このブログはタイ王国を繁栄させることに繋げるためにタイの大切な情報を紹介します。テーマはタイ王国に関する企業活動、芸術・スポーツ・料理・マッサージなど文化活動、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害、果ては超常現象などです。

タイファン、タイ業界関係者、タイ人とその配偶者の日本人の皆さまに役立つ情報をお伝えしますので、どうぞよろしくお願い致します。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-18 06:08:07

日本にあるタイ料理店の歴史⑤<最近増えている困ったお客さん・売り上げをあげる方法>

テーマ:タイ料理

【タイの知識 】日本にあるタイ料理店の歴史⑤

 

・タイ料理店で売り上げをあげる方法
・最近増えている困ったお客さんについて
・価値あるものを価値ある値段で提供する
・店長やスタッフは大事
・看板メニューをつくるのも大事
 

https://youtu.be/R-A-4XZsdDw

 

 

(2016年8月16日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-18 05:56:03

日本にあるタイ料理店の歴史PART④<タイ人コックもほとんど知らない王宮料理>

テーマ:タイ料理

日本にあるタイ料理店の歴史PART④<タイ人コックもほとんど知らない王宮料理>

 

・王宮料理とはどのような料理か
・タイ料理が人気であり続けるためにすること

 

 

 

(2016年8月16日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-16 12:53:35

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史③

テーマ:タイ料理

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史③

 

・パクチーブームについて
・ホットモットでガパオ弁当
・ガパオが入っていない『ガパオ焼きそば』について
・マッサマンカレー(タイ南部カレー)の人気について
 

 

 

 

 

(2016年8月16日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-16 12:52:00

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史②

テーマ:タイ料理

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史②

 

・タイ料理店が増えたきっかけ
・タイ料理店のやり方と食材の仕入れ方
・屋台式のタイ料理店が増えた理由

 

 

(2016年8月16日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-16 12:49:13

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史①

テーマ:タイ料理

タイ料理ヒストリー 日本にあるタイ料理店の歴史①

 

・成功しているタイ料理店の特徴
・80年代~90年代のタイ料理店の特徴
・2000年から始まったタイフェスティバル

 

 

 

(2016年8月16日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-07 07:29:04

はっぴいえんどの『夏なんです』 大滝詠一さん『さらばシベリア鉄道』タイ語と日本語のスタンプ

テーマ:アイディア



暑い日が続いていますね。
 
『あつい~』『猛暑』『あぢ~』 などの夏に使いたくなる言葉をタイ語と日本語のスタンプにしました。 
http://goo.gl/SN0OV0

 

さらに

 

はっぴいえんどの『夏なんです』 大滝詠一さん『さらばシベリア鉄道』 などマニアックな言葉もタイ語日本語のスタンプに起用してみました。 

 

マニアックに

 

40代~50代前半の人には懐かしい水谷豊さんの『熱中時代』と、水谷豊さんの奥さんの伊藤蘭さんが所属したキャンディーズの『暑中お見舞申し上げます』という言葉もタイ語日本語スタンプで起用しました。 
http://goo.gl/vJm09m 

 

マニアック過ぎて使う人は少ないと思いますが

 

箱根や小田原エリアの観光地の人は世の中に箱根を普及させる意味でも『箱根に行きたい~』を頻繁に使いましょう!

 

ワンプッシュで円滑なコミュニケーション。タイ人と日本人が仲良くなるスタンプです。 

 

ぜひ これが日本語だ~!日本の70年代80年代パワーだ~! というモノをタイ人に教えるという意味でもダウンロードしてタイ人に使っていただけたら嬉しいです。 
http://goo.gl/ut6Qql

 

暑いですが水分補給をしながら体調管理に気をつけて今日もがんばりましょう。

 

 



(2016年8月6日 文/遠藤誠)

 

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-06 13:36:19

タイフェスに人を集める方法

テーマ:タイフェスティバル

<タイフェスに人を集める方法>

 

こんにちは。ワイワイタイランドの遠藤誠です。

 

僕は情報を伝えることが仕事です。

 

タイの情報を伝えることを29年やっています。

 

2000年からはインターネット、2005年あたりからはSNSで情報を伝えることが多くなってきましたが、情報を伝える手段としてメルマガ(メールマガジン)はまだまだ有効です。

 

いま使っているメルマガ配信システムは、

 

『エキスパ』というものなんですが、

 

このシステム、便利です。
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

 

ポイント機能や、ファイル添付、写真添付機能もあります。

タイマッサージ店やタイ料理店などのお店をやっている方とか、

もちろん個人の方でも活用できます。

実際に、タイ料理バーンキラオさんのメールマガジンは僕が『エキスパ』を利用して毎月1回配信しています。そこから予約が複数入っています。

 

■エキスパ
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

 

他に活用している例としては、

 

知らない人がいないくらいになったタイフェス代々木、タイフェア渋谷、タイ王国ファン交流会、タイ語カフェバーの案内も全部エキスパを使ってやっています。

 

人々に情報を伝える方法としては有力なシステムです。

 

利用料金は毎月1,970円でスタートできます。僕の場合は1万通程度のメルマガを月6本くらい配信していますが、月4,500円です。


まずは、『エキスパ』を使ってみることを

オススメします。
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

----------------------------------
 

●●●●●●●●●●●●●●●●●
遠藤誠NOWは毎週土か日曜日発行です
東京都渋谷区代々木3-28-1
電話 080-4180-0800
http://makotoendo.com
●●●●●●●●●●●●●●●●●

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-31 17:42:45

80年代の元気な日本を超えるような時代

テーマ:タイの社長の考え方

 

