フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラーのブログ

国産マウントフジフラワーエッセンス開発者・エネルギーワーク専門家パビットラの本格的エネルギー解剖学ブログ講座です。フラワーエッセンスの花のエネルギーを本格的に学ぶ人に必須のブログ講座です。フラワーエッセンスがチャクラなどにどのように働くかを学ぶブログです。

異性からの評価や反応で傷ついたり心を病んでしまった時に

 

 

先日、事例検討の勉強会に行ってきました。
もうかなり長い間通っている、某大学の先生が主催されている閉じた勉強会です。


この日の事例は、カップルカウンセリング。
カップルカウンセリングとは、夫婦や恋人で受けるカウンセリングです。
守秘義務の都合上、内容については書けませんが、ハートサポートシステムのサイト内の「マウントフジフラワーエッセンス季節のお勧め」の最新記事「運命の滞りを突破したい時に●美しさとダイエット」とリンクしていたので、この流れで、今日はこの記事を少し掘り下げていきましょう。


今回の季節のお勧めが短文だった為、補助的に役立つ情報をご紹介したいと思っていたので、丁度よいタイミングです。

 


夫婦であれ恋人であれ、クラスメートであれ同僚であれ、自分の周囲にいる異性、とりわけ感情的に惹かれる異性からの言動で、自己評価が極端に低くなり、それ以降は正当な評価を自分に与えてあげられなくなったり、心を病んでしまう事があります。
繰り返し行われる言葉によるDV等も、そうですよね。
また、心を安心させてあげる為、過食に走ってしまう事もあるかもしれません。

 


季節のお勧めの最新記事には、「美しさとダイエット」の裏技的な使用法として、「愛情と関係する感情が背後にある、変えられない運命のように感じられる、自ら固めてしまった運命の呪い」を解くボトルとしてご紹介しました。

 


他者との関係によって自己評価が高くなったり低くなったりするのは、人として自然な反応。
本来なら、他者から言われた事は、その人そのものではありません。
ですが、それをイコール自分自身として必要以上に引き摺ってしまうと、滞ったままの感情を抱え込んでしまう事になります。
感情的に惹かれる異性であればある程、その傾向は強まるかもしれません。


 


 
低い評価はヘコんで当然・・・あまり責めるニャニャン✿



何であれ、解放できない出来事には、感情が接着剤のようにくっついています。


この滞ったままの感情を抱えていると、その感情が、それ以降の出来事にも接着剤のようにくっついて、出来事の体験に影響を与えていきます。
感情の接着剤で固まった状態で出来事を感じてしまう事で、出来事を通して自己評価の低さを次々と見い出し、いかにも真実であるかのような理由付けをしてしまう事となるのですね。

 


そんなふうに、繰り返し似たような体験を引き寄せ、つまり、感情の接着剤によって似た体験だと自己認識される事で、徐々に、微細な次元での信じ込みは固まっていきます。


感情の接着剤と信じ込みは、相乗作用しながら、下位のチャクラが、現象世界においてどのように機能するかを固めていきます。


例えば、「私は女性(男性)として魅力がないから」という低い自己評価の信じ込みが、恋愛といったダイレクトな領域だけではなく、仕事上での役割や近隣での交流等、あらゆる現実場面での在り方や反応を決定してしまうようになります。

 


これはまさに、運命の呪いにかけられたような状態です。
でも、その呪いの魔法は、感情の接着剤で自分を固めてしまい、自分で自分にかけているのですね。


他者の反応や評価を、自分の呪いに取り込み、運命にしてしまう必要はありません。
留めず、流していっていいのですね。

 


「美しさとダイエット」は、そんな固まった運命の呪い、魔法を流してくれるボトルです。
この世界に携えて来た本来の自分の個性、ユニークさがのびやかに発動し、流れていく為に。


そうなるなら、別の意味での相乗作用が起こり始めるかもしれません。
あなたが流れている時、周囲もそれに合わせて反応していくでしょう。



 


ハートサポートシステムのお庭に咲く薔薇



「美しさとダイエット」は、その性質からみて、飲用のフォーミュラーオーラ外用のオーラスプレーを併用すると、とりわけ役立つボトルです。
美しさやダイエットのサポートとしてだけではなく、固まったしつこい運命の呪いを溶かし、解放する為に、よろしかったら使ってみて下さいね。

 




★フラワーエッセンスを実際に使用されてのご質問への回答は、こちらからご覧ください。




よろしければ、応援クリックを2回お願いいたします。


にほんブログ村


ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)