株式会社エナジーソース 公式ブログ

企業研修・企業講演はエナジーソースにお任せください。年間11,000名を超える受講生。98.5%以上の満足度。楽学トライアングルが成長を加速させます。

NEW !
テーマ:

「もっと時間が欲しい!」
「一日が48時間あればなぁ・・」
 
このように考える人は結構いるのではないでしょうか?


ただ、このように考える人の多くが、

「時間さえあれば、なんとかなるのに・・」
と考えがちです。
 
しかし現実は、一日は24時間ですし、

その長さを変えることはできません。

 

またそう思っている中では

結果を出すことは期待薄であることが多いです。
それは、残り時間と仕事を進めるための時間の
感覚を正確に見積もれてないからです。
 
人生に与えられた時間と同様、

仕事にも締め切りがつきものです。

「時間がないから、できない」で済まされるはずはありません。

 

▶︎限られた時間の中で最大の成果を発揮することを
 絶えず求められるのが、仕事をしている人に常に求められます。
 
もちろん「もっと時間あったら・・」と願う気持ちは、

理解できます。
 
しかし「行動しない人」は、時間があったとしても、

同じ結果になることが多いのも事実です。
 
そんな人は、ベースについての思考を

変える方がいいと思います。
 
行動しにくい人の志向の傾向として

「これしかない!⇨でも時間が足りない!」という流れに

終始している感じがあります。
 
それを下記のように捕らえなおす必要があります。
 
▶︎「時間は有限!しかし打つ手は、無限!」
 
何かをやろうとするときに、

方法は一つと考えるから、

時間と労力の制限がかかってしまうのです。
 
まずは、やり方は他にもあるのではと

考えるとからスタートする方がいいと思います。
 
何かをやり始める前に、

このやり方以外本当にないんだろうか?と、自分に問いかけるのには、

実際はそれほど時間はかからないことが多いものです。
その習慣がないだけのことが多いです。
 

 
まずは、考える。

それでも浮かばなければ、人の知恵を借りる。
このステップをしないので、問題の棚上げされてしまうのです。
 
さぁ、あなたは自分だけでなんとかしようという思考にはまっていませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当たり前ですが、仕事は一人でするものではありません。

お客様、お取引先、関連部署、そして必ず周りのスタッフ
との関係性なしに、仕事はできません。
 
できれば、うまくコトが運ぶように関係者をコントロール
したい気持ちが芽生えるのは自然なコトだと思います。
 
しかし、結果を出す人は、

 

相手をコントロールしようとしません。
 
なぜなのか?
 
それは、コントロールしようとすると

自分にとって都合はよくなるかもしれませんが、

相手の持つ能力を制限するコトにつながります。
 
思考・行動を制限されて気持ち良く周りに居続ける人は少ないです。
となれば、結果的には、人は離れていきます。

 
▶︎結果を出す人は、相手の行動力を高めようとします
 
何か成し遂げようとする時に

自分一人でできることなんてたかがしれています。


巻き込み協力をしてもらわなければできることは
自分が思っている以上に小さなものです。
 
人との価値観は違って当たり前、

「同じように感じろ!」「考えろ!」と

やってしまうとうまくいきません。
 
まずは、一緒にやる人との共通雨部分を探し出し
お互いが満足できる行動をとることが必要です。
 
さぁ、あなたは、相手との満足できる共通部分を
探していますか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結果を出す人は、自分の行動だけを仕事だと
捉えていません。この仕事が社会的な影響関係の中で
どのように作用するのかを考えて行動します。
 
「自分の仕事に集中したい」のにその仕事の邪魔になる
仕事を押し付けられていると感じる人も多いのではないでしょうか。
 
例えば、「こんな報告書なんで出さないといけないんだ。営業
効率が落ちるのに・・・」とよく聞く話です。
 
そんな時も視座の転換ができる人は、
 
「営業からの情報を本部が吸い上げて、今後の方針に活かせば営業方針
 もより明確になりそのための動きが打ち出されたら、無駄な事が減り、
効率もあがるよな」
 
と見方を変える事が可能になり、その仕事の存在意義が見え、必要な仕事
だと理解できます。
 
となれば、「当事者意識」がうまれます。
 
「当事者意識」がうまれたら、「もっと営業で貢献できるように
報告した情報がどのように活用されているのかをフィードバックしてほしい」
などと提案ができるようになるかもしれません。

「視座」を変える事は簡単です
 
それは、常に相手の立場に立って、この状況は、その相手にとってどのような意味が
あるのだろうか。どう感じるだろうか。と想像してみる事です。
 
若い人たちに想像力不足を指摘する人もいますが、本当にそうだろうか?
と思う事が年配の人たちにも感じます。

 
さぁ、あなたは物事を視座を変えて見る事が出来ていますか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)