先日、ついに因縁の宿敵、ekakiに出会う。
あーもーなんかekakiって書くのが面倒なのでこれ以降はえかきって書く。
先生そう心に誓いました。固く誓いました。

とにかく宿敵えかきは手強かった。
ビールをズッバンズッバン飲んで先生最早叶う余地無し。
挙げ句の果てにはエクスカリバーまで抜刀しちゃって、
辺り一面愛の血の池地獄に。
そして先生はそんな地獄絵巻のアルカトラズから命からがら逃げ出したのでした。
めでたしめでたし。




さて、久しぶりの更新なんでこんな嘘っぱちな始まり方で良いかな。

とにかくえかきと初めてであった。
思いのほか華奢だったが、思いのほかお酒しか飲まなかった。
そうなの、えかきは酒しか飲まなかったの。
びっくりした。焼き鳥とか頼んでも冷えきった後にしか食べないんだもん!!
焼き鳥に謝りなさい。今ならまだ間に合う。

そんな訳でえかきと出会った。
目がつぶらなのね。
アタシ思わずkoiに落ちる所だったわ。

そーねー。
取り敢えず、酒が入ると人の話を五割くらいしか聞かなくなるのね。
それだけははっきりと判ったわ。
次に会った時は重要な話を序盤で畳み掛ける事を心掛けます。先生が。
えかきの手間なんて一切取らせませんから!!

つーかなんてーの。

いきなりの連絡にも拘らずわざわざ集まってくれて本当に凄い。
本当にありがとう、とか書くべき所なんだけど、本当に凄い。
いや、凄い。えかきありがとう。
次は噂のガンダーラ(隠語)で飲もう。約束だ。
先生ももっと余裕を持って連絡します。
まさかその日に連絡してその日に飲む事になるとは。

世の中って思いのほかブラボーアメーバだぜ。

ちなみにえかきと別れた後の事。

あのあとカプセルホテルにしけこんだんだけど、
カプセルホテルってなんか怖いね。
あんなん襲われる要素満載じゃんか。

ちなみに始発の新幹線で帰りました。
死ぬかと思った。
カプセルホテルで全然寝れなかったんだもん。
しかも換気扇の威力が弱いのかカプセル内、すげー熱気こもるし。

もう金輪際カプセルホテルは使いませんと心に決めました。
この決意は熱い。

また飲もう、えかき。
AD

悪魔の言葉

テーマ:

久しぶりにむねくそが悪くなった。

本当に今不機嫌だ。


偽善だと?


なんだよ偽善って。

偽りの善行?

本当の善行すら見切れない奴が何を言ってるんだ。


人がした善行にケチつけんのか。

どれほど偉いんだ貴様。

むなくそ悪いったらありゃしない。


自分の善行にケチつけるんなら別にかまわないよ。

だって自分がした事でしょ?

ならそれが本当か偽者かわかるもんね。


善行ににせものとか本物とか、

その論点がまずちゃんちゃらおかしいけどさ!

マジでムカついてきた。


でも人の善行に


アンタそれ偽善じゃーん!?



幼稚園からやり直せよ


貴様いつからエスパーになったんだよ。

人の心を知れない人間が、

大体人間が人の心なんて知れるわけ無いんだよ!

いるのかよそんな人間が!

会ってみたいね!

知れないから人間は「思いやる」ってことするんでしょうよ!

違うかよ!どうだよ!いらいらする!

人の善行を偽善だといって指差す奴はこの国からいなくなれ!

何も判ってない半人前が!




少し落ち着いてきた。


自分の行動にしてもさ。

自分の行動が偽善?

ならもうやめちゃえよ。

良いことするの止めちゃえよ。

人間一人が良い事しなくても別にいいんだよ。

だって世界にはあと60億人いるもん。

あんた一人が止めたところでどうって事無いよ。世界回るよ。


人のこと、助けるの気持ちいいでしょ?

いいじゃん、助けた人もハッピーになれていいじゃんねぇ?

皆知ってるんだよ、良い事すると自分も幸せになれるって。


でもイカレタ奴がそこにだけ反応するんだよ


自分が気持ちよくなりたいだけだろって囁くんだよ!


違うでしょ?

二人とも良い気持ちになってるじゃんかよ!

助けられた人も助けた人もさぁ!

違う?

そうでしょ!?

違うと思う奴が居たらでてこいよ!

助けられた相手が不幸になって、

それで助けた側だけ幸せになるかよ!


