光の中の子どもたち

テーマ:


自然のなかで遊ぶ子どもたちが、モノクロ写真になりました。

私は走る子どもの後ろ姿に、なぜかとても惹かれます。

なんだろう・・・。

いつまでもじっとしてられないぞと親の手を離し、駆けていく・・・そんな背中。

きっと後ろで見守ってくれてるぞと安心しきった・・・そんな背中。

ちっちゃいくせに、いろんな事を主張してるようで、とてもかわいい。

今は何を考えているの?と、問いかけてみたくなる背中がいっぱいです。









++++++++++++++++++++









私たちが光の中に包まれたように

鳥たちは飛び 緑は萌えました




私たちが光に包まれたその時に

あるあたたかな気持ちが空から降ってきました

私たちが光に包まれたその時に









。。。。。本刊より引用。。。。。










++++++++++++++++++++









無邪気で無防備な子どもたちが、モノクロのせいか・・・

とてもノスタルジックな雰囲気をかもし出しています。

何も恐れるものはなく、人と自然に包まれて子どもたちがすくすくと育つ・・・

そんな時代の懐かしさみたいな・・・。




きっとその頃・・・誰とて思いもしなかったことでしょう―――――。




人が人を殺めるこんな世の中が来ることを・・・。

なんの罪もない子どもたちが、なんの抵抗もできずに殺されるなんて

何の理由があるにせよ、とても許されることではありません。

連日の小学生を狙った悪質な事件に、胸が痛む思いです。









      *書籍名・・・・・光の中の子どもたち

     *著者名・・・・・銀色夏生

     *出版社・・・・・角川文庫

     *発刊年・・・・・1992年









今の子どもの世界は切羽詰まっている・・・そう思いませんか?


どうぞ、ここを  ポチッとヨロシク♪

調子に乗って、ここも 日記・ブログランキング ポチッとヨロシク♪
AD