2006年01月15日

「プライドと偏見」

テーマ:映画 は行

「プライドと偏見」  公式サイト  


劇場鑑賞 

ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆



2006年1月14日公開



5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校

ミスター・ウィッカム。

彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。

オーリーもどき? なんとデップ氏主演「The Libertine」に出演しています



オーリーの顔は代表的なイギリス顔なのでしょうか?

ちなみにウィッカム役はルパート・フレンドという俳優さんのようです。

そして、デップ氏主演の「The Libertine」に出演されています。

ほかに詳しいことは・・・わかりません。


さて、しっとりしたラブストーリーですね。

以前の私なら苦手な分野なのですが、観に行きました。

18世紀のイギリスが舞台となっている作品だからです。

そう、私は宝塚歌劇が好きなのです。

コスチュームが好き、

貴族が存在した時代の許されざる恋という設定も大好きなのです。


この作品は、大変有名な作家、ジェーン・オースティンの

「高慢と偏見」を原作とした作品で、

何度も映画化されているそうです。

そして、以前にこれらの映画を見ていなくても

原作を読んでいなくても、

実はストーリーの結末はだいたいわかります。
(そう、私がそうなのです。ジェーン・オースティンのことも

これまでの映画のことも知らなかった。)


結末がわかっていながら、でも、見たくなるのは何故なのでしょうね?

やっぱり、恋する過程やそのドラマに期待しているのでしょうか。

そして、18世紀イギリスが舞台というのも私には魅力でした。

ついついひねくれた見方ばかりする私。

しかし、18世紀のイギリスという、ほとんど別世界が設定であれば

ちょっとおかしいと思える展開でも

「この時代のこの国なら、ありえたのかな?」と

あまり深く考えず、ラブストーリーに専念できます。


それに、優雅な生活、

美しい調度品やドレス、舞踏会

これらを見ているだけでも、心躍ります。

やっぱり楽しいよ。

今回はキーラも美しかったので更に楽しかった。


さて、映画では切なくなる場面がありました。

エリザベスとダーシーが彼の邸宅テラスで再会した場面。


一度はダーシーの申し出をお断りしておきながらも

彼のことをどこかで信じようとしているエリザベスの気持ち。

(本人にもなぜ不安になるのかわからないような

不思議な感情があったと思う)

一度は断られながらも、

やはり諦めきれず、再会に心躍っているダーシー。


会話を交わしながらも、

言葉は上滑りで、お互い気持ちが動揺している。

でも、本当は心はお互いを求めていることが感じられて

切なくなりました。


貴族社会の中で、女性は結婚することでしか

自分の身を立てていくことはできませんでした。

そんな時代に本当の愛を求めることは馬鹿げていて

でも、それを追い続ける美しきエリザベス(キーラ・ナイトレイ)には

恋ではなく、女性の生き方として今の時代の女性にも

共感出来るところがあると思います。


そして、それを支えるのは、理解あるお父さん。

最後の場面、

お父さんの本当に娘のことを案じる姿勢はさすがです。

家長ってこういうことなのですね。

何もかもお見通しというカンジでした。




原題:PRIDE AND PREJUDICE

製作:2005年イギリス

監督:ジョー・ライト

脚本:デボラ・モガー

出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン

配給:UIP

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

ゆづさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

26 ■●kimion20002000さんへ

こんにちは。
「家長」「妻」「娘」はたまた「貴族」などなど
それぞれの役回りがいかにも!って感じでした。
むかしは、「貴族らしく」とか
身分によって求められる雰囲気とかが
かなりハッキリしたいたのだろうなぁなどど
ぼんやり考えながら見ていました。

25 ■パパ

tbありがとう。
フランス革命の前ですからね。貴族社会が崩壊していくことを、ドナルドパパは、感じているような、悠然とした振る舞いでした。

24 ■●タウムさんへ

こんにちは。
TBありがとうございます。

しっとりとした映画で、とても気に入りました。
女性の人生の選択肢が少ない時代を舞台としていますが、
ホント、現代の女性にも通じるところがたくさんありました。
私も強く自分の意思を持って生きたいなぁとおもわせてくれる作品でした。

23 ■TBさせていただきました

本当にいい映画でした。

時と場所を越えて、現代の日本人にもいろいろと得るものが多い気がしました。

22 ■●お返事<ゆづより

>映画三昧さん
こんにちは。
いえいえ、フィギュア王国・名古屋の私には嬉しい話題です!
荒川選手は堂々金メダルでしたね。
オリエンタルビューティーの彼女が金メダルというのも非常に嬉しいです。

21 ■TB返しありがとうございました!!

全然関係ありませんが、女子フィギュアのショートプログラムを今、見てます。安藤ミキティがコケそうになって、壁にもブツかりそうになって、ヒヤヒヤもんでした。これから、荒川静香がでてきます。もう少し安心して見せてください。心臓に悪いです!

