パイプラインは壊れやすい

テーマ:

皆、安心して。

今日は、講義だから。


よーし皆、よく聞いて。


ヤナ事があった。

精神がへこむ。

家に帰ってきた。

晩御飯を作らなければならない。

コンビニには頼りたくない…。


という、状況があった場合の、打開策。

を、これからレクチャーだ。

安心して、

良く聞いて。

大丈夫、講義だからね。



精神は、よく打ちのめされてる訳だ。

身体は、大丈夫。

だって、過激な運動とかしてる訳じゃないんだから。

そりゃあ、むしゃくしゃして壁の一枚や二枚蹴り抜いたら話は別だけど。


先生は、パイプライン蹴り抜いたことあるけどね。

内緒だよ、皆。

だってあれ案外脆いんだもん。


で、


身体も、精神も、自分の一部、それは当たり前だよね。


だから、身体は、精神の事を気遣ってやるの。

言ってる事がイマイチ解らないでしょ。

大丈夫、解ってるよ。


立場をもう一つ作って見るんだ。

精神とは別に、身体にも意識を持たせてやる。

そしたら、客観的に自分の気持ちが見れるようになる。


へこんでる自分を見たら、

「ああ、ご飯でも作ってあげようかな」

そう思うよ、絶対。


じゃあ、先生もこれからご飯、作ろうかな。

自分の為に。


じゃあ、解散。

皆、自分の事を、もっと愛してあげて。

AD

朝の惨事

テーマ:

今朝起きたら


隣に住んでいたYさんが血まみれで何故か先生の部屋で倒れていた


なんて事は無く


冷蔵庫のドアが半開きになっていて


中からオレンジ色の光がこぼれだしていた。


中の食材の心配をするより


先に電気代の心配をしたのは


遠藤


びんぼー生活の衝動そのまんま


あまりのショックに、


咥えていた歯ブラシを元に戻し


冷蔵庫のドアを閉め


る前に


雪印ネオソフト(これ、マジで一押し)がとろけて無いか確認して


今度こそ閉めて


歯を完全に磨き終わって


しょうがないから



もう一回不貞寝。

AD

最近アレだ、

姉歯姉歯って皆言うもんだから、


(テレビを付けると一日に一回は必ず姉歯。

 授業に出ると教授の誰かが絶対姉歯。)


「あねは」って今パソコンで漢字変換してみたら、


テメー出てこねぇじゃねぇか!!

このボケ!


最近ストレスがたまってる先生は至って元気だよ。


今日は進化論に喧嘩を売ってみようと思う。

絶対勝つと思う。


テーマ「何故人間は悲しくなると涙が出るのか」


進化論だと人間のあらゆる生理行動は何かしらの道理にかなって無いとならない。


例えば、

歩く、

転ぶ、

すりむける、

血が出る、

血小板が集まる、

血が固まる→何のため?

人間が出血多量で死なないため。


ほら、ね?


でも、涙は?


悲しむ、

涙が出る、

見てる人が「あ、悲しいんだ」と思う


って


まーちーがーい!


そんな涙出てる人を見て悲しい人と決め付けるなよ!

長井秀和みて笑い転げてるだけかも知れねーだろ!

確かに、長井秀和で笑い転げる事は無いかもしれないけどさ!

彼の芸風はシュールだけどさ!

先生は好きなんだよ長井秀和が!

ラブ定額を二人でしたいほど好きなんだよ!


でもそんな馬鹿げたたとえ話は置いといても、

涙は違うの。

そんな生理的とかいうものじゃないの。


だって、自然界で涙流して、

何処のどいつが「あ、かなしんでる」と思うんだ?


それは人間だから思うと言う意見があったら、

じゃあ何で人間はそんな非効率な方法を選んだんだ?

暗闇だったら涙なんて見えないだろ!馬鹿!

夜は涙を流してもいい唯一の時間なんだよ!馬鹿!こっち見るな!




涙を流す事は、神様が人間に与えた権利なの。

AD

悪魔のランデブー

テーマ:

冬になると途端に運がガタガタ落ちる。

まるで一昔前の桃鉄のようだ。


昨日は後輩の家で鍋を食す。

キムチ鍋だ。

食材を眼にしたら自然に身体が動くぜ畜生。


ヘタレの後輩の話を聞きながら、

クソ男前の後輩の携帯の着信音が鳴る。

聞き慣れない着信音と、

一気に変わる後輩の顔を見て、

こっちも同時にテンションが駄々下がる。


一時になって、

空気がだるくなって外に出た。

皆「お疲れ様です」と言ってくれた。

いい後輩たちだ。


しかし、帰り道、悪魔の仕業が。


雨だった。

雨のはずが霙だった。

雪のはずが霙だった。

霙は「みぞれ」ね。


とことん降られてびっしょびしょ。

びっしょびしょと言うよりもはやダラダラ。

そしてオマケに向かい風。強風。


一人の帰り道なのに、

悪魔が途中からランデブーしてくるとは、思わなかった。

今日の朝、

ネットを散歩していたらザクレロに出会った。


はいっ!ザクレロがわかる人手ぇあげてー!

