ブログネタ:映画は字幕で見る?吹き替えで見る? 参加中

変則的ですが、声という音に関する話題だからまぁいいかなと。ブログネタは初参加ですよ。

私洋画を見るときにはすっごいこだわります。

絶対字幕で見る!!と。

何故って、吹き替えは「ハズレ」が多いんだもの。
なんとなくイメージ違ったり、あけすけに言っちゃえば下手だったり。
ベテラン声優さんで「下手」と感じる事はまぁ無いのですが、やっぱり「何か違う」と思ってしまうのね。イメージが合わなかったりとか。
やっぱり言語の違いからくるタイムラグ、不自然さっていうのはどんなにベテランな声優さんでも、声のイメージが合っていたとしても拭えない。

そして私、画面と字幕を同時に見る事が全く苦にならない。

それも重要ポイントですよね、きっと。
何せ年間推定何百冊という本を読んでる身ですから、読むのは得意。映像を見ていて字幕を見逃すことも、字幕を見ていていいトコ見逃すことも無いのです。

やっぱり演じてるその場の雰囲気、ニュアンスってあるじゃないですか。例え言語として理解できなくても。
吹き替えにしちゃうと、そこら辺が伝わりにくいと思うのよね。
これ、私が洋楽聴くときにも思うこと。歌詞の意味はわからなくても、雰囲気で通じるものって絶対あると思うのね。

まぁ、吹き替えがいい!という人にまでそれを押し付けようという気はありませんが。ただ一緒に映画を見に行って、「吹き替えじゃなきゃ嫌」って言われたら悪いけど別行動取らせてもらうわ。って感じ。


ただ、一つだけ。
コレだけは絶っっっっ対!!吹き替え反対!!!という映画があります。

ラストサムライ

これはね、絶対吹き替えで見ちゃいけない。

だって、日本語と英語、言葉が通じないながらも心で通じ合う過程とか。少しずつ日本語を覚えて、たどたどしくも会話をしていくとか。何人かの侍が、意外と流暢に英語喋ってビックリだとか。そういう叙情的な部分が、吹き替えという統一言語に置き換えることによって、全部台無しになってるんだもの。

言葉通じなくて困ってる筈のシーンだって、こいつ日本語喋ってんじゃん!!と。も、訳わかんないじゃない。だからこれだけは、こーれーだーけーは、お願いだから吹き替えにしないで。
・・・・・・地上波初の時、マジで凹んだよ。ものすごく好きな映画なのに途中で見るのやめちゃったもん。

本気で、これだけは。赦せません。譲れません。


ちなみに私は映画は映画館で!派です。最近全く見れてませんが。


AD