なんですと

テーマ:

動画を投稿しようと


しっくはっく


です。



で、

色々やった結果明日になら投稿できる環境が整う予定なので、

待ってくれてる愛すべき皆、



明日を待って☆

AD

皆愛してるぜ

テーマ:

日本海に活きが良いミサイルがだっぽんだっぽん飛び込む中、

いやー、本当に長い間ごめんなさい。

地面が頭に


違う。

地面に頭がめり込むくらいに土下座したいです。

地面が頭にめり込んだら脳味噌やられちゃうね。

あ、どっちにしろきっとやられるか、アハ☆


よーし、

いつもどうりワケがわかんねぇスロット入ってきたよーこれ。


はい、更新なんですけどこれといってネタもねぇので、

もう記事スペース使って贅沢にコメント返しだーコノヤロー。


■To ayoko■


お子様(ギター)達はお元気?

ちゃんと面倒見てあげないと今の季節ネックが沿っちゃうらしいよ?

同じマンションに住んでるギター馬鹿が、

「湿度45%を越えたら首はヤバイ」

といっててさ、

もーキモイぐらいのギター知識で大好きな友人だぜ。

てゆーかもー、

一番最初がふざけた馬鹿じゃなくてayokoでよかった♪

いつか愛用ギターの写真でも載せようかね。


■恋ヶ窪■


ねぇ、

こんなにコメントくれる皆がいるなんて、

だから雨風呂やめらんないよねぇ。

もう皆大好きさ。

もう「俺はこいつらの体で舐めた事が無い所は無い!」といいきる変態並に、


…あ、ひいた?

取り合えずそれくらい愛してるぜべいべー。

寝起きに野菜生活100はお勧めしないぜ、

胃持たれ激しいぜ。


■カズミ■


そちらはまぁ見事なお腹になって。

もう貯金は満期になりましたって、感じのお腹だね。

すげー、やっぱり人間ってすげー神秘だ。


■あだちゅ■


やぁあだちゅ。

えーとね、過去のコメントのみならず、

IPアドレスもさらっと見返してみたが、


あだちゅが み つ か ら な い


はいー、先生がどっかで油売ってた間にHN変わったのかな?

それとも先生の見落としかな?

とにかく関西在住なんだね!

判った!今とにかく院試験勉強中だから電車とか乗りません!(御免ね☆)



えーじゃあまあ近況報告しますと。

というかネット上とかに書いていいか。


まぁいいか。


今ですね、

某旧帝国大学だった大阪大学(某の意味即死)のとある大学院を陥落させる為勉強中です。

とにかく、先生は今滋賀県在住です。

滅茶苦茶琵琶湖とか見えます。

はい、もう個人情報駄々漏れ。


いやー、別に会いに来る人もいねぇだろうよ。

だろうよだろうよ。

うん。


こんだけ言っとけば一人ぐらいは会えるかな。

取り合えず院試験が終わるまでは家と学校を行き来する毎日だぜクソッタレ!



自由をくれ!

AD

うがー

テーマ:

天体望遠鏡という単語を聞いて、

変態望遠鏡と聞き間違えた先生は末期症状レベル3です。

早く殺してください。


導入は以上で、以下が本題です。

昔「死にたい」と言って、頬をつねられながら、

「怒るよ」と言われた事があります。


またつねられるかも知れません。


また、死にたい症候群です。

ああ、いっその事就職したい。

金を稼がせてくれーーーーーーー!


と、大学生は色んなことを思うんだよ、鈴木君。

AD

時間を守る

テーマ:

今日、重大な事に気付いた。


先生は、普通の人間じゃない。

簡単に言うと、普通の人間の下のレベル。

の生活の仕方をしていた。

何故そう言い切れるかというと。


時間を守らない。


っていう時点で、もう普通じゃない。

先生は22歳。

22歳で時間を守らないって、

どれだけ駄目なんだ。


正直、気付いて自分に青褪めた。

少しパニックになってみた。

頭の中だけでだけども。


もう、

22歳で時間を守らないとか、

はっきり言って、


ちんかす


と下ネタで罵られても反論できないほどの行為ですよ。


そうか。

何か最近何かがおかしいと思っていたのだが、

そういう事だったのか。

今日と言うこの日に、

気付いてよかった。


何か日々感じていた違和感が判ると、

こんなにも、

恐怖を感じるのか、人間は。


今先生は、自分が、怖い。

堕落しきった自分が。

朝の惨事

テーマ:

今朝起きたら


隣に住んでいたYさんが血まみれで何故か先生の部屋で倒れていた


なんて事は無く


冷蔵庫のドアが半開きになっていて


中からオレンジ色の光がこぼれだしていた。


中の食材の心配をするより


先に電気代の心配をしたのは


遠藤


びんぼー生活の衝動そのまんま


あまりのショックに、


咥えていた歯ブラシを元に戻し


冷蔵庫のドアを閉め


る前に


雪印ネオソフト(これ、マジで一押し)がとろけて無いか確認して


今度こそ閉めて


歯を完全に磨き終わって


しょうがないから



もう一回不貞寝。

悪魔のランデブー

テーマ:

