失われしもの





あの頃

確かに好きだった あなたの仕草が思い出せない




あの頃

確かに好きだった あなたの笑顔が曇っていく




あの頃

確かに好きだった お互いの気持ちが冷めていく




あの頃

あんなに好きだった いろいろなことが

今では 減っていくばかりで哀しいくらい 




いったい

あなたの何を見て 何を見落としてきたのか

そんな事さえ わからなくて可笑しくなる




あなたが大切にしたいものと

私が大切にしたいものが

長い年月を経て 少しずつ ずれていく




せめて

あなたにときめかないとしても

あなたに苛立ちを覚えず 

私は ただ

淡々と 平静でありたい









失われしもの

あんなに好きだと思った 

あなたの何か

私の記憶











このブログの順位が分かるよ!ここです→人気ブログランキングへ





AD