モチベーション定着のすすめ ~楽学メソッドが創り出す効用~

業績アップのためのやる気定着講座!!〜楽学(らくがく)メソッドで持続性のある人材を創る〜



テーマ:

「部下を魅了する上司とは?」

 

こんにちは。人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタントの高村です。

いつもお付き合いいただき、有難うございます。

 

さて、今日は幹部の皆様へのメッセージを送りたいと思います。

 

誰の元で働くかによって、その人の人生は左右されます。

なんでもかんでも「あいつのせいで俺の人生が狂った」と

被害者意識で全て上司の責任にされたら困りますが、

上司は全てを自分の責任と捉える心構え、

「あり方」が必要だと思います。

 

そこで上司としての「あり方」を探求する上で、とても大切な質問があります。。

自身以外の存在をどう捉えるのか?

これは研修中、私がいつも参加者に問いかけているフレーズです。

 

「部下から慕われている上司は、
自身以外のことを○○だと思って関わっている」

 

さぁ、○○にはどのような言葉が入ると思いますか?

 

模範解答を考える前に、

普段あなたがどう意識しながら関わっているか、

振り返っていただきたいのです。

いかがでしょうか?

 

もしかしたら何も意識していなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

研修中では次のような回答が多くでてきます。

 

「神」しかないやろ。
だって「神様」と思ったら、自然に手を合わせられるもん。

「先生」やろ。
他の人のことを「先生」と思うからこそ、素直に耳を傾けられるんとちゃうか?

「家族」とちゃうか?
「家族」と思うからこそ大事にするんとちゃうかな?「有り難い存在」だって。

「有り難い」ってことは、かけがえのないってことやん。

だから大切にするんやで。

 

前職で講師トレーニングを受けているとき、

上司から「高村君、部下から慕われれている上司って、

自身以外のことをどういう風に捉えて関わってるんかなぁ?」

と聞かれたことがあります。

 

当時の私は「神」や「先生」「家族」など答えていくと、

上司は「そう、その通りや、ただもっと身近な存在やと思うんやなぁ」

上司に良く思われたいという気持ちから

模範的な回答ばかりを述べていたのですが、

深い気付きを与えてくれる答えは日常の中にありました。

 

『A君が高村君とは違うプランを提案してきたとき、君はムっとした顔をしたよな』

「は、はい」

『あれは悪いプランやったか?』

「い、いえ、面白い切り口やなぁと思いました」

『ほな、なんでムっとしたんや?』

「・・・」

 

『言葉選ばんでもええ、言いたいように言ったらええ』

「なんで僕の言う通りにせんと、意見言ってくるんかなと思いまして・・・」

『せやなぁ、俺も正直同じように思うかもしれんなぁ。ところで提案って何やろ?』

「え?どういう意味ですか?」

『いや、提案っていうと聞こえがいいけど、あれは現状の否定ちゃうか?』

「そう言われれば・・・」

『現状、今までのやり方、高村君自身を否定されたような気分になって、ムっとしたんちゃうか?』

「それはあるかもしれません」

 

『ほな、ちょっと見方を変えてみるけど、あれがお客さんやったらどうや?』

「どういうことですか?」

『その提案を言ってきたのがA君やなくて、お客さんやったらどうや?』

「それは、貴重なご意見有難うございますって言いますよね」

『せやなぁ〜、やっぱりそうやなぁ〜』

「あ・・・」

『俺は高村君のお客さんとの接し方は好きや、お手本にしてるくらいや』

「あ、有難うございます」

『ただなぁ、部下や後輩、パートさん、同僚、そして上司にはどうかな?』

「・・・」

 

答えはもうおわかりですよね。

 

そう、お客様です。

 

自社の上手くいっていないところを、

わざわざ時間とお金をかけて伝えてくださるお客様がいます。

そう、クレームを伝えてくださっているのです。

「有難うございます」と必ず伝えますよね。

 

部下が上司とは異なる意見を述べる、

上司に対して文句を言ってくる、

もちろん限度はあるかと思いますが、

相手をお客様と捉えたらどうでしょうか?

 

素直にとまではいかなくても、

受け入れようとする姿勢が芽生えませんか?

 

偉そうなことを述べましたが、

私自身もできていないことが多いです。

 

ただ、できていないときに気づくことはできるようになったと思います。

一歩ずつ、1mmの成長を味わえるようになっていきたいですね。

 

最後までお付き合いいただき、有難うございました。

また次回をお楽しみに。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「研修が盛り上がり、その後の解説の頷きが大きくなった!」
など、多数の講師に喜ばれた「講師のための講座」

〜人財育成業界で活躍している講師のための講座〜
ベテラン講師のためのファシリテーション道場
---------------------------------------------------------------
  http://www.energy-se.jp/lp.html
---------------------------------------------------------------
【予約受付中】場所:東京 日程:7月30日31日

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


=====================================
ご相談したいこと、訊きたいことを募集しています。
http://www.energy-se.jp/contact.html
エナジーソースのお問い合わせフォームよりお送りください。
=====================================


~自律型人財が生まれる『楽学メソッド』で人の可能性を探求する~

株式会社エナジーソース 代表取締役 高村 幸治

人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「自律(自立)する能力をつけてあげませんか?」

 

こんにちは 人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタントの高村です

いつもお付き合いいただき ありがとうございます

 

 

さて 今日は前回取り扱いました

『恩着せがましい人材育成はやめよう』

について沢山のご感想やご質問をいただきましたので

そこを深掘りしていきたいと思います

 

 