なるはずねーだろ!


そりゃあさ、さっきも言ったけど人間エスパーじゃないよ。

だから自分がした、思いやってした事が裏目に出るときもあるよ。


でも謝れるじゃん。

人間謝れるじゃん。

そして一人だけ幸せになれないじゃん。

助けたはずの相手が不幸になって、

お前幸せになれるか?

なれるとしたらお前のそれは善行じゃなくて、さいしょから悪巧みだよ。

日本語勉強しなおして来い。


偽善なんて言う言葉使うなよ。


それは、


悪魔が人間の心をへし折る際に使う言葉だよ。




はい、

解散。

AD

リメイク

テーマ:

映画「ディパーテッド」。

予告編を見ていて気付いた。

あれ、これ何か見た事あるなぁ、って。

よくよく記憶を引き出してみると、

そうかなるほど、

韓国映画「インファナル・アフェア」の中身と全く一緒だという事が判った。

なんだこれパクリじゃん。

やってらんねぇな、こんなパチもんが世の中を大腕振って出歩くなんて。


なんて思ってたら。

カバーっつーか、リメイクなのね、これ。

なーるほどじゃあ文句のつけようが無いな。

だって、「リメイクさせてくださーい」って言ってやってんだから。


でも、腑に落ちない事はまだあった。


えーっと、マッド・デイモン、その他か。


役者が違うだけで何とか賞?

正直役者が命か。

無性に腹が立つ。

前作もちゃんと見ろ。

前作にも何か評価を与えるべきじゃないのか。

映画館で見た「インファナル・アフェア」は凄く面白かった。


リメイク前作にも何か表彰しろよ。


そう思わずにはいられなかった。

AD

さぁ走れわが魂よ

テーマ:

有機化学。

今選択中の授業。

暇すぎて今レジュメを見たら以下のような走り書きが残っていた。


(走り書き ①)

眠い、眠いぞ。どれ位眠いかってーともうそりゃあ

北朝鮮からテポドン ノドンの兄弟共が

ダッポンダッポン日本海やベーリング海に

飛び込んでも鼻提灯一つ割らずに、

夢の中で魔物の達と余裕で

ツイスターゲーム出来ちゃう位に眠いのだ!


(走り書き ②)

豆腐ってのは「スベスベ肌」なのか?

それとも「もっちり肌」なのか?

それとも、

「アーラお兄さんイイ顔してるじゃない

 今ならアタイのこの肌でもっとニヒルにしてあげるよ」なのか!?


(走り書き ③)

男と女の髪の毛に対する考察

結論:男のほうが髪の命は比較的短命である。

男は女と比べてあっという間にハゲる。

女性は残る。


やっぱり一番大切な論議は、


③だよね。

孤独死

テーマ:

取りあえず、

隣の70代の老人が死んだらしい。


朝部屋から出る時に生ゴミが腐ったような匂いがした。

なんかきついとは思った。


米を三合炊いて、

ラップに包んで冷凍保存をしている最中に、

インターホンが鳴った。

面倒臭いな、新聞屋か宗教かとか思いながら開けて見ると、


「すいません。」


警察だった。


「207号室の老人についてお話を伺いたいんですが。」


後になって気付いた事だが、

遠藤が住んでるのが207号室だ。

恐らく間違えたんだろう。


「あの、ちょっとやってる事があるんでどうぞ。」


と遠藤は女性警察官を中へと入れた。


「どうしたんですか?」

「あのー、207号室に住んでいる70代の老人について知りませんか?」


孤独死


その言葉がぱっと頭に浮かんだ。


「人死にですか?」


何もオブラートに包まないで聞いた。


「恐らく。」


警察官も包まないで返してきた。


「そうですか。」


カチャカチャとしゃもじをジャーに突っ込んで白米を取り出す。


「何か知りませんか?」


その後、電子ジャーからしゃもじで米をサランラップの上に乗っけて包みつつ、

知る限りの情報を警察官に言った。

途中で包み終わって空になったジャーを見つめながら話した。


「まだ、部屋の中には入ってないんですか?」

「はい。」


でも恐らく死んでるんだな。

そう思った。


「すいません、お役に立てませんで。」

「いえ、ありがとうございました。

 もしかしたら後日ご協力をしていただくかも知れませんが。」

「はい、その時はよろしくお願いします。」


しゃもじを持ったまま、

警察官を見送った。


「そうか。」


何がそうかなのか知らないが、

一人ごちた。


しゃもじを空のジャーの中に突っ込んだ。

ジャーの中は残ったデンプン質でカピカピになっていた。


遠藤も、

孤独死とかするのかな。

でも、大学院の奴らや後輩がいるから大丈夫か。


不安は、無かった。

人間のつながりがはっきり見えた。


孤独死は嫌だ。

そんなにダサくなるなよ

テーマ:

