厚生労働省が、所管する公益法人から余った補助金について報告を受けたのに、余剰額の確定手続きを怠り、国庫に返納させるべき約2億円を法人側に滞留させたままにしていたことが7日、会計検査院の調べで分かった。検査院は厚労省に対し、余剰金を精算して国庫に返還するよう求めた。
 検査院は、公益法人への補助金交付額確定前に経費などを暫定的に支出していた12府省を対象に、事業完了後の精算手続きが適切に行われたかを調査した。
 その結果、厚労省所管の5法人が2006、07の両年度、予定していた事業を行わなかったなどとして余剰金計約2億円があったことを報告したのに、同省医政、健康両局は精算手続きを怠り、余った補助金を法人側に滞留させていたことが判明した。 

【関連ニュース】
人件費7500万円過大請求=原子力関連財団、国発注業務で
売却の郵政資産、8割転売=かんぽの宿・社宅628施設
検査院指摘の「埋蔵金」活用へ=基金返納の基準設定を
「まちづくり交付金」過配分=要望以上に内示
無駄や徴収漏れ、過去最大の2364億円=「埋蔵金」に数百億円

<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
AD