よーし、いい具合にランキングが下がってきたぞー。
以前は何か知らんが一時期千位以内に入ってたからなー。
やっぱり変な輩が変なコメントとか残していくんだよねー。

でもこのくらい下がればもう安心かな?

さーてと。
突然ですが。

先生留年見込みです。
卒業見込みじゃないよ。留年見込み。

先生は化学系なんですけど、
成績が帰ってきたら卒業研究に必要な単位数が





だけ足りませんでした。
あるんだねー、こんな事って。まるで漫画じゃん。
んで成績表見てみたら、自信満々の教科が落ちてんの。
おかしいと思って教授の所に行ったのね。
そしたら教授がテスト用紙引っ張ってきてこういうの。

「んー?ソイツは間違いだー。落ちてないと思うよー。」

って先生が言うの。
態度には出さなかったけど、
チンギスハンもびっくりするほど踊ってました。心の中で。
ところがずんどこどっこい。

「…やっぱり落ちてるね?」
「…え?」
「あのね、6点、足りない。」


六点ぐらい下駄履かせてくれよー!!!!


って思ったけど、最近そういうのが厳しいらしいんだ、ウチ。
諦めました。いや、その先生には二回頭下げに行ったけどね。

でも、何か確実じゃないみたい。留年は。
99%ぐらい確実だろうケド。

てなわけで。

夏ぐらいから先生更新できないかもしれません。

何でかって?

旅しに行きます。
だって、折角一年時間が空いたんだから、もったいないじゃーん。

先生、めっちゃポジティブですから。
留年かと思った次の瞬間どこに旅しようか早速考えたからね。

それにしても70万かー。いたいなー。
AD

日本人って多いらしいよ

テーマ:
はーい、花粉症の人手ぇあげてー。
はいその人たち遠藤とおそろいでーす。

マジこの季節鼻いらねぇ。

そんな花粉症の人の為に!
「ザ・花粉症を止める講座」!!

えーとね、コースは以下の四つから選べまーす。
①医学療法コース。
②そんなの嫌だコース。
③若者向けコース。
④悶絶コース。

はいそれでは張り切っていってみよー、
①医学療法コース!!

あのね、焼ききるらしい。
いきなりキタけど焼くらしいよ、扁桃腺の近くを。
先生が高校生の時にそれやった友達がいてさぁ、

「まじすげーの!痛くもないしちょっと時間かかったけど、
 止まったよ!鼻水が!」

そう、止まったらしいよ、鼻水が。
涙はシラネェ。
でもね、人間の体だから再生しちゃうんだって。
定期的にするらしいよ、手術。

ハイでは次にー。
②そんなの嫌だコース。
あー、これネタ的に美味しそうだから後回しね。
③の若者向けコース!

ズバリ運動してください。
あのですね、花粉症どころじゃなくなるらしいです、
カラダが。運動量で体の機能が一生懸命になるから、
花粉症どころじゃなくなるんだって。
先生も中学生の時これは体験しました。

が。

運動終了時にリバウンドがすどーんときます。
あしからずね。

じゃあ②のそんなの嫌だコース!!

サナダムシを飼うらしいです。

え?聞こえなかった?
もう一回だけ言うよ。

サナダムシを体の中に飼うらしいです。

これは高校の時の化学の先生に聞きました。
③のと同じ理論らしくて、
サナダムシにカラダがかかりきりになって、
花粉症どころじゃなくなるらしいですよ。
早い話が、それどころじゃない状況にすればいいみたい。

えーと、じゃあ最後。
④の悶絶コース!