前にも書いたが、

遠藤のパートナーは今五月病、そして六月病らしい。

ようするに何か気分の調子が悪い。


そんで


「少し距離を置きましょう」


になった。

まぁ19だ。

自分の19(をまだ振り返れる年齢だから)思い出してみたら、

まぁ確かに色々難しい時期だ。

何かいきなり色んな「出来そうな事」が一杯になって、

周りの人間はそれを一つも漏らさずに楽しんでるように見えて、

それで自分はどこか気落ち。とか。

何か、色々やりたいけど駄目な自分、みたいな。


いかん、やはり五年経つとヤバイ。多分こんなんじゃない。

でもなんか凹んでた。


先生はバルサン大学出身(仮名)。

出身大学を昔にカミングアウトしたが、敢えて仮。


ウチの大学にはバルサン病というのがある。

(注:うちが信州大学なら信州病、という具合のネーミング)

自分がバルサン病だと思って凹みまくっていた時期に、地元に帰って親友と会った。

死んだ親友じゃなくて、

まだ生きてる親友。

その会話の抜粋を覚えてる限り、以下に記入。


「なんか遠藤元気ねぇな」

「あー、いま俺バルサン病なんだよ」

「バルサン病?」

「そう、バルサン病。

 うちの大学に居たら必ず誰もがなるっていう有名な病気」

「なにそれ?」

「要するに、バルサン病になったら皆無気力になっちまうんだよ」

「だせぇ」

「?」

「そんな病気のせいとかにするなんてダサすぎ

 悪い事があったら全部その馬鹿みたいな病気のせい?

 俺五月病とか そういうのなった事無いから判らないけどさ

 でも外に出ればそんなの治るし

 治らなくても薬とか飲むでしょ

 でも治らないからって なんでもその病気のせいにするの

 すっげーダセーよ遠藤

 だってそれ厳密に言えば病気じゃないんでしょ

 だったらそんなののせいにするなよ

 だって

 お前の人生でしょ

 そんなワケ判んない病気に逃げ場作ってんじゃねぇよ」


10キロの米俵を頭に落とされたような衝撃だった。

確かに五月病は厳密に言うと病気じゃない。

気分だ。なんかスッキリしないんだ。

でも所詮アレは打破しようと足掻けば一日で完治(?)する代物。

でもその事に気付いたのはこの出来事があった大学二か三回の時だった。


パートナーは、

どれ位でその事に気づくかなぁ。

早く連絡が欲しい。


気付かせてくれた親友とは、

今でも仲が良い。

良い奴だ。


要するに今日のポイントは、


「自分の都合の悪い時を病気のせいにするな

 それも自分自身だと向き合え」


はいかいさーん

小岩井のCM知ってるだろうか皆。

オレンジジュースだかそんな感じの飲み物のCM。

あれに女の子出てるでしょ。判るかな。


あの眼のクリッとした女の子。


実写版映画ラブ☆コンのヒロイン役をやってた子。

っても判らないかな。


まぁ話はね。


あの子は朝の連ドラやってたんですよ。

そんなに古くないはず。

何か相手役の男が最初にギター弾いてんだけど、

知らん間に頭剃って坊主になってた。

んで、結局その男と結婚するヒロインの役なんだけど。


いや、いまいち言いたい事が伝わってないのは判ってるよ。

うん、先生判ってる。

だって結構思い出すのが苦しいもん。

名前が何つったかな、「なんとか絵麻」。


でそのエマちゃん。


滅茶苦茶台詞言うのが下手くそなのね。

『まさに演技』って声で台詞言うの。

あまりの下手くそさに連ドラ見ててノイローゼになりかけた。

あの子絶対に口が利けない女の子役だったらきっとハマるのに、

弾幕薄いぞ何やってんの!


