (45.2%)
 5. 十分          19人 (45.2%)


(5)実験・実習を行うにあたり,安全性について適切な注意がありましたか。
 1. 不適切           0人 ( 0%)
 2. やや不適切         1人 ( 2.4%)
 3. どちらともいえない     3人 ( 7.1%)
 4. おおむね適切        5人 (11.9%)
 5. 適切           33人 (78.6%)


(6)実験・実習をスムーズに行うにあたり,十分なスペースや安全な環境が確保されていましたか。
 1. 不適切          0人 ( 0%)
 2. やや不適切        1人 ( 2.4%)
 3. どちらともいえない    5人 (11.9%)
 4. おおむね適切      16人 (38.1%)
 5. 適切          20人 (47.6%)


(7)実験・実習を行うにあたり,積極的に取り組みましたか。
 1. 全く消極的であった       0人 ( 0%)
 2. やや消極的であった       2人 ( 4.8%)
 3. どちらともいえない       2人 ( 4.8%)
 4. ある程度積極的であった    20人 (47.6%)
 5. 積極的であった        18人 (42.9%)


(8)実験・実習のレポート作成にはどれくらいの時間をかけましたか。
 1. 3時間以内      10人 (23.8%)
 2. 6時間以内      24人 (57.1%)
 3. 12時間以内      2人 ( 4.8%)
 4. 1日以内        4人 ( 9.5%)
 5. 1日以上        1人 ( 2.4%)
 0. 未回答         1人 ( 2.4%)


(9)実験・実習の意義・内容を理解できましたか。
 1. 全く理解できなかった     0人 ( 0%)
 2. 理解出来なかった所が多い   1人 ( 2.4%)
 3. どちらともいえない      4人 ( 9.5%)
 4. ほぼ理解できた       33人 (78.6%)
 5. 非常によく理解できた     4人 ( 9.5%)


(10)実験・実習によってこの分野への興味がわいてきましたか。
 1.全く興味がもてなかった         0人 ( 0%)
 2.あまり興味がわかなかった        0人 ( 0%)
 3.どちらともいえない           3人 ( 7.1%)
 4.少し興味がわいた           23人 (54.8%)
 5.非常に興味をもてるようになった    16人 (38.1%)


●最後に,この実験・実習についての感想や意見があれば,回答用紙の裏面に自由に記入して下さい。
・全体を通して、非常に面白かったです。

---------------------------------------------------------

吉田のコメント
 今回は最後の自由記入欄への記入が1件でした。



なお下記は、過去の分の授業アンケート(実験・実習)の結果です。

平成24年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-11305647868.html

平成22年度前期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10591044150.html

平成21年度後期
http://ameblo.jp/eng-kousaku/entry-10433161869.html
少々、更新を怠っていました。

やはり、卒業生や他大学の技術職員へ向けて、少しでも日常の実習工場について書いておきたいと思ってはじめたブログなのだから、短文でもいいので、今年こそは週1回ペースの更新を目標としようと思います。

本年もよろしくおねがいいたします。



さて、小さな出来事をひとことかきますと・・・
今年の新年のあいさつのイベントは1月7日(月)の17時から開催されました。
本来ならば1月4日(金)11時からなのでしょうけど、今年に限っては、1月4日(金)は工学研究科は臨時休業だったのです。

教職員のお給料が今年から減額されることに対する代替処置として休暇がちょっと増えたってわけです。
(現実には教員の方々はあまり喜んでないそうです。休業日が増えるより給料を現状維持してくれってあせる