生殖医療の進歩によって

現代社会では

 

ゲイカップルでも

レズカップルでも子どもを持つ事ができます

 

ゲイさんの場合は

精子は自分のものを使用することが多く

先ずは 

精子の採取

 

そして

卵子の提供を受ける

提供と言っても

卵子を購入するわけですが

 

そこで

顕微授精あるいは通常の体外受精を

行って受精卵を作成する

 

次にその受精卵を戻す子宮です

いわゆる

ホストマザー

代理出産をしてくれる女性を見つける

インドであったり

タイであったり

メキシコであったり

 

無事にホストマザーを見つけて

受精卵を戻して無事に妊娠が経過をすることを

祈り9ヶ月

 

無事に産まれると

自分の遺伝子を半分継承した

子どもを持つことができます

 

ゲイさんは

それぞれの精子を使って

2人子どもを持つことが

けっこう多いそうです

 

時代は変わりました 

AD