20 ■●お返事<ゆづあげより

>紅玉さん
こんにちは。
この作品の紅玉さんの感想を聞きたかったので、嬉しいです。

キーラは益々綺麗になってきますね。
笑うと下品とも言われていますが、
最近はそれも彼女の個性だ、と思えてきている私です。

作品としてもイギリスの美しいお城も堪能できて、満足できました。
でも、ジュディ・デンチはこわかったです。

19 ■見てきました。

滑り込みセーフでなんとか間に合って見ました!TBさせてくださいね。

つくづくこういう時代い生まれていたら女性は大変だっただろうな~と思いました。
でもああいう時代だからこそ、こんなふうに清らかでせつない愛も育つのね~なんてうらやましく思ったり。

キーラは可愛かったですね!
そして要所要所で若い俳優たちを際出させるようビシッとしめてくれるベテラン勢。さすがの存在感でした。

18 ■●お返事<ゆづあげより

>nakajiさん

こんにちは。
映像、綺麗でしたよね。
お城も豪華だったし、昔の貴族たちの時間ってゆっくり流れていたんだなぁと感じました。

17 ■tbさせていただきます

こんにちは
TBさせていただきます。
本当に映像がきれいでしたよね~。
私はあのイギリスの風景をみただけで満足でした♪

16 ■●お返事<ゆづあげより

>あきさんへ
無事に優勝して、よかったです。
ホント、怪我があると精神的にもしゅ~んとなってしまうようなので、
今年も怪我無く進んで欲しいなと思っています。

>astakさん
こんにちは。
私も原作を知らずに見ました。
でも、映像が綺麗だったし、話しもしっとりしていて非常に気に入りました。

15 ■TBありがとうございました。

私も原作やこれまでの作品を知らず、まったく先入観なしで観ました。キーラ・ナイトレイも、18世紀のイギリスの風景や調度品も、とても素敵で、思い切り堪能できました!

14 ■栃東関

の優勝が濃厚となって来ましたね。
嬉しいですよね~

怪我さえなければ本当に強い人だと思っています。

13 ■●お返事<ゆづあげより

>lycaさんへ
こんにちは。
お嬢さんおふたりも風景も綺麗でしたね。
> マシュー・マクファディンのほうに騒いでしまいました
観終わるころには、マシュー扮するダーシーが高慢ではなく誠実実直にみえてくるんですよね。
ちょっと地味だけどカッコよかったですね。

>紅玉さんへ
こんにちは。
早速観て来ましたよ~。
「高慢と偏見」は有名な小説なのですね。
全然知りませんでした。恥ずかしい。
いつも鋭い視点の紅玉さんの感想に興味があるので、
是非観に行ってほしいなぁと思いました。


>いもさんへ
こんにちは。
マシューは、はじめはイヤな奴に見えたのに、
終わる頃にはカッコよく見えるから不思議でした。
ところで、いもさんは大相撲好きでもあられたのですね。すごい!
(大島部屋というと、旭がつく力士たちの部屋ですか?)
私はもっぱらテレビ観戦が中心で、朝稽古の見学にすら行ったことがありません。
今年の名古屋場所は是非玉ノ井部屋へ見学に行きたいなぁ。
寄宿場所は知っているんですよ(笑)


>アクセルさんへ
こんにちは。
ええ~。綺麗な顔のルパートくんとちょっとイッちゃっているデップ氏(デップ氏はいつもイッちゃってるなぁ/笑)のラブシーン!!!!!
気になる~、観たい~。
カットされてるのかぁ。じゃぁ特典映像でDVDに入るかな。
公開前からDVDが気になってしまいました(笑)

>ALICEさんへ
こんにちは。
やっぱり、オーリーに似ていますよね、ルパートくん。
私はデップ氏ファンでもあるのですが、このルパートくんとデップ氏の絡みがあるとなると、リバティーンが益々楽しみになってきました(笑)。

12 ■こんにちは。

結末が分かっていても見たくなる映画は
結末までの持っていき方が上手なんでしょうね。この映画もその類の映画でしたね。
オーリー似の彼が出てきたときは、オーリーがカメオ出演してるのかって目を疑ったくらいです。リバティーン楽しみにしています。また遊びに来ますね。

11 ■オーリーもどき。

ゆづさん、この人とジョニーがリバティーンで絡むんですよ~~。ロチェさまは男もOKなんです。
なんでもキスシーンもあったとか。。。
結局そのシーンはカットされたみたいですけどね(クゥ~見たかった)
どんな人なのか、興味津々。

10 ■ウィッカム

ゆづあげさん、こんばんは(^^)
こちらもコメントいただき有難うございました☆
ウィッカム役の人、「ベッカムみたいな顔やなぁ」と思ったのですが、そうだ、オーランド・ブルームにも似てましたよね(笑)

キーラは本当にキュートでした。
マシュー・マクファディンも良かったし、もう一度観たいなぁと思える作品でした。

ところで栃東関のファンでらっしゃるんですね。
私も10~13年ほど前にかなりの相撲好きで(特に大島部屋)、大阪場所の時には朝稽古を見に行ったり、地方場所を見に行ったりするほどだったんですヨ(^^)

9 ■早い!