って思ってる矢先。

久しぶりに見た小岩井でのCM。


ただあの子は、

笑って立っているだけだった。

一言も喋ってなくて、

昔の自分はその方が良いと思ってたのに、


何故か寂しい感じがした。

それはエゴだよ

テーマ:

子供ってのは厄介だ。

子供って今使った言葉の意味はね、以下。


生物分類は人類で雌雄問わず。

生後まもなくからその後七年もしくはそれ以上生きてきた個体。

性器の周りに毛が生えておよそ五年後にその資格剥奪。


子供ってのは厄介なんだよね。

何でかって大人が知っている常識を知らないからだ。

だからこっちが新しい情報を新たにインストールしてやらなきゃいけない。


なんて


思うのはー、先生多分間違いだと思うんだ。

何が間違いかって、

それはまた日本語的な問題になってくるんだけども。


インストールしてやらなきゃいけない


ってこの言葉は多分間違いね。

十点満点で多分、部分点で三点くらい。


この「してやらなきゃいけない」ってのが、ミソ。

こっち側からの能動的、

言い換えれば子供側の受動的な意味合い。


引き篭もりっているでしょ。

いきなり話が変わったように感じるかもしれないけど。

あの子達さ、多分親がいつまでも「してやらなきゃいけない」って思ってやり過ぎたんでは。


確かにね。

確かに一番最初はあれこれインストールしてやらなきゃいけないよ。

言葉とか、作法とか。

でもさ、子供ってすげー興味津々だよね。

そうだよね?

だからある程度「してやった」ら子供は自分で走り出すんだよね。

そりゃあたまには間違った所に行って肥溜めとかに落ちるかも知れないさ。

落ちる前に軌道修正してやるか、

落ちた後に拾い上げてやるか、どうかしないといけない厄介さはあるかもね。


でもさぁ。


ある程度色々覚えて尚、

こっちからあれこれ更にインストールしてやろうってのは、

それはちょっと違うんじゃないかなぁ。

向こうがね、「インストールして」って言ってきたらいいけど、

それもなく「ほら、これもこれも」って差し出して、

下手すれば強引に詰め込もうとするのは、

アレはイカンナァ。

すこぶる見ていて感心しない。


なんだっけか。


そうそう。

早い話がエゴなんだよね、親の。

子供が物なんだよ。そういう親は。

で、途中で


「子供が反抗期になった こんなに遅く 恥ずかしい」


とか言う親も中には、いるんだろうね。

でもそれは「比較的潜在的に物として扱われてきた」子供が、

人間的な自由行動を欲求して現状を打破しようと頑張ってるだけじゃないの。

だよね。

いや間違ってるかな。

どうかなぁ。

これもあくまでケースバイケースだしなぁ。


「昔はあんなに言うこと聞いて可愛かったのに!」って、

そりゃ可愛いのはアンタ、自分でしょ。

自分の言うとおりになる子供が可愛いんじゃなくて、

それを見て満足する自分が可愛いんだろ。

なぁ?


『可愛い子には旅をさせよ』


この格言は、

個人的に凄く良いと思う。


じゃあこんなところで。

かいさーん。

寺から しほうはっぽー

テーマ:

彼女に宣告されたから

なんかいつも一人で寝てるのに昨日はすげー寂しく

思わず三つ先の駅まで電車で行って友達の家に泊めてもらった


先生打たれ弱い。


そんで今朝帰ってきたんです。

腹が減ったんです。

飲み物がもう尽きたなと思ったんです。

そこで入ったのがセブンイレブン。

目指すはコーラスウォーター。

126円。

そこでね、会計してくれた人の名前が寺西さんだったの。


寺西か。

うん損な苗字の友達居たっけな。

まてよ。


寺東とか いるのか?


出でよbiglobe!

という事で検索しました。

これで寺東という苗字の人が居なかったらこのブログで


「いやー、何で『寺西さん』は居るのに『寺東さん』は居ないんだろうね。

 きっと昔は寺の西には住んじゃいけなかったのかな。」


とかグッダグダな更新でもしようかなとか思ってたのに、



居るじゃんか寺東さん!


このマイノリティが!存在するな!

すいません。

誰がそんな酷い事言うんだよ。

全くもう。


これでは話にならないと焦った遠藤。

西も駄目。東も駄目。

じゃあ北はどうだ!?