冬になると途端に運がガタガタ落ちる。

まるで一昔前の桃鉄のようだ。


昨日は後輩の家で鍋を食す。

キムチ鍋だ。

食材を眼にしたら自然に身体が動くぜ畜生。


ヘタレの後輩の話を聞きながら、

クソ男前の後輩の携帯の着信音が鳴る。

聞き慣れない着信音と、

一気に変わる後輩の顔を見て、

こっちも同時にテンションが駄々下がる。


一時になって、

空気がだるくなって外に出た。

皆「お疲れ様です」と言ってくれた。

いい後輩たちだ。


しかし、帰り道、悪魔の仕業が。


雨だった。

雨のはずが霙だった。

雪のはずが霙だった。

霙は「みぞれ」ね。


とことん降られてびっしょびしょ。

びっしょびしょと言うよりもはやダラダラ。

そしてオマケに向かい風。強風。


一人の帰り道なのに、

悪魔が途中からランデブーしてくるとは、思わなかった。

玄人技

テーマ:

大衆受けするものは大衆にウケがいい。

それは当然の事だ。

しかしそれが全部が全部良いというものでは無いのだよ若いの。


大衆受けが良いものについてこれから批判を行います。

しかしそれは先生の脳内の理論であって、

世間一般のものでは無いので、

そこんとこだけ宜しく。


大衆受けするものは、技術と言うよりもエンターテイメントである。

逆に洗練されたものは、その道の人間にしかその素晴らしさがわからない。

更に言うと、その道の人間が大衆受けするものを吟味すると、

良くあるパターンが、


「なんだこれ。」


と一瞥してしまうものが多い。

大衆受けするためには、

そのレベルを道を知らない者達のレベルまで下げなければならない事が必須。

それは恐らく避けられない事項。

Aをやっている人間に、Bを見せて、

それを「良い」と見せなければならないから。


玄人の技術は素人には解り難い事が事実だ。

だから、簡易的な大衆的なものに玄人技は埋もれていく。

しょうがない事だと割りきっても、

激しく惜しい事である。


それは今のアメブロを見てもそうでは無いか。

一年前のアメブロと、現在のアメブロ。

余計なものが随分と入ってきて、

良きものが消えてしまったものだ。

惜しい。

実に惜しい。

やめなよ、そんな悲しい事は。

テーマ:

整形手術


今では顔を変えるという印象が強いこの言葉

何人の人がこの言葉にすがったのだろうか



ある日母が遠藤に言った。


「人間の身体はね、戻るように出来てるの。」


ある歌手で、人形のように可愛らしい歌手がいた。

その歌手は整形手術を顔に施していた。

確か歌っていたのは「人形の家」とかいうタイトルの歌。

歌っている本人も人形みたいな顔。

時間が経って、

人形の顔は壊れ始めた。

「人間の身体はね、戻るように出来てるの。」

彼女の顔は元に戻り始めた。

手術で変えた顔が戻り始めた。

人形の顔は、見るも無残に、変わってしまった。


のだと。


今の整形技術はどうだか知らんが、

昔は聞くところによると、

整形を保つためには何度も手術をしなければ、形が崩れる。


顔の骨を砕いて、そこから手術をする際にはその一度で済むらしいが。

しかしその場合は一年間ほど入院しなければいけないらしいが。


色んな人間がこの世にいる事は先生も知っている。

その色んな種類の人間が、

わざわざ個性を殺す事は、

もったいないと思うんだけどな。


美しさをお金で買う時代か。

変な時代になったもんだ。


そのうち性格も金で変える時代とかやってくるんじゃないか?

いつやってくるんだろうね、

それらが間違いだと気付く時代は。

かわかいた

テーマ:

「乾いた」


状態表現形容詞。

物体から水分が何らかの形で抜けて、乾燥状態にあることを示す。


(協力:遠藤の劣化した脳内シナプスとニューロン)


先生はね、この「乾いた」って言葉に凄く思い入れがあるんだ。


先生がまだ小さい頃ね、

そりゃあもう本当に小さい頃さ。

佐藤君ぐらいかな。

その頃にね、先生ね、

「乾いた」っていうのを、



「かわかいた」



って言ってたの。

ね、なんか余計水分が飛んでってるって響きじゃない?

じゃない?そうじゃない?

そうか…最近佐藤君冷たいね…。


え?

なんて佐藤君?

もう一回言って、言ってみておねがーい!


…。


「つめるい」って。

違うの、「冷たい」が正しいの。

何その煌いてそうな爪。

「爪涙」みたいな。


…ごめん、最近先生も「つめるい」わ…。

オロカ

テーマ:

テレビでふと見て思ったね、先生。


「所詮男なんて女心わかんねーよなー。」


とかホザイテル人は、

男心を理解しようとすらしない。


それは女心の方が複雑であって、

男は単純であるという考えが何の裏づけも無く脳味噌に蔓延ってるから。

故に「男」という生き物を一緒くたに一括りにしてしまい、

その結果「男」という生き物を低レベル視する。

その結果、「男」が女の心を理解で来うるはずも無い、

という思考に至る。


というのは全く馬鹿のすることでありましてですねお局様。


「女心」の存在を仮定して話すとですね。

安っぽい「女心」なんて小学生でも見抜けるんです。

アインシュタインでも見抜けないような「男心」も当然ある。


てゆーか、女心、男心という枠の括りが、

遠藤から言わせると、




愚か。