さーみんなでかんがえよー

テーマ:

えーと、はい、ね。

遠藤でっす。


先生さ、思ったんだー。

人間の指が五本なのってさー、


絶対ジャンケンするためじゃないよねー。


だってジャンケンって指三本あったら足りるでしょ?

いざとなったらカメレオンとでも出来るよね。

じゃあ何のため?

って言われるとねー。



ハイ待ってました!答えを用意してますよ!



って言えないんだよね(死)

だってぶっちゃけわかんないもーん。

先生はギターやってるから

「指五本なのはギターを弾くため!」

とか言いたいけど、

ジャンゴ・ラインハルトっていう指の数少ないギタリストもいたからなー。



なんで人間の指は五本なのでしょう?


コップを持つ時に丁度安定するからだろうか。

異性と指を絡める時に心地が良いからだろうか。

風がすり抜ける時に感じる感覚が気持ちよいからか。

相手の頬を撫でる時に与える感触が素晴らしいからか。


答えは人それぞれだろうね。


よしじゃあこれ宿題!


はいかいさーん!

AD

昔を振り返る

テーマ:

もう大学を卒業したみんな、

これから大学に入るみんな、

大学にはサークルというものがあるね。

先生もサークルに所属しています。

んでサークルには名鑑という奴があるんだね。

名簿だね。


で、先生名簿を二年間作ってきました。

当然、名簿の中には先生の言葉が沢山残ってる。


今、五回生になるのを目の前にして、

少し見返してみた。

そしたら、昔の先生の言葉を見つけたんだ。


「名簿を作っていると、

 改めてサークルの大きさを思い知らされます。

 色んな件から色んな人間が集まって一緒に音楽をやれるとは、

 何と素晴らしい事でしょう。

 音楽だけではもったいないので、

 皆で一緒に馬鹿なことをやったりとか、

 現代人にありがちな冷めた空気を脱ぎ捨てて、

 もう弾けて明日の夕日が見れなくなるくらいに、

 くたばる位に皆で楽しくやれたら、

 どれだけ素晴らしいことでしょう。


 これからのサークルも、どうかそのようであるように、

 切に願っております。」




やんもーはずかしーいー


とか取り敢えずぶりっ子ぶってみて。


今思い返すと、

良い先輩が多かった。

だからサークルも楽しかった。

全ては、それだった。


先生も、そう思われるように、弾けなきゃね。


てゆーか、人生弾けなきゃ、

心臓を動かしている意味、無いからね。

皆わかったね!


はいかいさーん!

いつの間にか講義になってた!

AD

先生夢を見ました。

先生が所属しているサークルの後輩たちが二人出てきました。

その二人は付き合っている男女です。

二人ともおとなしめで、

初めて付き合っていると聞いた時にはびっくり仰天したものです。


その二人が夢の中で先生の家にやって来る。


「先輩、ちょっと相談が。」


女の子の方が話し始める。


「最近マンネリ化しててー。」


そこまで聞いて先生なぜかピンと来た。

同時にこう思った。


『こいつら顔に似合わず夜はガンガンかよ』


そして口には出さず。


「で、どうしたら良いと思いますか?」

「えー、色々やってみればー?」

「例えばどんなですかー?」

「えー、例えばさー体位を工夫するとかー。」

「どんなのが?」

「えー…。」

「実演してくださいよ。」

「…じゃあ服着たままそこ寝て。

 で、○○○立って。んで(以下自粛)」



で、夢から覚めました。

現実に会って、


なんか、


凄く妄想が先走り、


もう、


最近なんか二人を見てて恥ずかしい(爆)

AD

お陀仏

テーマ:

ハイ皆こんきちき!

年齢がばれそうな挨拶で久しぶりの先生だねー。はい。


いきなり講義でいいかな?

いいね、久しぶりだしね、

はやくやれ!ってオーラでてるもんね。


あのさー、「死ぬ」ってニュアンスの言葉って色々あるよね。

例えばー、


死ぬ

ぽしゃる

おっちぬ

逝く

くたばる

永遠の眠り

父の元へ帰る

魂抜ける

抜け殻になる

エクトプラズム

仏になる

星になる

天に上げられる


とかー。

他にもあったら皆教えてね。


でもね、先生その中で「お陀仏」ってのが大好き。

響きがいいんだよね。


「そんなんだったらモンスターに食われて即お陀仏じゃぞ!」


とかね。

まぁ衛藤ヒロユキ先生の漫画「魔方陣グルグル」からの抜粋だけど。


「死んじゃえ!」

とかも

「お陀仏しちゃえ!」

とかだと、なんか若干やんわりとした感じにならないかな?


じゃあ、皆も機会があったら使ってみてね。

極力使わないことを望むけどね。

はい、かいさーん!