鼻、

削げ。


これが一番早い。
先生はやりたくないけど。絶対に。

はーい先生今年は重症なのでまた寝込みまーす。
かいさーん!
AD

よく聞いてね

テーマ:
…あのさ、

Sunshine大車輪って似てるよね。

もっかい言うよ。

サンシャインだいしゃりんって似てるよね。

もーーっっっっかい言うよ。


さんしゃいんだいしゃりんって似てるよね。

あーすっきりした。

うん、唯それだけ。
ごめんね先生今日ダルダルだあー。
AD
ドラえもんの声優が変わったよね、佐藤君。
もう先生ね、愚痴りたくてしょうがないの。
いいかい?佐藤君。
いい?
ごめんねいつも。



わさびの声がキンキンし過ぎなんだよ。

あ、わさびってあれね。
新しいドラえもん役の声優ね。
先生さ、朝のニュース見ながら
「どのくらい大山のぶ代さんに似てるんだろ?」
と思ってみてたの。



そしたら



なにさアレ!?


あー、先生ドラえもん大好きだから少し言わせてもらっていいかな?
もう言ってるって?
じゃあ気兼ねしなくていいね。

あのね、ドラえもんの歴史って長いでしょ?
それは大山のぶ代さんの声が聞かれてきた時間も長いってことだよ。
もうね、ドラえもんの声は一つの文化な訳、この国日本では。
あの声の系統を崩してはいけないのだよ、佐藤君!

わさびを起用する位なら、

物真似大賞のトーシロ呼んでこいハゲ!!!


いけないいけない、ハゲとか言っちゃいけないね。
ドラえもんも対象内だからね。

あー、先生これからはドラえもんフライデーが、

ブラックフライデーだよ。
「ああ、判った。」

この言葉。
そうこの言葉。
これは快楽増幅言葉なんです。

…とまあいきなり始まった講義。
本日は「快楽を増幅させる言葉」です。いいかなー。

先生の周りによくいるのが無闇やたらに、
「わかった」という輩。

ある日ちょっと考えてみました。
これは遠藤院長が思った事実レポである。(ちゃーらーらー)

「判った!」
と言う事は、コイツは先刻まで何かがわからなかった。
そして何かが頭の中でわかった。
そして「判った」と言う言葉を発した。
どーして自己申告したがっちゃうかなぁ。

…仮定を立ててみよう。

何かが「判った」瞬間に脳内で快楽物質が放出。
アタマきもちー!状態になる。
人間ってそういえば欲深い生き物だよねぇ。
もっと気持ちよくなりたいと思っちゃうのかな?
だからか「判った」というのか?
判ったと言う事で更なる快感を得ているものと考察されます教授殿。

言葉は快楽増幅手段。
大人の皆さんはなんとなくわかるよね。
はーい、ここは伝家の宝刀、子供は質問禁止だぁ。

言葉にする事により、
「嗚呼、自分は判ったんだ!俺って凄い!」
ってのを、他の人って言うよりも自分に確認させてるんだね。
それによって「俺って凄い感」が高まって、
更に脳内快楽物質、放出放出。
いやーん、もうたまらない☆
…見たいな感じに陥る。

だからみんな、誰かが「判った!」とか言っても、
「んな事いちいち言わなくてもいいよ」
という冷淡な突っ込みは飲み込んであげようね。
何せ今その人たちは――――中なんだから。

はーい、良い子の皆に
「―の中は何ですか?」
と質問される前に先生とんずらこきます。

じゃあかいさーん。
佐藤君、僕が思うにね、
親子の愛は男女の愛よりも難しいと思うんだ。
男女の愛は否が応でも干渉がおこる。
でも親子関係の場合は必ずそうは限らないからね。

例えば反抗期。
そして何といっても取り去る事の出来ない肩書き。

『息子』

『親』

息子はあくまで親に保護してもらっているんだよね。
自立したら別だけどさ。

何が言いたいかってーと、
親子の場合本音が言えない状況が生まれるんだね、
男女関係よりも多く。

みんなそんな経験ない?

