×××えんちの事情×××

×××言いがかりも×××言い訳も×××すべてそこには
×××事情があるから×××


テーマ:




子供が私のフェチをくすぐるよなプレゼントを・・・

大好きなサンダルウッドのお香&サムライです





今日は私の誕生日。大きな声では言えませんが・・・

なんと・・・私、40女です・・・・・・_| ̄|○ ガクッ…

しっかりと地に足をつけ歩く、おばさん世代ではありますが、

私に限っては足元のふらつきかなり大・・・




まだまだいけるんじゃないか?




おいっ!いけるってどこへ?寺か?




自称いけてる主婦ですから・・・これから人生のおいしいところ・・・

たっぷり頂きます・・・そんな感じでえぃえぃ(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!です。




誕生日と言えばご馳走・・・。ご馳走と言えば・・・そう・・・




オムライス




私は子供の頃からオムライスが大好きだった。

毎年、誕生日が来ると母親がこう尋ねてきたものだ。




『今日はお前の誕生日やし、お前の好きなものを作ってやろう!

 何が食べたい? 何にする?』





そして私は毎年、こう答えた・・・。

『でっか~いオムライスッ』

私の誕生日にはいつもお皿からはみ出そうなくらい

大きな大きなオムライスが、目の前にあった。

母の作るオムライスが大好きだった。

そのオムライスを食べるとほわんと幸せな気分になったし

心がケチャップ色に染まり、とても穏やかに

誕生日を過ごす事ができた。









でも・・・1度だけ・・・たった1度だけ・・・

悔やんでも、悔やみきれない誕生日があった・・・。









すっかり春の日差しのにおいがする・・・2月の半ば・・・

そんな陽気に少し油断していた誕生日の前の夜・・・

しんしんと音もなく雪が降り続いた・・・

16回目の誕生日の朝・・・あたり一面、真っ白の雪で覆われた。

母屋から離れた別棟に私と姉は部屋を与えられていたので

その朝の突然の積雪は、私たちを立ち往生させるほどだった。

まだ雪の降りしきる凍える寒さの中、せっせと私たちの為に

細い道を必死で確保しようとする人影が見えた。









祖母だった・・・









白い雪にときおりチラチラ動く黒い影・・・・

背が低く小柄な・・・74歳になる祖母の影だった。




『もうちょっとやぞっ!ばぁちゃんが雪のけたるからなっ!』




スコップでひとかきするたびに、腰を伸ばし、荒い息を静める祖母に

私はいらいらしていた。『ありがとう』も言わず・・・









『も~えぇって!どいて・・・
 待ってられんのやっ!
 時間ないしっ!』










雪の中に足を突っ込み、祖母に背を向けた朝・・・。

雪は1日降り続いていた。




その日、学校から帰ると食卓にはオムライスが並んでいた。

今日は私の誕生日・・・

家族7人揃って食べるオムライス・・・。

しかしその席に祖母の姿がなかった。

朝の雪のけのせいで、足を傷めたらしく祖母はその日から

寝込んでしまった。

父や母は『お前らの為にこんなことになった・・・』と言った。

その言い方に無性に腹が立った私は、

『頼んだわけじゃないっ!』

そう・・・投げやりに答え、ひとつ空いた席をあてつけてるのかと

睨むような目で見つめていた。




私の心の奥は、もやもやとした何かが支配していて

私は素直になれなかった・・・。

ひと言の『ありがとう』『ごめんなさい』も言えなかった。

私は素直になれなかった・・・。

優しい言葉をかけたいと思う自分がそこにいるのに・・・

私は素直になれなかった・・・。




素直になれないまま・・・数日が経った・・・。




わかめ狩りの時期が来て、家のぐるりは

わかめの天日干しでにぎわった。

柔らかい春の風に揺れるわかめが、

磯の香りを祖母の枕元へと運んでいた。




『わかめのえぇ匂いがするなぁ・・・

 おおきんなぁ・・・えぇ匂いやわ・・・』





そうひと言、母につぶやいた後、祖母の意識がなくなった。

突然だった。脳血栓だった。もともと心臓も弱かった。

荒い息遣いもだんだんと絶え絶えとなり、

医師がもう・・・と、目を背けた・・・。

私たちはガーゼに水を含ませて、そっと祖母の口元を湿らせた。

最後に父がそのガーゼをあてがった時に、ゴクリと喉を鳴らして

水を飲み込んだ祖母は・・・静かに息をひきとった・・・。




私は結局、最後まであの時の『ありがとう』『ごめんなさい』

言えないまま、祖母と永遠の別れをすることになってしまった。



誕生日に降る雪も、誕生日のオムライスも・・・

わかめの匂いたつ季節が来るたびに、

祖母の言った言葉が思い出される。

そして・・・また・・・

悔やんでも悔やみきれない祖母への想いで、私はいっぱいになる。









今日の我が家の誕生日のご馳走は・・・オムライス。









これからの人生に後悔やほろ苦さが残らないように・・・

自分の非は認め、改め、感謝の気持ちは素直に・・・

自分に対して充分甘い私だから、せめて人に優しく・・・

敵は作ることなく、穏やかに純に、これからを過ごせたらと・・・

そんな気持ちで食べたオムライスでした。




お母さんの大好きなサンダルウッド(白檀)のお香、ありがとう、未来。

お母さんがいつかこの香り、いいねと言ったサムライ、ありがとう、遥。

何もあげるものがないからと、マッサージをしてくれた夢、ありがとう。

今日は特別・・・と、高くておいしい上等のケーキを買って来いと

仕事中にメールを送ってくれた旦那、ありがとう。

私は幸せってこういうものなんだろうと、今、しみじみとしています。




今日のこの日にたくさんの『おめでとう』メールやカキコ・・・

ひとつひとつに目を通していくうちに、

私の心の中は『ありがとう』の気持ちでいっぱいになります。

もうMAX状態です・・・。




本当に皆さん・・・
どうもありがとう





歳とっちゃったけど、妙に嬉しいえんちです。ポリポリ f  ̄. ̄*)








実はここだけの話・・・ランキングに挑戦していますっ!


お帰りの際、左から順番に オ ム ラ イ スをクリックしてね。



    

ニンキブログ  人気ブログ    カワイイブログ    i2i 相互    有名ブログ




AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。