六年生(それでも夏休み)

テーマ:

 4月18日「六年生(井の中の蛙)」以来、また大きく脱線して

しまった。

 

 人生初めての塾に行き、もまれて、大人になった(?)私は

田舎に帰ってきて変わったかと言われれば、とんと変わらなかった。

 

 塾に行ったといっても一週間だけだったので、夏休みはまだ

沢山残っていた。 塾であれだけショックを受けたにもかかわらず、

小さいながら大川という名の川に私は毎日鮎を突きに出かけていた。

 

 川の深い場所にも鮎はいるが、そもそも銛で突くことは不可能だ。

だから、我々の主戦場は子供の膝小僧くらいの浅瀬だ。

顔を横に曲げながら水中メガネで川底を覗く。 我々に驚いた鮎が

あわてて岩間に入った所をしっかりと見定め、その岩間に銛をぐさり

と突き刺すのである。 まれではあるが、二匹いっぺんに突けることも

あるのだ。 その突くという感触は今でも体に残っている。

 

 六年のある日、いつものように体を横に倒しながら川底を見ていたら

丸々と太った鮎がさっと岩間に隠れた。 しめしめといつものように

伝家の宝刀を突き刺した。 しかし、明らかに鮎の手応えと違った。

何せ大物だ。 鯉じゃないかと思った。 引きずり出すとそれは得体の

しれない半端なく臭くて異様な生き物だった。

 

 それは、「ハンザキ(ケ)」と田舎で呼ばれていた生き物だ。 自分で

獲ったのは初めてだ。 

 

 

 

 ご想像の通り、これは特別天然記念物のオオサンショウウオである。

 

 山椒魚ともいうが、そんないい匂いではない。 とにかく臭い。

 

 いやあ、えらいもの獲ってしもうたと途方にくれていたら、側で鮎を

獲っていた大人が「凄いもん獲ったのう。 鮎十匹と交換してくれんか?!」

という。 そりゃええ話じゃということで私は鮎十匹をゲットした。

 

 その大人は近所の人で、その夕刻料理したハンザキをおすそ分けで

我が家に持ってきてくれた。 父は「どうしたんなら。 ハンザキをよう獲った

のう。」とご満悦であった。 近所の人は「ええ?! これ耕ちゃんが獲ったん

よ」と。

 

 私は一日で鮎十匹を獲ったと家の人に自慢しており、おお凄いのうと

既に賛辞を浴びていた後だったので多少気まずかった。

 

 事の次第を把握した父と母は、「何でも正直に言わにゃいけんよ。」と

苦笑しつつ、「ほんじゃまあどんな味か食うてみよう」と口に入れた。

 

 父は「旨いのう!」と舌鼓を打ちつつ酒をくいっと飲んだ。

 

 私もがぶりと食った。 不味い! 噛み切れない! 

 

 とうていご飯のおかずになる代物ではなかった。

 

 それ以来、今に至るまでハンザキを口に入れたことはない!

(「当たり前じゃ!」と誰か突っ込んでくれ!) 

 

AD