締めくくりなのね

テーマ:
さーて、みんな今年はありがとねぇ。

みんな一杯脳内麻薬発生できたかな?

人それぞれだからね。
それでいいんだよ。

もし願わくば、
みんなに、時間の栄光がある事を。

時間の憎しみがまとわりつかない事を願う。

じゃあ、良い年を。
AD

一日前

テーマ:
本日、ひいきにしている読売新聞さんからこんなお願いがあった。

今年も後わずかになりましたが、
元旦は例年のとおり新聞はもとより、
折り込みチラシ等もかなり多い枚数になる見込みでございます。
元旦の新聞がお宅様のポストに入らない場合、
玄関脇、ドアノブなどにビニール袋などに入れた状態で置いて頂く事もございます。
ご確認頂きますようお願い申し上げます。
恐れ入りますが、配達員のわかりやすい場所に



段ボール箱



等をご用意頂ければ幸いです。
はなはだ勝手なお願いをして申し訳ございませんが、
なにとぞご理解とご協力の程をお願い致します。

段ボールかぁ…。
霜下りてぐしょぐしょにならないかなー。
ま、いっか。
地球の大地で育った木から造られた紙はそんなにヤワじゃないか。

と言う事を祈る。
AD

絶滅

テーマ:
ねぇ、佐藤君。

地球上の生物ってのは、絶滅と誕生を繰り返しているよね。

もしニンゲンも絶滅したらさ、
化石とかになるのかな。

そして、アスファルトとかはどうなっちゃうんだろう。
ちゃんと自然に還元されるのかな?

大陸プレートが移動して、
環太平洋造山地帯とか、
活発にうねっちゃって、
マントルの下にのまれちゃって、
また自然な姿に戻れるんだろうか?

卵の容器も、
造花の花も、
つけ爪も。

戻れたら、ステキ、だと思わないかい?

難しいかな、ちょっと。
じゃあ、行こうか、講義。
AD

発音する

テーマ:
見えないものを見る事は、とっても難しい事だけど、
言葉に表せない事を表現する事も、
とっても難しい事だよね。

例えば、
音楽の曲調の表現とか、
愛し方の主張の仕方とか、
味のおいしさの賞賛の仕方とか。

難しいよね。

でも、僕が思うに、
何でもかんでも言葉に出せばいいってモンじゃないよね。

言葉に出した瞬間、
なんか味気なくなっちゃう事もあるしね。

おもしろいよね、人間って。
だから、悲しんだり、
喜んだり。

楽しむ余裕を持つ事が大切です。

はい、本日の講義、しゅうりょーう。
解散。

やめてください

テーマ:
サラダにドレッシングをかけるのは止めて下さい。
サラダは生で食べたいんです。

生肉を目の前に出すのは止めて下さい。
火が通ってないと肉は食べれないんです。

無理にお酒を飲ますのは止めて下さい。
次の日首から下が動かなくなるんです。

部屋でゴキブリを飼うのは止めて下さい。
黒くて早く動かれると殺したくなるんです。

音楽のことを良く知りもしないで語るのは止めて下さい。
なんか可笑しくて噴出しそうになっちゃいますから。

頭が痛いときにシェイクするのは止めて下さい。
貴方の頭が飛ぶことになるので。

コーヒーに砂糖を入れるくせに紅茶に砂糖を入れないのは止めて下さい。
コーヒーの苦さもちゃんと楽しんでください。

夜中に奇声を上げるのは止めて下さい。
思わず110番したくなりますから。

別に大切でも無い相手とセックスしないでください。
後々厄介なことになるのは貴方なんですから。

生きてるかと連絡よこさないで下さい。
死んだらちゃんと連絡が行きますんで。




闇の中、真っ黒な瞳で見つめないで下さい。

もう、ハグしたくなるので。

良い子ってなによ

テーマ:
はい、今日の講義内容は「良い子の鍵の無くし方」です。

まず夜になるのを待ちます。
「飯くわねぇ?」的なアプローチを女性にかけます。
食材を買ってきます。
家に帰って飯を作って、
来てくれた女性と一緒に飯を食べます。
そして軽く散歩に。
そして家に戻ろうとしたら鍵が無い。
「はいれねー。」
「じゃあウチ来る?」
「すまん頼む。」
はーい、ここで注意点。
女性の荷物は手ぶらであること
そして女性のウチに…。

   あ。

これは大人の鍵の無くし方のカンペだね。
失敗失敗。

なにかなー鈴木君?
カンニングしちゃ駄目だって?
大丈夫、文部科学省公認だから♪

えーと、
はい、気を取り直して、
「良い子の鍵の無くし方」。

まず鍵が無いことに気付きます。


そして鍵を探さない。


探さずに部屋に入る方法を考えます。

例①
パイプをよじ登って窓から侵入。

例②
頑張ってよじ登って窓から侵入。

例③
隣の家から脚立を借りてきて窓から侵入。

例④
隣の家から工具を借りてきて一階部分の窓を分解して入る。




もちろん全部実践したよ。
ちなみに例④の場合は、鍵の配置場所を忘れてて、
こっぱがした窓の修理代で四千円持っていかれました。
(注 こっぱがす:分解する、壊すの意)

何だって鈴木君?
鍵の無くし方というよりも家への入り方だって?