もう見てこられたんですね。私も見に行く予定です。
「高慢と偏見」って読んだことないんですが、ファンの多い古典ですよね。
たしか「ユーガットメール」でメグ・ライアンが愛読してましたよね。
キーラの相手役の男優さん、知らない人なんですけど、写真で見る限り微妙に地味なハンサムって感じがなかなか良さそうです。(笑)

8 ■TBとコメントありがとうございました

きれいな人がたくさんでている映画でしたね。どっちかというと、ルパート・フレンドよりもマシュー・マクファディンのほうに騒いでしまいました(笑)

7 ■●お返事<ゆづあげより

>更紗♪さんへ
こんにちは。こちらこそコメントありがとうございます。
> 家長」としては甲斐性がないとも思えましたけど
なるほど。確かにエリザベスのお家はだいぶ質素でしたものねぇ(^^ゞ


>ミチさんへ
こんにちは。
あのお母さんに育てられながら、上のふたりだけが上品というのも、ちょっと不思議ですよね(笑)
お姉ちゃんたちはお父さんに似たのかな?


>kinoさんへ
やっぱりオーリーに見えますよね。
カメオ出演かと思ってドキドキしてたんですよ~(笑)

>「いつか晴れた日に」も素晴らしい映画でしたよ

オースティン作品は他にも映画化されているのですねぇ。観てみたいなぁ。
これもコスチュームかなぁ?


>あきさんへ
こんにちは。
相撲ネタはときどき、しかも栃東中心ですがよろしくお願いします。
この映画はラブストーリーですが、キスするわけでもなく、馬車にのる女性に手をかすときに触れ合う程度・・・。
それでもハラハラするし、切なくなるし・・・。
思った以上に感情移入して観てしまいました。


>migさん
こんにちは。
文字化けしちゃいましたね。
せっかくコメント入れていただいたのに・・・。
また、migさんのところへもお伺いしますね。
よろしくお願いします。


>shimoさんへ
キーラ・ナイトレイは美しかったですよ。
私も彼女を目当てに観に行きました。
キーラの美しさだけでも見る価値あります。本当に。
舞踏会などで「あはは」と笑う仕草もかわいいし、しっかりした意思を持つ女性を演じると素敵ですね。
割と通好みの映画だし、ひとりで観に行かれても、きっと大丈夫ですよ。
私もひとりで観に行きました(T-T)

6 ■観たいなぁ…

この映画も観てみたい映画の一本なんですが、男が一人で観に行くのは…
実は、キーラ・ナイトレイが観たいんですけど…(*^^*ゞ
観てきたらブログにアップします…

5 ■無題

C±COC…CoCOAATBC†CEC?C?C§C?C\C¢C?C∑AB
amCcC…i?AA
CoCAC!C?EIA[EaA[eoC?CμCΩCAAo
a¬êliIC…COEhEiEaEhETEUA[EaEiEhC?o≪CcC!CΩC?C∑A`AB

4 ■こんばんは☆

コメントありがとうございました。
私も映画は大好きなんですけど、観る暇がなかったり、
観ても邦画ばかりだったりなんです。
映画自体、最近観る様になった初心者なんですよ(^^)
この映画、観に行ってみたいです。

3 ■切ない!

TB&コメントありがとうございました。
ふふふ やはりオーリに見えましたよね!

このお話の”切ない”が非常によかったです。
私もジェイン・オースティンには詳しくないですが
「いつか晴れた日に」も素晴らしい映画でしたよ!

2 ■TBありがとうございました

こんにちは♪
私も現代のラブストーリーはあまり好きではないんだけど、こういう「時代物」ならオッケーです。
ダーシーに「あなたの家族は品がない」と言われていましたよね。
あのうるさ型のママも、娘を売り込もうと思ったら品良く育てなくちゃいけなかったのに~(笑)

1 ■はじめまして、

TB&コメントありがとうございました。

>お父さんの本当に娘のことを案じる姿勢はさすがです。
本当ですね。母親に「従兄と結婚しろ」と言えといわれた時に「結婚したら父さんと縁が切れる」って台詞は感動的でした。
「家長」としては甲斐性がないとも思えましたけど
娘を家族を愛している姿は共感できました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。