我が家では思いっきり本音で言い合ったね。
言い合いすぎてお互いボロボロになるほどに。

今思い返すと良い事だよ。
苦しい事を引きずるよりもその場で自分で引っこ抜くってーのかな。

格言で言えば、
『肉をきらせて骨を断つ』

僕と親との関係は不器用だったけど良いものだった。
どんな感じかな、
「本当に俺の事愛してくれてるの!?」
って叫びながらナイフを突き刺して喧嘩する。
そんな感じかな。
危ないでしょ。
今となってはやって良かったと思ってる。

ん?
今日の先生なんだか良い笑顔してる?

そうだね、なんだか今日は、

心が軽い。

そうだ、先生は、本当に22歳です。
若い?老けてる?
でもネット上なら関係ないでしょ。
年齢なんて。
年上だか年下だか、
リアルとは違うんだ。
そうでしょ?

そう思ってくれる人、
下の記事にコメント待ってまーす。
はーい、先生ただ今実家です。
しばいたろかと思う程の冷気にしばかれてます。

最近の先生の暇つぶし講座。
題して『心理学本を書いている人を心理分析する』暇つぶし。
これ結構ツボにはまる人ははまるんじゃないかな?
はまらなかったらごめんね、先生悪い先生になっちゃうね。

とりあえず書店に行きます。
でかめの方がいいかな。
そして漫画コーナーに最初は行こうか。
心の準備が大切だからね。

そして向かおう心理本コーナー。
隣のアダルトコーナーは行かなくていいからね-鈴木君。

んでどれか選んで。
そして買って。
ここでのコツね。
なんか偉そうな文体の人が良いよ。
特徴が出てるからね。
そんで読み始めてみて。
そんで癖を見つけるの。
そして何か気づいたら裏の方に書いてある著者紹介を見てみよう。
そこで自分なりに分析してみるんだ。


はーい、多分ここで大部分の人が気づいたと思うのね。
ダルダル。もうダルダル。
ヤバくてしょうがないのよセニョリータ。

例えばさ、愛する人が隣から去ってしまう。
これってかなり寂しい事だよね?
激辛カレーと思って食べたカレーが甘口だった。
これもかなりショックだよね?
そんなこったで(どんなだ)ちょっとお願い。

ここまで読んでしまった人はちょっとコメントをお願い。
でね。
ちょっと年齢が知りたいです。読んでくれている人の。
そんなの失礼じゃないのセニョール?と思う人はいいよ。
あくまで貴方の好意に従います。

じゃあ、今日はこんな感じで。
かいさーん。

人生にこれだけあれば

テーマ:
本日はぁ、
はい、久しぶりだからちょっと先生緊張中よ~。
よし!気合入れて行こうかぁ!

「失敗した後の行動の仕方」です。今日の講義は。

人間ちゅうーのは失敗する生き物だぁ。
それはしょうがねぇ、そういう設定だー人間て。

でもね。

大切なのはその後!

人間にあるのは失敗する能力と修正能力!
コレ大事よ修正能力!
恐らく鈴木君には備わってません!
断言します!

えー…と。
なんだっけ。

あ、そうそう。
修正能力、コレが大切なの。

例えば今日の晩御飯はオムレツ♪
ところがどっこい☆
ちょっと焦げた。
いや、ただ酸化が進みすぎただけなんだけどね。
いいじゃんねー?酸素が付き過ぎた位。
ぎゃーぎゃー騒ぐんじゃないっての。

安心して。奥さんとはそんな修羅場無いからね。
てゆーか奥さん?んん、まぁいいや。

そこで!
気付いたらまだ昨日の残りのカレーが残ってる!
放り込むのだオムレツを。
そしてカレーと一体化させる!コレに限る。
足りない分はルーを足すのだ。

失敗を成功に修正する。
コレが大切ね、人生は。

ちなみにオムレツの修正の仕方はバイト場で教わりました。
なかなかイケルよ、オムレツカレー。

お試しあれ。
でもただ入れりゃ良いってもんじゃあないからね。
真っ黒なもの入れても苦味増すだけだからね。
鈴木君、なにその「ちっ」って顔。

皆、鈴木君のカレー、要注意ね。

はいじゃあ皆ーまた会おうね。
かいさーん。