男はSであるべき?

テーマ:

この前聞いた話。


世の中の男はSよりもMの方が多いらしい。


あくまで聞いた話。



遠藤が思うにですね、

男は本質的にSであるべき、

だと思うんですよ。


ダーウィンの進化論は大嫌いなんですが、

人間がマンモスとか相手に槍を投げてた頃を考えてみて。


槍が突き刺さって、

そこから吹き上がる血を見て、



「よっしゃー!今日は大漁だぜかあちゃーーん!」



とか叫ぶわけだ。

Sじゃないと無理だ。

てゆーかそんな事を繰り返したらSになるだろ。

そんな生活が何千年も続いていたら、

男としてのDNAの中にSという本能が組み込まれても、


ねぇ?

いいはずじゃない?


だってMだったら



「ああ~もたまらない!

 もっとふんずけてー!」


とかマンモス相手にやってたら、

とっくの昔に全滅してるでしょう、人間。

ね。

AD

きりひと讃歌

テーマ:

パソコンで「おさむ」といれたら、

「治虫」と変換される、日本人の偉大な漫画家、

手塚治虫。


彼が書いた一つの作品、

「きりひと讃歌」。


その第三巻、9ページ目にこんなくだりがある。




何のための医者だ?


医療器具や薬がなけりゃ唯の無力な人間だ

なんにもできやしないんだ!!


医者というものが


キリストのように


手に触れただけで死人を蘇らせ

病人を治すことが出来るならともかく


十年も二十年も学問に人生をすりへらし


道具を使い

薬を使い

おまけに金まで取って治す保証もしないのが医者なら


医者なんか無用だっ


くたばりやがれ!!





ある赤ん坊の死に手も足も出なかった、

医者である桐人の台詞。



さぁ、今日の医者が、

何人この台詞に反論できるのだろうか。


(参考文献)

きりひと讃歌 第三巻

手塚治虫 著

発行所 株式会社 小学館

1994年12月10日 第1刷発行

2004年 3月12日 第2刷発行

AD

エス。S。


さあ皆何を連想するかな?

サイズ?マクドナルド?


違うんだな、卑猥なほうだ、今回は。

卑猥か?まぁ、卑猥にしとこうか。




遠藤、Sです。サドです。らしいです。みたいです。


どっかのいかがわしい…はいはい、判りやすく言おうね。


エロイ本に書いてありました。



S側をするにはMの心理を理解してないといけない。




…なんでいきなりSMの話かって?


そんなの思いつきに決まってんだろ兄貴ぃい!!

で、話を元に戻すと。

でもよく読んでみると、

ああ、なるほどなぁ、とよく理解できました。

Mの気持ちをある程度予測してあげるのが、S。

そして行動に移すのが、Sの仕事。

あのね、あれらしいんだ。


「あ、コレ嫌だろうな」


ってことをしないんじゃなくてー、

如何にM神経を刺激してやるかによるんだって。

難しい事だよね、実際。

下手したらそのまま嫌な事で固定されてしまうもんね。

その嫌な事を、如何に…こうなんてーの…。


あー、はいはい。


如何に快楽につなげるかが問題らしいね。


うーん、今日はR18指定だね?


…え?最近の子供は進んでる?

じゃあR15くらい?


でもさ考えてみ。


中学生のまだ生え揃ってないような餓鬼ンチョにSMなんてされたら、

たまったもんじゃないって。

日本の将来が危ない。

でね、もう一つ大切な事が書いてありました。


SはMのことを思いやる事が大事。




てーことはだ。

ただ事故中…じゃねぇ、自己中心的な人間は、




Sなんじゃなくて唯自己中なだけで!

SとかM以前の問題で人間が駄目なんだよこのドアホがぁあああ!!




って事です。

…なんか講義っぽく終わったな。

じゃあこのカテゴリ講義にしとこ♪


はい、かいさーん!

AD

空は便利なんですよ、実は。


朝起きて、空を見たら、

大体その日一日の感じが判る。


いやいやホントだって。

嘘だと思うなら見てごらん。


やっぱり見えない?


ほらあ、駄目でしょ。

メガネかけてないじゃん君。


え?


コンタクトつけてるって?

アイボンしてないでしょ。

付けっぱなしで寝ちゃ駄目だって、あれほど言っているのに。


先生、失明しても知らないぞ。



空はね、鏡。

心の鏡。

クサい?

そう言わずにまぁそこに座っててくださいな。


空をよく知ることが出来ると、

空が教えてくれます。

知ってました?

