株式会社エナジーソース 公式ブログ

企業研修・企業講演はエナジーソースにお任せください。年間11,000名を超える受講生。98.5%以上の満足度。楽学トライアングルが成長を加速させます。


テーマ:

「どうして言うこときかないんでしょうか?」と、
ある企業の上司の方より相談がありました。
 
なんとなく共感を感じる上司の方も多いのではないでしょうか。


しかしよく考えてみてください。
上司の仕事は、「成長させること」 

なのに、いつの間にか自分の言うことを聞かせる。

つまり「支配すること」が

目的になってしまう上司も多くいらっしゃいます。
 
 

では、どうすればいいのでしょうか。
そんな時は、思い切って、指導をやめるのです。

 

なぜなら、部下は「ああしろ!こうしろ!」と
口うるさく言われ続けて、うんざりしてしまいます。
そんな状態で何を言われても、ほとんど入りません。
 
だからこそ、なんだかんだと指導せず、「そうなんだ」と
一旦受け止め、ただ話を聞くだけにしておくんです。
 
そうすると、部下は、安心し、上司であるあなたへの
想いも持ち直すでしょう。


そのようにして、

信頼関係を構築し直すことができれば、

次のステップに移行するのです。


支配欲に自分が支配されるのか、

本当に成長して欲しいと願うのか、

そこが大きなポイントとなります。
 
さぁ、あなたはどのように部下と接していますか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とことんまで仕事してギリギリに準備を始める。。

ふと気づくと足りないものが。。

こんな風に先様に遅刻するというパターンを

何度か繰り返す社員がいました。
 
本人に、「大丈夫か」と上司が口を挟んでも、
「大丈夫です」と同じ返事。

本人は、ギリギリまで仕事して頑張ってるんだから、
ある意味しようがないと思っているのかもしれません。
 
確かに一生懸命ではあるのです。
 
しかし管理職として、

『間違った努力にはちゃんと注意してあげるべき』

なんです。
 
正しく叱る!

これはとても大切です。
 
「最初から持っていくものを詰めておく」
「仕事なら、先様の近くの喫茶店でギリギリまでやる」
 

など具体的な改善策を伝えた上で

アクションレベルでわかるように

指示する、叱る、アドバイスする事が

必要な社員も多くいるのです。
 

「遅刻しないように意識しろ!」は、

通用しない指示になっているのかもしれません。
 
さぁ、あなたは、見えない意識をどう言語化して伝えますか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも「どうしたら人は行動したくなるのか」をテーマに
いろいろと研究しています。
 
行動の速い人は、上手くいっている人を

素直に真似ながら習得してます。

 

真似るということに嫌悪感を持つ人がたまにいます。
 

しかし、真似ることの本質は、お手本をみること、
勉強で言えば、教科書をみること、料理で言えば
レシピをみることです。

 

それをしないで勉強した人はほとんどいないと思います。
 

最初はまず基本を学ぶ。

それすらせずに、オリジナルにこだわって

できる人ってまずいません。
 
試しに何の情報(レシピ)もなしに、何も見ないで、
ケーキなりお菓子を作ってみてください。
 
そして「私はオリジナルにこだわってるの」

(だからレシピもみない)という人に、

貴重な材料を渡しますか?

現物から製作過程と材料を想像して

作るなんて神業ですよね。
 

しかし何度もケーキを作ったことのなる人なら、

それも可能に近づきます。

 

すぐやれない人は、

真似することに抵抗を感じます。

 

だから考え過ぎてしまいます。

 

結果行動に写せず、

やり始めることすらできなくなってしまうのです。
 
やり始めは、

とにかく上手くいっている人の真似をするのが
何より効果的で効率的です。

 

これは心理学の世界でも「モデリング」と言って古くから
推奨されているやり方なのです。
 
さぁ、あなたは、何を始めたいですか?

そしてそれを上手くやっている人は誰ですか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)