僕は以前一緒にプーケットラグーナマラソンを走った『タイが大好きな谷山雄二郎さん』が好きです。が、子供が生まれたときの一時的な100万円、200万円だけだとお金が足りな過ぎます。子供は大きくなるまでずっとお金がかかるので。その後にかかるお金のところも見てあげるようなことを考えて欲しい(生まれたら生まれたで何とか根性で養っていくのが親というものですが)。

 

雄二郎さんのような流暢に英語が話せるようになって、言いたいことを言える日本人になって欲しいのでインターナショナルスクールを増やすのも良いかと思いますが、インターナショナル校は授業料が高いじゃないですか。なので授業料は一般的な私立高レベルにしたいところです。さらに、英語をもっと生活レベルで教えられるような英語の臨時教師を各公立の小学校や中学校にどんどん入れるとか、給食の配膳する人を英語圏の人にやっていただくとか、東京を訪れる英語圏の外国人の観光案内を中学生や高校生が体験できるようにするなどもしたいところですね。

 

横田基地の話とかは、時間がかかるし、やったほうが良いかもしれないですが、『出来るのかそんなこと』的な感じであるし、『それに時間を使うよりも少子化対策や国際化。強い日本を作る人間力の育成』に力を入れて欲しいと思います。任期のなかで、実務のスケジュールを出してくれたら現実味がもっと出るし、横田のことやってたら他が遂行できなくなるなとか気がついたりするかもしれないです。

 

世の中は『節税で海外に資産を移動』とか『将来のリスクを減らすために海外に投資』とかの流れになって、弱くなってしまった日本を難破船に考え見捨てるような感じになっていますが、僕が船員だったら最後まで船長と一緒に船を守って浮上させるほうに力を入れますね。80年代の元気な日本を超えるような時代にしていきたいですね。雄二郎さんにも、確実に『一つ一つ良くなってるな』と都民に実感してもらえるようにして欲しいと思います。

 

 

(2016年7月31日 文・写真/遠藤誠)

 

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

 

 

 

 

月刊ワイワイタイランドの情報はコチラをクリックhttp://www.fujisan.co.jp/product/1281680460/ 月刊ワイワイタイランド

waiwai183

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-31 17:38:33

知事になった人が気を抜いていたら喝を入れます

テーマ:遠藤誠 NOW

 

GOOD AFTERNOON! 7月31日。

 

東京は快晴です。

 

今日は代々木で写真と動画の整理をしながら原稿を書いています。

 

先ほど選挙の投票に行きました。知事には誰がなっても良いです。

 

でも、なった以上は気を抜かないで強く楽しい日本と東京にして欲しいです。

 

知事になった人が気を抜いていたら都庁はうちの道路の反対側にあるから喝を入れに行きます。

 

バンバン電話します。

 

それでは今日も24時までよろしくお願いします。

 

 

 

(2016年7月31日 文・写真/遠藤誠)

 

遠藤誠プロフィール

タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ 方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができ る。

月刊ワイワイタイランドの情報はコチラをクリック

http://www.fujisan.co.jp/product/1281680460/ 月刊ワイワイタイランド
  waiwai183

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-30 17:09:48

タイ関係の人材紹介会社が驚く安い方法がコレです

テーマ:タイの人材

月刊ワイワイタイランドの情報はコチラをクリックhttp://www.fujisan.co.jp/product/1281680460/ 月刊ワイワイタイランドwaiwai183

 

ワイワイタイランド社には毎日15件前後の相談があります。

 

そのうち人材の相談が5件程度あります。

 

人材の相談にどういうものがあるかですが、

 

タイマッサージのセラピスト採用相談、タイ料理のコックさんの採用相談、タイ人通訳の相談、タイ人営業担当の採用相談、テレビなどに出るタイ人出演者の相談が多いです。

 

これらの対処法は、採用決定まで2ヶ月くらいあるのであれば誌面広告。

 

1週間程度で採用決定をしたいのなら『ワイワイタイランド運営人材紹介WEBサイト』や『ワイワイSNS(求人プラン)』です。

 

料金は誌面が4万5千円~8万円。ワイワイSNSが24万円。

 

これにオプションで『タイ語秘書代行サービス』を使うなら6万円。

 

とくに『ワイワイSNS』は見ない人がいないくらい強烈な伝達力があるので、告知する内容の中に書かれた『給料や待遇』が相場並みになっていれば世界中から連絡が来て、たちまち採用決定するでしょう。それもこの料金で5人6人の採用実績があります。一番多いケースでは27名採用も出来ました。

 

ふつう、

 

人材紹介会社は、企業に人を紹介すると月給の2ヶ月分や年収の20パーセントを手数料で受け取ります。たぶんタイなら月給5万バーツの人を1人紹介して30万円くらい2人紹介して60万円くらい、日本なら年収400万円の人を1人紹介して80万円くらいが手数料です。

 

なので、

 

ワイワイタイランドに頼むと『何人採用になっても追加料金はかからない』、『この料金とこの期間で人が集められる』ということが広く知れ渡ってしまうと、世の中のタイ関係の人材紹介会社はやっていけなくなってしまうかもしれません。タイ関係の人材紹介会社が驚く安い方法がこのワイワイタイランドの方法なのです。

 

ワイワイタイランドのこの採用までの料金は破格、激安です。

 

それに、ワイワイタイランドは『採用までのアドバイス』と『採用情報を拡散させる方法の伝授』もするので、当分人材には困らなくなるでしょう。

 

このアドバイスと指導は、さらに大変価値があります。

 

■タイジョブエージェンシー
http://www.thaijobagency.com/
 

 

■タイ人の募集広告を出した後の注意点

http://makotoendo.com/archives/1699



(2016年7月30日 文/遠藤誠)

 

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

出会うコツ



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。