ちくしょーマニアック顔か結構歳イッテル奴しかいねーじゃねーか!


※ザクレロが解らない人は今すぐbiglobeで調べましょう。

 明日やろうは馬鹿野郎!


見た瞬間先生思ったんだぁ。

「あ、ザクレロ久しぶり。」


でね、暫くじっと見てたんだ。

そしたらね、先生の思いがメタモルフォーゼ。


「…このデザイン実は手抜きじゃね?」


てゆーかMAにこんな牙とかつけるんじゃねーよ!

と心の中で絶叫。

デザイン部もよく通したものだ。

てゆーかザクレロて。

ザクは解るけど「レロ」って何処から飛んできたんだ。

「リロ&スティッチ」の出来損ないか。


はい、じゃあ今日のまとめー。

しっかりメモれー。

来年のセンター試験に出るぞー。


「ネットは僕らの少年時代が沢山落ちている」


賞品の発送は内容を持って変えさせていただきます。


の言葉の意味がイマイチ先生判らないけど、

まぁいいや!(超投げやり)


はいかいさーん!

玄人技

テーマ:

大衆受けするものは大衆にウケがいい。

それは当然の事だ。

しかしそれが全部が全部良いというものでは無いのだよ若いの。


大衆受けが良いものについてこれから批判を行います。

しかしそれは先生の脳内の理論であって、

世間一般のものでは無いので、

そこんとこだけ宜しく。


大衆受けするものは、技術と言うよりもエンターテイメントである。

逆に洗練されたものは、その道の人間にしかその素晴らしさがわからない。

更に言うと、その道の人間が大衆受けするものを吟味すると、

良くあるパターンが、


「なんだこれ。」


と一瞥してしまうものが多い。

大衆受けするためには、

そのレベルを道を知らない者達のレベルまで下げなければならない事が必須。

それは恐らく避けられない事項。

Aをやっている人間に、Bを見せて、

それを「良い」と見せなければならないから。


玄人の技術は素人には解り難い事が事実だ。

だから、簡易的な大衆的なものに玄人技は埋もれていく。

しょうがない事だと割りきっても、

激しく惜しい事である。


それは今のアメブロを見てもそうでは無いか。

一年前のアメブロと、現在のアメブロ。

余計なものが随分と入ってきて、

良きものが消えてしまったものだ。

惜しい。

実に惜しい。

冬場は奴らが盛るのさ

テーマ:

いつも来てくれている好き者の諸君、ありがとう。

もう抱きしめて大声で


「俺はコイツの体で舐めた事無い部分なんて皆無だぜ!」


と言えるほどに愛してやりたい。

と、先生いつもよりハードコアな愛です。


で、ところで。


Myチャーリーの自転車三号君のチェーンを先日切りました。


バイト帰りの帰り道。

手前にはいつもかよう青信号。

さぁ!さぁ渡るんだ今こそ!


と言う時になんで都合よく切れやがりますか。

最初はは何事かわからず自転車を降りてみたものの、

そこには無残に死に絶えたチェーンの姿が。


先生の頭の中にね…過去の偉業が浮かんでは消えていったよ…。

過去の自転車との偉業がね…。


一年前。

どこぞの馬鹿にパチられた。


二年前。

チェーンロックの鍵が差し込まれたまま折れた。

バイトの初日に行く途中謀ったようにパンク。

スタンドが金属疲労で砕け散る。


三年前。

チェーンロックの鍵が(以下上と同じ。記念すべき一回目。)

注意)ちなみに全く同じ場所で折る。

チェーンがやたら外れてくれる。


四年前。

新品の癖にやけにチェーンが外れだす。


五年前。

スタンドを蹴り抜き赤足のゼフの如く破壊。

某大学受験後駐輪場にいったら見事にパチられていた。


六年前。

(伝説は色褪せるもの。)


何故に、こんなに冬場になると悪魔が張り切ってくれるのか。

そんなこったで、今先生の自転車三号君、チェーンなし。

機動力、ゼロ。

完璧役立たず。


だれか、チェーンだけくれ。