わかってないなあ。

人間原点に返ることが大事なの。

しかも「良い子」という修飾語に反応しない鈴木君が大好き☆

はい、他の人が反応する前におわるねー。
かいさーん。

頑張ろうか、だるいけど。

テーマ:
最近生きてて色んなことありすすぎて、
もう駄目すぎて、
ミスタッチの場所も直すのがメンドクサイホド。

誰かに依存しすぎちゃいけないとはわかってるんだけど、
やはり一度飲んだ甘い味は忘れられないわけで、
もう駄目駄目。

一人じゃなくて、
多人数にわいわいを求めたらこんな事にはならないんだ折るけど、
でも一人に求めてしまう。

駄目駄目なのでミスタッチも修正しない。

でも救いようがあることは判ってるから、
まだ、いける。
死んだ友人の分まで、頑張れる。

本気で呟かして

テーマ:
友達を駅に送りに行った帰りに、
流しのギター兄ちゃんが、たこ焼き屋の横で弾いていた。

横っちょに座らせてもらって聞いていたら、
周りの人たちも気の良い人たちばかりで、
見ず知らずの人達とレッドゾーン突入。

そんなこんなでヒートアップしていたら、
たこ焼き屋のおばちゃん、
「食うかね?」
八個で四百円かー。
「四個で二百円とかできる?」
「アンタそんなモンええがー。
 もってきーな。ホレ。」
無料でたこ焼き六個もくれるんかい!
なんて気前のよさだぃ!

あぁ、日本人もまだ腐っちゃいないよ…。
でもねぇアネサン、お金だけは…。
しかし拒否されるお金。
しょうがないからおばさんがいなくなった隙に、
転がしているオネーチャンに払いに行ったら、
「なんにするぅ?」

やべぇかわいいーーー!!(赤域突入)
あんたそりゃ卑怯だ。

「…四個二百円で。」

同じ注文かよ俺!(死)

しかもそのオネーチャンもお金貰おうとしない。
おかしーな、あんたら自営業だろ?
何とか疑問を伏せつつお金を受け渡す。

しかしコレがマジうめーの。
おかげで口の中が低温火傷。二箇所も。
しまった…
ホントにしまった…。

っていうかホントにみゅうって誰。

勘違い

テーマ:
はーい、今日はまじめに講義しまーす。
先生、副業が心理学です。
副業ね。あしからず。

「ハロー効果(Halo effect)」

本日はコレが題材です。

人間ってさ、「できる人」がいると、
その人がオールラウンド、
またはオールマイティだと、
たまに思っちゃうことがあるんだよね。
ある?
ない?
あるよね。
うん、そーゆーことで。

(ギター経験者に限り)わかりやすい例で言うと、
押尾コータローの曲をむちゃくちゃ弾きこなせる人が居るとするじゃん。
押尾コータローってギタリストの人ね。
そのプレイを見て、
「あっこの人ギターの基礎技術なら何でも完璧にできるはずだぞ」
って思っちゃう。
これいわゆるハロー効果。

もっと簡単に解説。
ある人がある分野で卓越した技術をおさめたとする。
そして周辺の人はそれを見ただけで、
その人がその周辺分野においても
「できる人」だと勝手に認識してしまうこと。
これハロー現象。

逆ハロー現象っていうかは知らないけど、
負方向へのものもある。
たとえば普段はめっちゃ悶絶するぐらいのギターテクを持ってるのに、
ある発表会で珍しくミスをしてしまって、
それを始めて見た人はその人のことを、
しょぼしょぼギターメンと思ってしまう。

なんか違うな。
これならどうだ。

初めてのプレゼンテーションで駄目駄目だった。
上司にそのまま企画力、表現力が無い人間だと思われたまま、
月日が流れてしまった。

これで正解だろう。
むしろ正解にしてくれ。

ま、こーゆーのが「ハロー効果」ってやつですわ。

わかったよねー。
鈴木君ー。

そう、先生鈴木君に対してハロー現象行ってまーす。
落としいれようとしていまーす(笑顔)
ハイ皆かいさーん。

テーマ:
人間関係が出来たら、
その二人は糸を握る。

時間が経つと、
二人は動き回って、
糸はほつれ、絡まっていく。

あとは、
その糸を捨ててしまうか、
解くかどうかだけ。

捨てるのは簡単。
だから、解くことに価値がある。