フォーウェディング

テーマ:

イギリス出身の知人に「見た方がいい」と勧められて見ました。

 

"Four Weddings and a Funeral" (1994)
 

 

 

見て良かった!

 

 

 

まずは、とてもイギリスらしい世界を見て

結婚式ってやっぱりその土地・文化・風習に、根付いたものなんだなぁと。

 

アメリカとの違いや、スコットランドの特徴も比較されるように出ていて

とても興味深かったです。

 

 

 

そしてやっぱり「結婚式」自体よりも大事なのは

「気持ち」であるということ。

 

 

結婚式というもの…とても素晴らしいものですが、

それ自体の特徴・・・例えば、

ウェデイングドレス、華やかな世界、憧れの世界、幸せの証しと考える人もいる

・・・が、その大事なことを、時に忘れさせます。

 

 

 

私は長らくウェディングのお仕事に従事していますが

まだ結婚していません。

 

 

 

「ウェディングドレスを着てこんな結婚式がしたい」

というのは、常に持っています。

 

でもそれが人生の中で "目標" ではありません。

 

 

 

「そんなこと言ってたら、一生結婚できないよ」と何度も言われます。
「結婚は片目を、いや両目をつぶることも大事」とも(笑)

 

 

 

でも、結婚や結婚式って、二人の(二人の気持ちの)先、、、

結果的な形であって、それをする為、それを目標に自分の人生の選択をする

自分の方向性を変えるというのは、今のところ、私には違うと思っています。

 

 

だからこそとてもロマンチックで、ミラクルで、価値があるし

いつか自分にもそういう時がきたらいいなと思っています :-)

 

 

 

この仕事をしているからこそ、そう感じるのかもしれません。

 

 

 

1000にのぼるカップルの結婚までのストーリーに

どっぷりと触れてきましたが

そこに辿り着く理由は本当にカップルそれぞれ違います。

 

生々しくもとてもロマンチックで、ミラクルです。

 

 

「だから結婚するのね」と、腑に落ちる感じがあります。

 


結婚式をする意義や二人の "気持ち" があるし

嫌なところも受け入れるという意味での "目をつぶる" はあっても

両目はつぶっていない。

 

 

それがあるからこそ

「ウェデイングパーティー=二人の想いの表現の場」

をつくるお手伝いを、全力でしたいと思えるし、アイデアが出ます。

 

 

 

 

それを感じられないこともあります。

 

表面的な感じというか、二人にとってのウェデイングの意義

が伝わってこないというか。

 

 

そんな時は、私もどうお手伝いして良いか分からないので

お仕事をお引き受けしていないです。

 

 

 

 

 

穏やかに流れるストーリーの中

そんな事を色々と考える時間にもなりました。

 

 

 

しかしブリディッシュジョークは、やっぱりきついなぁ(笑)

 

 

 

 

 

では。

 

 

AD