人生の裏技ですよ。

今なら無料お試し期間実施中。



さぁ、貴方も、明日の朝は空を見てみて。



そうそう、

アメリカに行くのは、八月の三日。

てゆーか、

八月の三日にはアメリカに居ろと言われました。

そんな感じです。

あめりかーん

テーマ:

アメリカ。

大国アメリカ。


そこにいくプラン。


二十日間強で三十万円。


二十日間。

三十万円。

うーん。


締め切りが明日の水曜日。


うーんん。



今の遠藤には何が必要なんだろう。

必要な事とはなんだろう。


アメリカに行く理由は。

刺激が欲しいから。

久しぶりにアメリカの空気が吸いたいから。


じゃあ今必要な事は。


…別にアメリカに行く必要がないような。

気がしてきた。


二十日間で三十万より。

二ヶ月間で十万円。

の方がどうだろう。

どうでしょう俺。

いいんじゃないか俺?

そうかな俺?

そうじゃない、いいじゃない俺。


…アメリカか…どうしよう。

くそー、あかんわ。

こんな時どうしてもあかんわ。

あかんわ俺。

酔いどれ気分で帰ったら♪

酔いどれ気分で帰ったら♪


ドア開けて♪

靴脱いで♪

部屋に入って



ぶち

ん?

何の音かなと振りかえりゃ♪



やられた!

電話線が引き千切れやがった!

正確に言うと、

電話出力口とネット機器をつないでる線がブチ切れやがった!

このやろ!

チタン合金でも使用してやがれ!



暫く呆気に取られて、

修理できないものかと思って見つめていたら。



ぴこーん




そうだ!

タウンページがあるじゃない!!



じゃなくて




電話機とネット機器をつないでいるヤツがもう一本あるじゃない。

でもコレしちゃうと電話がかかってこない…


と思ったけど、

大丈夫、実家のお袋からかかってくるだけ。

しかも今頃コロラド行きの旅支度でてんてこ獅子舞でしょ。


ってことで、


本日も無事に更新、完了。

ふと思い出した

テーマ:

そういえば昨日マイマザーに電話してみた。


いつもマイマザーの電話のタイミングが悪すぎる。

ご飯のフィニッシュで手が抜けない時とか、

夢の中をさまよってる時とか。

タイミング悪すぎる。


そんでここ二週間の間に二回ほど母上からと思われるコールがあった。

勿論タイミングが悪すぎて取れなかった。


そんで電話してみたら。


「ああ、良かった今電話してくれて。」

「なんで?」

「今週中に私達コロラド行くから。」



コロラド!?



「アメリカ!?」

「そうそう、(親父)の最後の学会だから、ついていこうかなー、って。」

「はぁ。」

「アンタはどうするの?」

「ああ、アレ?」

「そう、アレ。」



(注意事項)


アレ≠卑猥なもの

アレ=アメリカ行き




「でさー、まあ借金をしたいんですが…。」

「本当に行きたいんなら、いいわよ。」



それからまぁ、色々話しまして。


「じゃあ、しっかりやりなさい。

 アンタ行動遅いんだから、しっかり予約しなさいよ。

 今週中に。」

「はーい。」







いや、まだ予約してないんだけどね。

やっべぇ。

一つ思ったんですわ


「まぁまぁ、もう水に流そうや」


って言う台詞は

迷惑をこうむった人間だけが使っていい言葉で



間違っても迷惑かけた方が使う言葉じゃありません





いいですかー?

鈴木君?

はい 久しぶりに呼んだもんだから


「なんて名前だったかな」と思い

過去ログを見直したほどです

あのね

賢い人

つーか

人間間の礼儀を知ってる人ならわかるよね。


イラついてる相手に間違っても

「ま、水に流そうよ、いつまでも怒ってないでさ」

なんて、言わないように



アンタ、命の保障はあるかもしれないけど

就職と昇格の保証はないよ





ちょっと本日は思うところがありまして、

こんな句読点すらロクについてないブログになりました。

次回はもっとアッパラパーな記事かきてぇなぁ!


かいさーん!!

人間には、



あ、この語り始め重くなるからね。


人間には否定する事でしか話題を始められない固体がいます。

こういう種は本当にどうしようもないもので、

楽に楽にいった結果がこのザマです。


人間の荒を見つけることほど楽なものはありません。

それに便乗して笑っている人間も楽です。


だって、人を蔑む事ほど楽な事はないでしょう?


人を馬鹿にする事で会話を切り開いていく人間ほど遠藤が嫌いなものはないです。


いいですけ。


違う。

いいですか。


人間を馬鹿にする話題しか出来ない人間からは、

離れた方が、

いいです。

間違いなく。


貴方の人間性すら壊れてしまいますからね。










はいおもかったねーーーー!

すいません。

えっとじゃあ…はい、うん。

解散の方向で。