お金と自由とライフワークと萌え

好きなことだけをして自由に生きる。
お金、ライフワーク、投資、潜在意識、ビジネス、引き寄せ、
スピリチュアル、恋愛、結婚、マンガ、ゲーム、腐女子ネタ。
全部繋がってます。

NEW !
テーマ:
:::はじめていらした方へ:::
引き寄せの法則、思考の現実化について解説しています
(記事内に全記事リンクがあります)
思い通りに引き寄せができないと思ったらどうぞ
■ アイザワとは何者か ■
■ セッションメニューはこちらへ ■

セッションは現在全て一時的に受付を停止しております

 

 

 

 

人にはそれぞれ、個人的に「無性に好き」とか「わけもなく惹かれる」とか「なんか言葉で表現しようのない慕情」みたいな、いわゆる「好きだ」と同類の感情があると思うのだが、私はソレを「萌え」だと思っていて。

 

 

 

私がヲタクであるのは言わずもがなだが、それとは別の観点で、無性に萌えるもんがある。

フラクタル構造だ。

 

フラクタル構造で画像検索すると、そりゃもう目もくらむような世界が展開されてるんでぜひリンク先へ飛んでいただきたい。

 

 

 

その延長線で、格子状のものがめちゃくちゃ好きだ。

(その割に洋服などのチェック柄や千鳥格子柄はキライなんだけどw)

格子状のデザインが組み込まれた建造物とか鳥肌が立つくらい好きである。

まぁ~萌える。

格子状のものを見かけるとつい写真を撮ってしまう。

感覚としては街で見かけたイケメンとか、アニメで出会った萌えキャラみたいなのと非常に近い。

 
{D59B3B85-C033-436B-A99E-F4C33C4F60DD}

で、最近萌えた建造物があって、それがパノプティコンだ。
 
 
端的に言うと、それは、刑務所である。
 
これは18世紀の哲学者ベンサムの提唱する功利主義を元に作られた形態の建築様式で、同じく哲学者ミッシェル・フーコーによって研究されたものとしても有名である。
 
 
 
これは、中央に看守塔を置き、その周囲を囲むように独房を並べた構造だ。
看守からは全ての囚人を一度に監視することができ、また囚人たちはその独房の作りから、看守のことも他の独房のこともうかがい知ることはできない。
ただ、囚人は「常に監視されている」とだけ意識する。
 
 
 
元々ベンサムは最大多数の最大幸福を願ってこの構想を得たんですわ。
それまでの刑務所と行ったら人道的なものじゃなかったんだろうね。
公開処刑してナンボみたいな世界で、人が人として更生の道を歩むとかいうイマっぽい思想はそれほど重んじられなかったんだろう。
 
 
 
しかしベンサムは、刑務所をこの構造にすることにより、囚人を常時規律のある環境とその監視下におけば生産的労働習慣を身に付けるはずだ、と主張した。
なんつーか、ここだけ切り取って読むとどこか残酷な香りもするが、囚人が囚人たる所以を考えれば、彼がその時代において非常に強く、公正なる正義と愛を追求しようとしていたことが想像できる。
 
 
 
んで、ここで出てくるのがミッシェル・フーコーですよ。
この人の切り口はベンサムよりドライなんっすよねえ。
ベンサムは欽ちゃんだとするとフーコーは大竹まことですよ(余計わかんねえ)
 
 
 
彼はこのパノプティコンという監獄システムで人の意識がどのように働くのか研究したわけだが、結局囚人たちは看守がいようがいまいが「監視されてる自分」として生きて行動してたっていう。
その結果、彼の導き出した答えがコレ。
「自分の中に監視者が生まれ、もう一人の自分に目を光らせている」
 
 
 
もうねえ、あちゃーですよw
こんなんわざわざ囚人集めて研究するまでもなく、我々の話ではないかっていうね。
あ、いや、こういった先の賢者が明らかにしてくれているからこそ堂々とそう言っている図々しさなわけだが。
 
 
 
我々は我々の中の監視者に怯えながら生きている。
「これは正しいんだろうか?」
「こんなことを話しても大丈夫かな」
「それはいいことなのか?」
「こうしなければいけない」
こういった観念は私たちが心の底から発想しているものではなく、私たちの中にいる看守のようなもう一人の自分をチラチラ見ながら考えているようなものだ。
 
 
 
少々正しかろうが正しくなかろうが、法を侵さない限り、そうそう誰にも咎められない。
少々おかしなことを話そうが、変わってるなぁと思われる程度で生活を奪われるようなことにはならない。
いいことだろうが悪いことだろうが、所詮、その時と場所によって変化するし、ネバナラナイものなど本来ひとつもない。
なのに、我々はそれらに振り回される。
 
 
 
これは実際は外側に存在する誰かにビクビクしているのではなく、自らの中に居続ける看守的自己に気遣っているのが正しい解釈だろう。
なぜなら、外側にいる誰かがなんと言おうと、内側の自己が「別にそんなんどうでもよくね?やっちまえよ」と言えばGOサインが出るものだからだ。
 
 
 
ぶっちゃけ、この世は全て、パノプティコンである。
パノプティコンのフラクタル構造だ。
会社、学校、コミュニティ、病院、あらゆる組織、そして家に帰れば帰ったで家族においてもパノプティコン。
そして、自分しかいない状況であってもなお、自らの中に看守を飼う体たらくだ。
 
 
 
スピリチュアル的に言えばどうだろうか。
神をそう位置づけるのであれば、我々はまた霊的な意味でパノプティコン構造の中にいるとも言える。
神は決して看守のように規律など与えない。
しかし、そこに在るのであれば、我々は神を意識した瞬間から、神の視線を感じるかのように生きるだろう。
 
 
 
なんか難解な上に壮大な話に聞こえると思うが、ひとつ提案だ。
 
 
 
己の中の看守を飼い慣らせ。
アイツは別に、いいヤツでもなければ、アナタを幸せにする気もない。
単に、外の状況になんとなく合わせた規律を押し付けてくるだけである。
 
 
 
殺す必要もないし、仲良くしなさいとも言わない。
ただ、アイツに権力を渡すな、という話である。
それがおそらく、唯一に近い、自由への道である。
 
 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

過去に開催したセミナーの資料を販売しております。

ご興味のある方はこちらよりご確認ください。

ブログでは書けない話は全て資料の方でお話しています。

 

受付はのぐりさんがされています。

資料販売に関してのお問い合わせはのぐりさんへ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若干多忙につきコメ・メッセのお返しなど遅れ気味です。
気長にお待ちいただけるとありがたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LINE@やってます。

その時その時で思いついたり降りてきたエネを

LINE上から登録してくださった方へ送ります。

 

 

 

LINE@ID @iit4952y


登録者様に向けてヒーリングエネルギーや
金運上昇、健康運増大などを送っています。
最近はメッセに乗せて送ってないので画面見て
「ここからエネルギーを受け取ります」
と宣言するだけでいけます。

LINE@フレンド様限定イベントとか

限定エネルギーワークみたいなものは

企画する可能性は大いにありますのでまぁ、

気が向いたらどうぞ程度で。

 

 

FBもやってますがな。

 

 

ブログランキング参加しております。


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。