本日久しぶりに旧五百円玉をおつりで貰いました。

もう全部新五百円玉に変わりきったと思ってたのに、

ちょっと嬉しい感じがした先生。


そして思ったのが二千円札の存在。

皆二千円札って覚えてる?

あのびみょーに横の幅が短いやつ。

あれどこにいったんだろうね。


やっぱり時代にはニーズってのがあると思って。


五百円玉が新しいやつに代わったのって、

たしかウォン硬貨からの偽造撲滅のためでしょ?

じゃあ二千円札は?


何か忘れてしまったんだけど、

経済政策的に二千円札より新五百円玉の方が意義があったって事なのかな。

だって、そうでもないとこんな普及に差がでないべ。

AD

はやく大人になりたーい!



とか言っていたあの頃が懐かしい。

正直、大人とか子供とか、

23歳ぐらいになったらどうでもよくなってくる。


みんなどうでもよくなってきたかい?

そんな時期経験してきたかい?

先生は今です。

というか今ふとそう思っています。


正直、どこから大人、

    ここまで子供、

とかないでしょ。

はやく大人になりたいとか事実難しい話であると。

もう結論が出た感じなのでもう今日はここで止めて良いですか。

なんか気持ち悪いからまだ続けましょうね。


大人だとか子供だとかぶっちゃけ今の時代、

それは「時期」とか「年零期」とかの言葉じゃなくて、

「性格」の在り方をさす言葉になっているんだと、

はい、先生は思うわけだね。


じゃあ子供って何だろう。

大人って何だろう。


今思いついたから小学生に当てはめて考えてみようか。


「わー清水くんすごーいおとなー」


と言われてふふんとなるのは、子供、かな。

そこで変わらず冷淡な態度が取れ



いや、

こんな場面で冷淡な態度取る小学生がいたら、

正直怖くてしょうがないけどさ。

でも、ま、仮にね、仮に。


取れたらね、大人じゃない。


元服したら大人とか、

世の中の汚い理が判ってきたら大人とか、

なーんか生易しいよね。


元服とかその「時」がきたらなるでしょ。

世の中の汚い事とか時間が経てばいやでも知るしさ。


そんな時間が経てばいやでも、みたいなんじゃなくて、

自分を磨かないとなれない「おとな」ってのが、

本当の大人なんじゃないかな。


あれ?

てことは子供より大人のほうが良いって事?

うーん、そうとも限らないと思うんだけどなー。

先生は子供のほうが…

いやー大人のほうがいいかなー。


ま、

なれれば の話だけどね。


今日はこれまで、

はいかいさーん。

AD

肌はすべすべになるけれど

テーマ:

人間の肌は、日光に当たれば当たるほど、

老化が進むんですって。


でも奥様


人間は日光に当たらないと、

やる気が出ないんですって。

ビタミンDだか何だかが体の中で作られなくって、

駄目な人間になってしまうんですって。


困りましたわねぇ


老化を取るか

人間らしさをとるか


どっちをとります?



とか投げかけ問いかけ的な始まりです。

はいみんなー新年明けましておめでとうー。

先生はもう卒研が終わるかどうかでヒヤヒヤしてまーす。


この話なんだけど、

とどのつまりビタミンD精製用の人間を一人飼っててさ、

その人間が精製したビタミンDを自分の体に流し込むような機構を作れば、

一日中日光に当たらなくてもよくない?

まぁ多分人権云々な問題まで発展しそうだけど。

だって先生人間がどれくらいの日光でどれくらいのビタミンDを作り出すか判らないからさ、

もしかしたら精製している人間がバタンQに昇天とかになったら、

ねぇ?

言いたいこと判るよね。

要するに一人の人間が人間として生きていけない代わりに、

自分は普通の人間がくらう柵をかいくぐってズルするっての。



さーてこれは何の話だ


でもこれ独裁政権とか

マリーアントワネットとか


そんな悪いこと平気でしちゃうぜ『The☆私利私欲』のために!


みたいな人が今の世にいたらしそう。


院長今年一回目の講義は、

こんな微妙な脳内麻薬分泌促進課題で、

いいかな?


ちなみに日光に当たると肌が老化するってのはマジで、

皆さん是非手の甲の肌と足の甲の肌を見比べてください。

あれ、このくだりどっかで言ったな。

ま、いいか。


はいそれでは皆今年も!

かいさーん!

AD