いろんな ご意見ご感想を頂戴したのですが

その中でも多かったのが

つい「あれしろ これしろ」って言ってしまいます

忍耐かなと思うのですが 我慢できなくて・・・

思ったように部下が動いてくれないと

つい言ってしまうんですよね

 

 

今回はいつもと違う形の展開で

顧問の的場講師に回答をお願いしました

 

私の心理学の師匠から

この方から学んだらいいよと紹介していただいた方で

今では弊社の顧問をしていただいております

 

 

部下指導という観点でもそうですが

子育てでも通じるところがあります

そういう視点で読んでいただければ幸いです

では 的場講師よろしくお願いします

 

 

みなさん初めまして 的場つよしと申します

僭越ながら 今回は私が回答を担当させていただきます

 


私なら という観点でのみで好き勝手 書いてみました

代表の高村がいつも言っておりますが

あくまでも一つの意見として捉えていただけば幸いです

そうすることで視野が広がり 心が少しは楽になるかもしれません

 

 

まず 「あなたのためのを思って言ってるんだよ」の弊害から


言われる側の心理としては

「だれが頼んだ !?」となっているかもしれません

 

 

次に 先回りして「教える」ことですが

結果だけから言えば 本人の自主性とやる気を

奪う結果につながること になりかねません

 

 

基本 部下の理解力にもよるのですが

部下自身の「失敗体験から学び取る」が一番いい学びにつながります

それ以外から 深い学びは難しいと考えます

 

 

一番いいのは

「上司が部下のために一番いいことを知っている」と

部下に自覚させることですね

 

 

本当に自覚していれば

部下にも損得勘定がありますから

「それを知っている上司の言うこと」だから

聞いた方が良いよなぁとなるかもしれません

素直な部下であればですよ

 

 

しかし まだまだ未成熟の部下の場合はどうでしょう

自制心が弱い段階です

欲求に負けてしまうことも多いでしょう

その時は その結果で自分にどのような不利益があるか

自ら体験するのが一番学びになると思います

 

 

このようなお話しをすると

上司として無責任だと言われかねません

 

「失敗するとわかっていても放っておくなんて!」

と感じる人も多いのは事実です

 

 

ただ よく考えていただきたいのです

 

「上司は 部下の人生を代わりに生きることはできない」

「親は 子ども人生を代わりに生きることはできない」

 

いかがですか?

 

 

こんな時には

「上司が部下にどのように育って欲しいのか?」

がポイントになってきます

 

そして この問いの探求した先は

恐らく「幸せになって欲しい」ではないでしょうか?

 

 

最後に質問です

 

「上司が部下の人生を 部下が死ぬまで守り通すことができますか?」

「親が子どもの人生を 子どもが死ぬまで守り通すことができますか?」

 

それができるなら「転ばぬ先の杖」となるのもいいかもしれません

 

 

大切なのは先の幸せのために

「自律(自立)する能力」をつけてあげることではないでしょうか?

 

 

「僕はあなたのためになることを知っているから言うけど ○○だと思う」

「◯◯君、あなたはどう思う? あなたはどうなりたい?」

このような質問だけを問いかけてみてください

 

あまりしつこくない程度に

部下の将来の幸せを願った視点で関わることをオススメします

 

 

最後まで お付き合いいただきありがとうございました

また来週も よろしくお願いいたします

 

 

~自律型人財が生まれる『楽学メソッド』で人の可能性を探求する~

株式会社エナジーソース 代表取締役 高村 幸治

人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「お前のためを思って言ってるんや」

 

こんにちは 人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタントの高村です

いつもお付き合いいただき ありがとうございます

 

さて 今日はマインド的なところで

部下育成で言ってはいけないセリフ

「お前のためを思って言ってるんや」

について考えていきたいと思います

 

 

聞いたことありませんか?

私はあります

しかも 私も使っていました

恥ずかしいですね

 

 

研修でも 一所懸命頑張っている上司から聞きます

「お前のためを思って言ってるんや」

 

全てを否定するつもりはありません

本当にそうだということもありますので

しかし そのときには

「お前のためを思って言ってるんや」

なんて言わなくても伝わりますよね

 

 

一度立ち止まって考えてみたい

自分の世界に引きずり込もうとしていないだろうか?

自分の思うように操作しようとしていないだろうか?

 

 

そういう傾向の強い人が発する言葉の最終形態は

「お前のためにここまでやってやったのに・・・」

こうなったらおしまいですね

 

 

「あなたのお陰で成長しました」と言って欲しいのでしょうか?

こんなことを心のどこかで望んでいるようでは上司失格ですね

 


部下「がんばったらできました!」

上司「そうや お前は自分を信じて頑張ったからできたんや!」

で いいじゃないですか


 

そのときに気づかなくても

いつか必ず気づくときがある

 

 

ただ 私も生意気なことは言えません

同じようなことを発したことがありますから

 

 

子育てでも同じようなことがあります

「あなたのためを思っていってるの」

「お前のためにどれだけお金をかけたと思うんや」

 

 

人は強制を嫌う傾向があります

押しつけを拒絶する傾向があります


部下が『あなたのようになりたい』と心底願えば

こんな言葉はいらないはずです

 

 

部下の指導に時間を費やす

部下の悩みに耳を傾ける

上司自身がやりたいから やったんです

 

 

そう思って接すると

また見えてくる世界が変わるかもしれませんね

 

 

最後までおつきあいいただき ありがとうございました

また来週も よろしくお願いいたします

 

 

~自律型人財が生まれる『楽学メソッド』で人の可能性を探求する~

株式会社エナジーソース 代表取締役 高村 幸治

人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)