ってこれが引っかからなかったんだな。

試しに南も入れてみた。『寺南さん』。

コレが居るんだよ。

『寺南さん』はいるんだよね。

でもなぜか『寺北さん』はいない。


なんかこう、

昔の寺の北側には山を多くとかそんな立地条件とかあったのかなー。

そんな事を思って、

今日も一日が始まった。


はいかいさーん

彼女に「距離を置こう」とか言われましたよ、ハイ。






久々にブログ再開して初撃にカミングアウトかよ


的な。

うーん先生もまだいけるかも。

うーんそうなの、先生今彼女が、

つーかパートナーが居ます。

パートナーってなんかいいでしょ、英国かぶれで。


えーとそんな訳で皆が指の骨が折れるほどに祈っててくれたお陰で、

先生は無事に大学院生になりました。

24にもなりました。

なんか変なにきびが顔に出てきました。

正直焦った。


そんな先生。

院が始まってまだ二ヶ月しか経ってないのに三人から恋愛相談を受けましたよ。


そんなに目新しいものが良く見えるかいエブリバディ。

先生はそのアグレッシブさに無くした若さを感じてならないよ。

わけーな、わけーよ。

まぁ、先生には愛しのスイートハニーがいるからね どうってこ


MYパートナー:「少し 距離を置きたいなって 思って」


その矢先がコレ


正直絶妙のタイミングに悶絶しそうになった。

確かにね、

確かに週に一回会いに行ってたさ。


良く解る解説:先生とパートナーは一つ隔てた県に住んでいる


んでもう今週も日曜会おうとか先生思っちゃってたわけ

それが。

でもね、しょうがないとか思う。

だって相手まだ相当若いもん。


良く解る解説其の二:先生は24歳。パートナー19歳。


『犯罪だ』とか思った奴は誰だ


ちなみに今までの反応エントリー一位が「犯罪だ」です。

そう思った平民どもが!ぱんぴーが!

ちなみに二位は「ロリコンが」です。


そんで渇きを潤すために


あ、あれ?

何俺ブログするの?


久しぶりに叩いたパスワードが一回はじかれた時は正直焦った。

二回目で思い出せて良かった。

これじゃあyahooメールのパスワードすら危ない。

何かに書き留めなければ。


はいところでねー。

三つほど恋愛相談を受けまして、

その中の一つに吹いた。


ごめん嘘。

吹いてない、身の毛がよだった。


なんか、


じゃあはい登場人物!


遠藤院長(24)

ベルバラ子(仮名・23)

稲垣五郎(仮名・23)


ある昼下がり。

ベルバラ子と校内で偶然ばったり出会った遠藤院長。


ベルバラ「あ、院長」


(中略)


ベルバラ「それでね、困ってるの。」


良く解る解説其の参:あまりに長いため話ははしょったのだ!


遠藤「じゃあバラ子は付き合ってるのに稲垣五郎が?」

バラ「そうなの。」

遠藤「じゃあ稲垣五郎に私付き合ってるのよとか言えばいいじゃん。駄目なの?」

バラ「うーん…。」


早い話がバラ子は付き合っている男がいるのだが、

それを知らない稲垣五郎は言い寄っているのである!


遠藤「でもさぁ、それが一番早い。」

バラ「この前な。アタシ聞いたんやけどな。」

遠藤「ん?」

バラ「修論実験のテーマと決める際にな、アイソトープやめてん。」


良く解らない解説1:アイソトープとは中性子とかそこら辺がぴゅんぴゅん飛ぶ実験。

             母体に影響があるとか無いとかそんな事。女の子には重要。


遠藤「あーね。」

バラ「それでな、稲垣五郎がな、

『僕の子供を生む事を考えてアイソトープやめてんな』

   って。言ってたらしくてね。もう、『ハァ!?』って感じで。」

遠藤「はぁ!?」


勿論遠藤の「はぁ!?」はベルバラ子の発言では無く、

稲垣五郎の昭和時代真っ盛りの勘違いに対して、でありますおりはべり。


マジびっくりした。

うちの親父の言ってた事を思わず思い出した。

親父の生徒だかなんだかが同じ事を思って、

相手の女の子の家に何度も押しかけたらしい。

幼稚園からやり直せと思った。


同タイプの人間が同じ院に!?


マジ立ちくらった。


この事件は、

稲垣五郎の周辺の友達もストーカー的にベルバラ子に関わり、

精神的にベルバラ子は追い詰められた。

その後、稲垣五郎の研究室の教授と直々にベルバラ子が相談した結果、

教授が稲垣五郎に注意をし、今はなりを潜めている。


結論。

人間は何でも百パーセントに出来る生き物ではない。

それは、何でも百パーセント理解できる生き物ではないという事だ。


はい、

久々の講義、しゅうりょう。かいさーん!