昨年全米で1000人以上が感染した
謎のウイルス
結果的にこのエンテロウイルスD68だったのですが
このウイルス感染が厄介

乳幼児子どもに
喘息様の症状を引き起こし
米国では14人が亡くなり
多くの子どもに麻痺が残るという
ちょっと怖いウイルス感染です

そのウイルスが
なんと日本に上陸しました

実は北海道では
幸いまだ感染が確認できていません

ワクチンも治療法もないので
ひたすら
感染しない事を
祈るのみです

とりあえず

このような
ウイルス感染があることを
知っておいてください

妊婦さんが感染したらどうなるのかは
まったく情報がありません

とりあえず
お知らせでした



AD
私はハロウィンがどのような事なのか
良く理解していないし
まだ理解しようという気になっていないのですが
まあ良い事ですよね

背景なんてどうでもよいのです
要するに
全国規模の仮装パーティーなんですよね

流されないで生きようとすると角がたつ
そんな感じなのでしょうね

まあ
でも
不思議というか
上手いというか

いつのまにか
日本国民の全体に
自然に
あたかも
伝統的な行事のようになりすまして
浸透させるこの秘技

恵方巻きもそうだけれど
バレンタインも

とても
ハロウィンって何?
恵方巻きって何?なんて
聞こうものなら

えっ?そんな事も知らないの?と
仲間はずれになってしまいそうな雰囲気造り

まあ
上手

あっぱれ!!



AD
先日のコウノドリ先生の次週予告をみると
「風疹」のような気がしました

先天性風疹症候群のお子さんがテーマのようです

妊娠中に風疹に罹る
無症候性でも同じなのですが
この状況になると
赤ちゃんが先天性風疹症候群になります

先天性心疾患
難聴
白内障

これらがメインの症状ですが
他にも症状はあります

これは間違いなく
風疹ワクチンを妊娠前に受ける事で
防げる病気なのです

ですから
この事実
風疹ワクチン接種で防げるということを
先天性風疹症候群のお子さんのいらっしゃる
お母さんは
自責の念に捕われていると思います
しかしそれは
日本の医療行政やマスゴミによる
ワクチンネガティブ報道などの結果だと思います

本当に罪作りな医療行政やマスゴミです

私たち
エナレディースクリニック
エナ大通クリニックでは
以前から
この先天性風疹症候群を回避するための
ワクチン接種や
風疹抗体の検査を積極的に行っています
現在は行政から補助も出るので
より積極的に活動できる環境にあります
この点は
現在の医療行政には感謝しています

次回のコウノドリ先生の放送後は
おそらく
この風疹抗体の検査やワクチン接種が
一時的に増えると思います
ちなみに
女性だけではなく夫やパートナーのワクチン接種も
増えると思います

コウドリ先生の社会貢献に今後も期待します

AD